5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

かまいたちの夜 〜AA編〜 Part4

1 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/30 00:54 ID:vxxamdXK

             .,,r冖¨¨¨¨¨¨'''‐            
           .,r'″        .`┐          
          .,,ノ            ゙l!         
         ,r')、            .〕         
         :lア´}             .^'‐u       
         ″ .}               ゙\     
           .}            .ノ┐  \    
           .〔            .,l′゙lr   ゙l.    
           〔           ,「  .'(   .ミ   
            ミ          .ノ   .〔,..,、vノ   
            \         .|           
              〔        .)           
            ._,ノ″       ゙''ー-、_        
         ,,,v-''″            .`^''┐    
       ,,/″                   \   
     /                       .\  
     /                          ミ  
    ノ                           'i. 
    :「                           .} 
・「かまいたちの夜」を題材にしたAAストーリーをみんなで作るスレ(ついに)第4段です。

・かまいたちの夜なら1でも2でもかまいません。パロディはもちろん、オリジナルストーリーも歓迎です。

・基本的にはリレー形式で話を展開させます。が、書き手の意思優先です。

・一応AA長編板なので、文章の中に少しだけでもAAを入れましょう。コピペ可。

・何日もたって話の続きがかかれない場合、ほかの未選択の部分から始めてもかまいません。

・できるだけ前後の文章のつじつまを合わせるようにしましょう。
 (荒れる原因にもなりますし、つじつまがあっていたほうが面白いはずです。)

・他の書き手のことも考え、文章の終わりに続きを書くかどうかの意思表示をしてもいいでしょう。
 {例}
 本人が続きを書く場合…【続き書きます保護期限 7月15日】など。
                (期限を過ぎても続きが書かれていない場合は、
                 他の人が続けてもいいようにするため。)
 他の人にお願いする場合…【つづきお願いします】など。

・その他のルールはみんなで決めましょう。

2 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/30 00:57 ID:vxxamdXK
<前スレ(過去ログ)>

・かまいたちの夜〜AA編〜 (Part1)
 http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1028195077/


・かまいたちの夜AA版〜ドーナツ島のわらび唄〜 (Part2)
 http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1037536178/l50


・かまいたちの夜 〜AA編〜 Part3
 http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1045925675/l50



<774氏の補完&KAG版サイト>

・( ´∀`)<かまいたちの夜 AA編
 http://www.geocities.co.jp/Bookend-Christie/6265/

3 :949:03/07/30 01:06 ID:AMgo3kl+
>>1
乙カレー!です!

4 :名無しさん:03/07/30 07:00 ID:NUqQs0p/
AAはむりだけど文章だけかきます。(そういってもだめだめなのであまり
期待はしないでください)

かまいたちの夜1 みどりさんが死んだとこから・・・・・

みどりさんが死んだとゆうことを聞き、みんなパニック状態になってしまった。
なかでも俊夫さんはひどかった、自分の恋人を失ったのだから無理もない、ぼく(透)
だって真理を失ったらこんなふうになってしまっただろう。
ところ俊夫さんはきゅうに立ち上がり冷たい氷のような目つきで言い放った。
「ちくしょー!このなかにいるんだろみどりを殺した殺人犯が、だったら全員
殺せばいつかあたるってことだろ・・・・・・・・・・・殺してやる・・・・・」
俊夫さんの目つきからみるとどうやら本気のようだ。すると、突然今まで泣いていた
亜希ちゃんがいった。
「なに言ってんのよあんただって悲しんでるふりして、じつはあんたが殺したんじゃないの!」
やばいと思い俊夫さんをとめようとおもったときにはもうおそかった俊夫さんは亜希
ちゃんのこをと手にもっていた果物ナイフでぐさりとさした。

(だれかつづきかいてください)

5 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/30 09:11 ID:u43k+DHk

  ∧_∧
 (  。。 ) < しむら〜! 後ろ後ろ!!
〔~∪ ̄ ̄〕
◎――◎ ∧_∧
  ピュ.ー (  ^^ ) < これからも僕らを応援して下さいね!(^^)。
    =〔~∪ ̄ ̄〕
    = ◎――◎        関口宏 & 田代まさし
                       (高木ブー)

   ミ""""""""゙ミ        ☆こんな娘があんなことっ! ↓☆
   ミ       ミ     http://www.v135.com/idol/girls/img2/208_2_b.jpg
  ミ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ミ     
  ミ/γノノノノ @ヽ    
   |( | ∩  ∩|)|       / ♪ババンババンバンバンッ!!♪
   从ゝ_▽_从  /   \ ♪ババンババンバンバンッ!!♪
  / .[{}{}{}{}{}{}{}] ̄|⊃
  | ハ   o|,,,,| ノ ̄
  ヽ/_)  o . <.        ミミミ,,     ミミミ,,    ミミミ
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\      ミ  ,,ミ♪   ミ  ,,ミ   ミ  ,,ミ
  ⌒⌒|⌒|⌒|⌒⌒      ノ===ミ⊃⊃ ノ===ミ    ノ===ミ
     | ̄| ̄|_        (^0^)/// (^0^)/0 (^0^)/
     |___)_)       /(,,_ヽ0)ゞ /(,,_0-□ゞ /(,,__,0ゞ

6 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/30 11:48 ID:kOwGV8R0
新スレキタ--------(゚∀゚)----------!!!
前スレで危険を覚悟してageたかいがあった

>>1 乙カレー。

7 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/30 14:06 ID:+xj2hPpD
>>1
誰彼〜

8 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/30 16:01 ID:fBqXJ1Oe
8
>>1 乙です〜

9 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/30 17:52 ID:AvsoQx3O
>>4の続き。
俊夫さんは亜希ちゃんをためらいも無くナイフで刺した。
とうとう死者が2人も出た。
皆は更にパニックになった。目の前で人が刺されたら普通の人はパニックになる。
俊夫さんは狂ったように笑い始めた。
「ハハハハ!!ざまぁ見ろ!!ハハハハハ!!!」
本当に俊夫さんは皆を殺すつもりだろうか?
殺すのなら、今から殺しにかかるはずだ!!
(誰か続きを書いてください。)


10 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/30 21:59 ID:78fEt0Wf
>>9
は荒らし?
もし違うならもう書き込まないでね。

11 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/30 22:44 ID:FB+EpjZ3

             .,,r冖¨¨¨¨¨¨'''‐            
           .,r'″        .`┐          
          .,,ノ            ゙l!         
         ,r')、            .〕         
         :lア´}             .^'‐u       
         ″ .}               ゙\     
           .}            .ノ┐  \    
           .〔            .,l′゙lr   ゙l.    
           〔           ,「  .'(   .ミ   
            ミ          .ノ   .〔,..,、vノ   
            \         .|           
              〔        .)           
            ._,ノ″       ゙''ー-、_        
         ,,,v-''″            .`^''┐    
       ,,/″                   \   
     /                       .\  
     /                          ミ  
    ノ                           'i. 
    :「                           .} 

お 前 を 殺 す ! !

12 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/30 22:48 ID:qYuhgmO/
>>11
( ´∀`)オマエモナー

13 :age:03/07/30 23:00 ID:FB+EpjZ3
>>12
(´ω`)オメーモナー

14 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/31 16:38 ID:NwEV89iN
誰か名前入力画面に使えるツュプールのAA下さい(;´д`)
ゲーム画面のでもいいんですがAAでこだわりたいもんで・・。
職人さん、お願いします。

15 :949 ◆VX88qEczPY :03/08/01 12:09 ID:1WyV7aqV
>>14
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=ヽ、::::::::::::::::::::::::::::,、::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞヾ:| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,、,,:::::::::::::ミヽ:::::::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡≪ミ| |ヾ::::::::::::::::::::::::::::>彳::::||\.`<⊃ヽ:::::::::::::::::::::::||::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::ミヘ:::::彡ミ//::,,:::::::::::::::::::::>彳::::::::::::||:::::::\::`ヾ・,:::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::ゞ彡ミソ、//:::彡::::::>彳´::┌−┐::::||:::::::「 \/:::¨`ミ<、||/::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::ミソ彡|::|ノノ彡<─━━━━┌‐┐= ̄::::||::::::::::::::| /||※:::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::※♯ミ|::|ζ巛ミ::|:::::::::::: | ̄ |:::::::::::::::::::. |  ̄ |:::::::::::::|´:::ゞ||ソ:::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::巛ゞミ|::::|彡《゙::::::|::::::::::::..└-┘ ::::::  .└ ‐┘  ::::::|::ミミ||》::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞミノ:: /巛::::::::::|┌――――┬――     ―‐ .|:::::::||::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::: |:::::::::::::::::|│ロ  ┌┬┐_|         |::::://::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::___L____└┴┘___   __::|:-| |--:::::::::::::::::
―--―-─----、:::::::: /::::::::_,,..|,,,,三:::::::::::::::_:::,,>    −ミ::::::::: :: :: ::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒::<   <  \ :::::::::/<           ::::::::::::::::---―
⊂::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 丿::::ミ ;::   ::::::/::::::       _    __,,-ー   ::::
ー-=、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::::: : : ミ   ヽ::       :::::::  :::::  :::::  ::   ::::
::::::::::::::::::::::: :::::::::-:::::  ::::: /::::::::::::λ      ::     ::::   ::::::::  ::  ::::  :::::
:::::::::::::::::::::::::::: :::::::::    /:::::::::::::|:::       ヾ―---∠_ ::   へ  ::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(――-、:::::::::::::|:::                |:::   ::      ::::
:::::::::::::::::::::::::ー、_-:::::     :::::: ミ                |::      :::....:::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::―-´ヽ ....   ミ ::      ⌒        |::   .....:::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::: /::  ::         ⌒     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ::/                 .....:::::::::ミ ::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... :::::.. ./.          ::::  ⌒  ::::    ヾ:::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ::/          :::::::             \:::::::::::::::::::::::
こんなのでよければ使ってください。
もっと上手な人が現れたらそちらを採用してください。
私のは暫定版ということで。

16 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/01 17:19 ID:dfqSZKZu
>>1
もつかれー

17 :山崎 渉:03/08/02 00:42 ID:qi5q06B4
(^^)

18 :名無しさん:03/08/02 08:17 ID:IhVFxKdC
>>9のつづき
俊夫さんはみんなのことを笑いながら見ていた。
そのとき可奈子ちゃんが俊夫さんにとびかかった。
しかしだめだった。俊夫さんはナイフで首を刺し可奈子ちゃんをころした。
「シネシネシネミンナキエロ!」俊夫さんはそう言い放った。しかし
バーーーーン!という音とともに俊夫さんはたおれた。
「こんどはなんや?」と香山さんが言った。
なんと美樹本さんが銃で撃ったのだった。

19 :14:03/08/02 11:40 ID:RDvyHZsS
>949さん
ウマー(゚д゚)
おぉ、ありがとうございます。
早速使わせてもらいますね、どもでした。

20 :( ´∀`):03/08/02 13:18 ID:tejHrogc
( ´,_ゝ`)

21 :νヵ`ぉ'ノん祭'ノ ◆KAORINIfWY :03/08/02 13:21 ID:K9IfWRxd
 |  |ノハヽ
 |  |。‘从 <新スレおめでとうございまーす♪
 |_と )
 |桃| ノ
 | ̄|

22 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/02 20:24 ID:/DwjC4pc
アフォ━( ^Д^=◯)`Д゚)・;'━ !!!!

23 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/02 20:36 ID:/DwjC4pc
ハァ━(;^Д^≡З)`Д゚)・;'━ン!!

24 :イヤ━ヾ( ^Д^)=◯)`Д゚)・;'━ン!!:03/08/02 20:39 ID:/DwjC4pc
 

25 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/02 20:43 ID:/DwjC4pc
イヤ━ヾ( ^Д^)ノ=)`Д゚)・;'━ン!!

26 :イヤ━ヾ( ^Д^)ノ=)`Д゚)・:03/08/02 20:43 ID:/DwjC4pc
     

27 :イヤ━ヾ( ^Д^)ノ=)`Д゚)・;'━ン!! ◆6/69//6666 :03/08/02 20:46 ID:/DwjC4pc
      

28 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/04 21:23 ID:SnTaDM9v
確認のため次スレ張っておく
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1059494094/

15 名前:949 ◆VX88qEczPY [sage] 投稿日:03/08/01 12:09 ID:1WyV7aqV
>>14
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=ヽ、::::::::::::::::::::::::::::,、::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞヾ:| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,、,,:::::::::::::ミヽ:::::::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡≪ミ| |ヾ::::::::::::::::::::::::::::>彳::::||\.`<⊃ヽ:::::::::::::::::::::::||::::::::::::::::

   ↑
次スレより省略コピペ
>>983
次スレの存在知ってるし
ちゃんと次スレに行くと思われ

29 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/04 21:23 ID:SnTaDM9v
28で誤爆しますた

30 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/06 01:46 ID:utJ9infO
漏れは分岐ごとに一人の作者さんがENDまで書き続けることは悪くないと思ってるよ。
パート1の頃みたいに行き当たりバッタリで作ってた頃と違って、
最近はみんなちゃんと辻褄を合わせるように頑張ってるので
案外、そのストーリーは最後までその人もち、他作者さんは別の分岐を同時進行って
いう進め方もいいのかもしれない。・・レス追うのが大変になるけど。
個人的には辻褄を考えない行き当たりバッタリの内容も好きです。

と、長文でお茶を濁しつつ949氏復活キボシしてみよう(気早)

31 :名無しさん:03/08/06 11:24 ID:TYJOCBsQ
      


>>18の続き
そしてぼくたちは全員美樹本によって・・・・・・・・・
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  |全員死んだか・・・・・・・あとは逃げるだけ    | 
  |だしな・・・・・はっはっはっは!         | 
  \________ ______________/
                     ∨ +
                 *  ∧_∧ *
              +    (・∀・ ;) ハァハァ。。。スキーリ♪
                  と ;' :・ :`つ
    ∧,,。、,∧       +  ノ; ノ)' )  +
   (':゚Дξ;∂;゚),, ; ∵     (_)(_)        ,,.,,..,,..,.⊆`.;,∽:つ;⌒⊃
 ⊂';~τ∴ζ_つ , :"                   (。Д;。(;:) ;""~~’:'"゙゛゙・・・アゥウゥ・・
  ノ・;’*)三) '" ;                  " ゙:';・∨∨
 ノ`ノ"゙'  _ 。( '”・  ~(:⌒(⌒               ・"':_;'>
     と;,..;∧;∵.,,つ' ノ;∵"'ξ':~,;#ヽ; "' ;・ :、~ ∧,,,,,..,。∴
     (゚;д:・')⊃, .’と(。;Дメ);δ:_,、@⊇,  ,,,,,∧ ・ ,(;)゚д;。∵)⊃;⌒⊇
 ・ ",  : ゙_.,;>  *.、~∨'゙"'' , ;  :  丿⌒(メ;in'i)    ゙゙゙゙゛゛゙゙ '""''"
     ,.  ,.,,._∧ ; .   ∴"  ''〜( ξ'ヽ)_,∪  ,,. ,,...,
 ⊂"⌒と∵(:゚д;゚')_.,vっ .∧,∧, ,_.,.)  ̄"'~  "'`⊆:⌒と('メ。;Д゚:) 
   '~゛’゙''"' ~^""∴', ゚ ,(T;дT,,)"つ_⌒・⊇    "~~~~~ '''`''"・
                           糸冬   

32 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/06 11:31 ID:8EW/8UsG
【父ちゃん坊や】 とっちゃん-ぼうや
一人前の大人でありながら子供っぽい一面のある大人のこと。
【確信犯】 かくしん-はん
道徳的・宗教的・政治的な信念に基づき、自らの行為を正しいと信じてなされる犯罪。
思想犯・政治犯・国事犯など。
※悪い事とわかっていて行う行為(犯罪)を確信犯とは言わない。
【フレンチキス】
 フレンチキス = ディープキスのこと
【役不足】 やくぶそく
(1)俳優などが与えられた役に満足しないこと。
(2)能力に対して、役目が軽すぎること。
「―で物足りない」
【知恵熱】 ちえねつ
生後六、七か月頃から満一歳前後の乳児にみられる発熱。
ちょうど歯の生える頃にあたるが、原因は明らかでない。ちえぼとり。
※勉強や仕事をしすぎて出る熱を知恵熱とは言わない。


33 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/08 03:28 ID:ZFeh/OTd
職人さん降臨期待あげ

34 :_:03/08/08 03:29 ID:5n5p+rzv
http://homepage.mac.com/hiroyuki45/

35 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/08 09:29 ID:0ayEdiDW
前スレ949や987など職人さん降臨シテー・゚・(ノД`)・゚・。

36 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/08 10:54 ID:JT5U7zHU
人任せか?
とりあえずコピペでいいから(AAは)書いて見ろってんだ。

37 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/08 12:18 ID:ZFeh/OTd
実際のところ、
今までの職人さんたちはこのスレを覗いているのだろうか?
忘れ去られている、もしくは書きづらいのなら、
ルールを追加、または変更するか、
ROMっている人が書くしかないと思うんだけど。
ただ、今までのスレを覗くのがめんどくさいかも。

ギャグ路線やシモ路線で突っ走る人、まじめ路線で突っ走る人など、
書き手にはそれぞれ違う感性があるから、書きにくくなることはあると思う。
たとえば、まじめに推理小説っぽくしようとしても、
リレー形式だと矛盾が発生する場合があるし、
なにより、ギャグ主体の職人さんはとても参加しづらいだろうな。と思った。
だいたい、書こうと思って覗いても、
[続き書きます]なんて書いてあったらどうしようもないよな。
だから、特定の選択肢にだけ、[続き書きます]とつけるのもいいと思う。

以上、前スレで書いたことのある人でした。

38 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/08 18:07 ID:JT5U7zHU
それはそうとしてどこから始めるか決めなければ・・・・。


39 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/08 19:15 ID:0ayEdiDW
むしろ全てなかったことにして、ボーゲンから開始しる!
保管サイトさんも更新が止まってしまったし、
両方ともやり直す意味で、気持ち此処がPART1
ということでいいんじゃないかねキミ( ´ー`)y-~~

40 :あとはまかせる・・・。:03/08/08 21:24 ID:JT5U7zHU
よく覚えたボーゲンでなんとか麓レストハウスまで
辿り着き、僕は一息付いていた。
真理はそんな僕の目の前で、雪をけたてて
鮮やかに止まった。

ゴーグルが粉雪にまみれになって、何も見えない。




,´~^゙'i
    '`';;,’ `' '.;''';;
           ` '‐- .、.._.
   ` '‐- .、.._.    l||ll||ll||l  l||ll||ll||l
           l||ll||ll||l l||ll||ll||ll| |ll||ll||l
   l||ll||ll||l l||ll||ll||l     __,,,,、、--''''^^
 l||l||l l||ll||l_l||l,,,,、、--''''^^
__,,,,、、--''''^^
        O     O
       /∧\  /∧\



「あはっ、透ったら、雪だるまみたい」
僕はゴーグルを外しながら体に付いた雪を払い落とした。


,´~^゙'i
    '`';;,’ `' '.;''';;
           ` '‐- .、.._.
   ` '‐- .、.._.    l||ll||ll||l  l||ll||ll||l
           l||ll||ll||l l||ll||ll||ll| |ll||ll||l
   l||ll||ll||l l||ll||ll||l     __,,,,、、--''''^^
 l||l||l l||ll||l_l||l,,,,、、--''''^^
__,,,,、、--''''^^
        O     O
       /∧\  /∧\


A「どうせ僕はすべるより転がる方が似合ってますよ」

B「そんなに太ったかな?」

C「真理は人を小馬鹿にして楽しい?嫌味なヤツだゴルァ!!」

41 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/08 21:53 ID:BEmZfRWJ
仕切りなおしでC

42 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/09 13:57 ID:R7T2lgFw
じゃあ漏れもCで

43 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/09 14:50 ID:qPTyUa7e
「真理は人を小馬鹿にして楽しい?嫌味なヤツだゴルァ!!」
僕は今までのイライラも募り、つい語気を荒げて真理をにらんだ。

「ちょ・・・ちょっと、そんな風に言うことないじゃない。私、透を馬鹿になんて・・・」
「そこが既に馬鹿にしているって言うんだよ。いいかい?僕は初心者だ。初心者が転ぶのは当然だ。
そして君は経験者だ。この時点で既に君には僕を見下す思考が発生するんだ。他人より自分の能力が
上だから相手を馬鹿にする。発展途上国を先進国が口で言うだけで大して支援しないのと同じ考え方だ。
そういう事にならない為には、まず相手の立場に立つことだ。自分が下にナレバ相手の気持ちが分かる。」
「でも、そんな事言ったら二人とも下手になるじゃない。こういうのは能力が上の人とやる事によって自分の
スキルが上がるものなのよ!?」
「あ〜あ〜、だから君は人を見下すんだって言うんだ。明らかにレベルが違う相手とやってどうなるんだい。
自分の下手さが身にしみて分かるだけじゃないか」
「じゃあ、どうやって教えろって言うのよ。」
「そんな分かりきったことを聞くの?二人がびっちり密着し手取り足取り腰取り下半身をしっかり・・・」


            ._      '  (;;;;;`ヽ 、´          从;;; ヽ≧д;;:
     .___  ∧∧!!!!I,-====-、⌒ヽ,-‐-、 ,, ´       /;;;  );;;; )_;:,´、、,, :;;゚)
     II  _( .#゚Д) ,I二二二二!|;;;;;;;   ⌒二ニ=−   (;;; (;;;;  ヽ;;;)  ∪
     `ー´ / つ)_O`ー====´(;;;; );;;;ノ`ー´ 、       (;;;; (;;;  );;)
       .〜( ヽ/         `ー(;;;,,,ノ 、´          ヽ;;;; (;;; )
        しヽJ


真理がどこに隠し持っていたのか雪球バズーカで僕を撃った。今の僕は転んだ時の数倍は雪だるまに見えたろう。
「ブフゥアァァ!!ご・・・ごめんなさい!嘘です!上手く出来なくてイライラしてたんです!もうしません!!」
「あそ。ならいいけどね。」

な・・・なんとか助かったようだ。危なかった。下手すればゲームオーバーになる所だった・・・!
やはり真理は恐ろしい・・・将来尻に敷かれないようにしなければ・・・くぅ。

続きどうぞ

44 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/09 14:55 ID:CMfF83Ll
>>43
選択肢を忘れてないかい?

45 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/09 16:14 ID:R7T2lgFw
>>43グッジョブ><b
しかし、出来れば選択肢まで続けて欲しいな

46 :釜井達:03/08/09 19:56 ID:qPTyUa7e
僕は43から3〜4時間、ギッチリ真理にしごかれてクタクタだった。いくら楽しい一時とはいえ
そろそろ体力も限界だ。

「真理、そろそろ帰ろうよ。」
「何?コレぐらいで音をあげたの?しょうがないわね〜」

また見下してんじゃないか畜生・・・しかしもう口喧嘩はしたくない。僕は出来るだけ低姿勢で真理に
お願いする。

「ハイ、僕は初心者だからプロフェッショナリーな真理と違ってもう疲れたんだよ。だから、な?もう帰ろうよ・・・」
「それじゃ最後にもう一滑り、ネ♪」


        、''"''''''丶ヽ、.,、
        .、、: : : : : : : : :`'',,、
    、 .,.,.,: : : ゙':、   : : : : : : : ゙'.、,,,
    .゙″ `゙^''ー-,`‐  :   : : : : : : `;;.、、
     `、 : : : ::,,:'′       : : : : : : `;;、   
      ヽ  :,,:'´           : : : : : `;  
      ` 、,:'             : : : : :: .';
       : ,"              : : : : : :;;
      : .;       ○       : : : : ;;   
      : ."                 : : : : : :
       : ;; ○         *    : : : ::`:、 
       : .ヽ、               : : : : : 丶 
         ` .,,、 _/          : : : : : : :゙;;
           `"'‐-、.,,、、,、‐''        : : : : :: ゙;、
                :;;              : :: ;;
                :;;;





マジですか・・・?どうしよう。もう本気で疲れてる僕は・・・

A 「じゃあ、これで最後だからな」
  なんとか体力を振り絞った
B 「いや・・・ホラ、空も暗いし・・・」
  勘弁してくれ。僕のHPはもう0なんだよ。
C 「僕は待ってるから、真理一人で行ってくれないか?」
  真理を尊重しつつ自分の意見もさりげなく通した。
D 「帰るっつってんだよ!」
  キレた。

47 :名無しさん:03/08/09 21:25 ID:FxEidq67
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・うん?・・・・・・・・・・・・・・・
         /     \____
  /───二 ̄ ̄ |  |/二二≡≡
〜〜/ ̄● ̄\  / ̄\__/ ̄● ̄\
  <    />/ \ / \    /
二二 ̄ ̄ ̄ ̄  ( ● ) ( ● ) ̄ ̄ ̄          うん?
 /      / ̄ ___\ 
 |      /  /___\\
 |     |  / | || |\ \
|     | |  ̄ ̄ ̄ ̄ |  |
 |   |  | |  / U\  ||\
  |   |  | | |/ ̄ ̄| ̄ ̄ | |    |
  |   |  | | |ロロロロロロロロ | |  |
 |     \ \_____/ |  |
  |       |          /



ぼくはなんと生きていたのだ・・・・・・・・・・ぼくだけ・・・・・・・
ぼくは美樹本に復讐しようとちかった、そして二階にあがった。
ゆっくり慎重にノブにをまわした。そしてはいった!!!!
 「うわーーーーーーー」ぼくは美樹本に殴りかかった。

  |  ウォォォォォォォ!!
  |;∧∧≡ ∧_∧
 ;'д;。,,)と(´д` )
  |`と つヽ≡ヽ   つ
  |  ヽ  ) ノ  人
  |   し'ヽ)(__)`J
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


  | ルァボッ…ギィィッ…
  |  ウォオォオォオォオォ…
  从!,;、,∧_∧
 狽ニ≡(д` )、
 煤;゚≡;゚#)(≡J
  |"W゙!Uヾ))〜 ヽ
  |   し'ヽ) (__)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  |
  |               ∧_∧
  |               ( ・∀・)
  |               (    )
  |   (,、,.,,,λ、,.  .    人  Y
  | と´;'';;;;O#゙;дξ∴,;,,   (__(__)


48 :名無しさん:03/08/09 21:26 ID:FxEidq67
最終的には美樹本をなぐるのが辛くなかったいや楽しかった。
「人を殴るのってこんなに楽しいんだ・・・・・・・・・」
そう美樹本を殺ったあとぼくは真の自分にきがついた人殺しとゆう自分を・・・・・・
ぼくはとにかく血がみたかった。そして一階におりてなんのためらいもなくジェニーを殺った。
                   ∧ ∧
                   (;::・∀・) スキーリ♪
                   ( *:::;,:ヽ
                   i  i  i_)==,.
                   (__)_) )ノ;:.,,,
                       <#;:.,,  ;:;:::::.,
                  ∧,..,゛_;::;''"::;;;:.,  :::::
               " ⊂(゚- 。::.),.(ノ^(#;:.,::'';:.#,.. ::;:;
                   (ノ'"#:'(ノ.,8*' ;:.,,ヽ);:.,
                         ゚∞∞∞。
                           ∞∞゚
腸がとびだしぐっちゃぐっちゃになっていたがどうでもいいことだった。


49 :名無しさん:03/08/09 21:26 ID:FxEidq67
それでもものたりなかったのでぼくは談話室にもどり死体で遊んだ。
ぼくは真理の死体をえらんだ。
                     ∩,        ‘
                            ' ;;, ;      ,;'     '
                          ’ , ’   ∧∧’ ‘  ;
                          ,   ‘  (')O"; , ,
                                @);:') 0     ‘
                               と  l〜
                                ^`,-' ,   、
                  .∧_∧       ’ '    ;’;    ,; 
                   (・∀・ )   ヽ人/ ';   ;   '   ' 、,.;'
                   (ゝ  ○--=フ,'∴;て ‘     ,      U
                   ヽ ─=─./Wヽ ,
                    〈 ヽ
                   ヽ__)


                           ∩
                           ',;‘
                          ,
                             ∧_∧
                            ( ・∀・))
                            ○ γヽ/
                            γヽし'
                          /.  |__ノ 
                                 ∧∧
                       /         (')o" )
                          /      @);:') 0
                       /        と  l〜
                                ^`,-' ,
                        /         ’'
                   /             , ; `
                         /    ‘      、
                   ヽ人/          '
                   \,∴'/              ,  . ,・';⊃



50 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/09 21:47 ID:tPq/t03W
        ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  )  50ゲトかな
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃

51 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/09 21:55 ID:oDqOJqwx
http://alfa.bbzone.net/
http://alfa.bbzone.net/c_dojin.htm
がんだむしーど

52 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/10 00:03 ID:FcwULUgU
>>46Dで

53 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/10 00:17 ID:33/2In5e
★☆ 夏休みは GETDVD で満喫・満喫!! ★☆★
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆★ 送料激安!  スピード発送!  商品豊富!   
★☆      http://www.get-dvd.com        
☆★ 激安DVDショップ 「GETDVDドットコム」 
★☆      http://www.get-dvd.com        
☆★ 今すぐアクセス Let’s Go・Go!!   
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


54 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/10 01:41 ID:6xZDlAx6
>>46無難にB

55 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/10 08:40 ID:dEnv1Fn5
  ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∧ ∧
 (__`.Д´) < 帰るっつってんだよ! (゚Д゚* ) 「・・・・・」
 (_○ .| O   \_____ U U
  |____人_| | |
 (__)_) UU



 このボケがー!             ズドドドドドドドドドド!!!
                    ゜ヾ´      ″
     マックノーウチ!   =―≡ ̄`:∵∧_∧´‘
          _  Λ_≡―=', (   )∴∵゛、゜¨
        , ≡ ) ( ゜Д゜r⌒)  _/ / ̄    _
      ´∴‘≡く / ∧   | y'⌒  ⌒ ヽ _Λ(  ≡―=‥、,、
     ″″    \/  Λ_|  /   | | ゜Д゜ )`=―≡―∞
     “         ( ゜Дー' |   |ヾノ   //
             =―≡ ̄`:, | ,  | ( ̄=―≒‥,,
         ,゛“=―≡―=',/  ノ )∵`=≡―=
                ∴/´/ / |  | ,'ゞ       マックノーウチ!
              ゛〃/ / / \|  |   ヾ
                /(  |  (  |
               /  |  |  |\ \
              / / |  |   | ヽ/⌒〉
             (_  「 _) (_〈_/
 
しまった真理を殴り飛ばしてしまった。

Aすなおにあやまる

B殴りつづける

C殺る



56 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/10 09:31 ID:YBdksxee
素直にAで逝こうじゃないか

57 ::( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/10 15:31 ID:Wp/0aboI
A

58 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/11 01:21 ID:LIkeWiS9
        ∧_∧
        (  ^^ ) <僕と一夜を過ごしてみませんか?(^^)
  パンパン /  _ノ⌒⌒⌒`〜、_
   ε( ̄⊂人 //⌒   ノ  ヽ)
   ⊂ニニニニニニニニニニニニニニ⊃                山崎渉

59 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/11 08:10 ID:sCaras15

        /      / |    |
       /      // ̄ ̄ ̄――――____
_―― ̄ ̄\    / ̄ ̄ ̄ ̄――――____ノ
         \/                | |
  丿ノ _丿ノ丿ノ丿ノノ丿丿ノ丿丿丿ノ   | |
  |   ̄ ̄\     / ̄ ̄ ̄\    し  | |
   |  _ニ二       /二ニ==     し | | ごめんよ真理…
   | ( c⊂)       ( c⊂)__      }| |  僕にはまだ、帰れるところが
   /  ~~ ̄  /       ̄ ̄~~~       { |  |    あったんだ…
   |    //    〃       ミ     J| |
   |    | ノ                   | |  こんなにうれしい事は無い
   |    (                    | |
   |    \フ                  |_|   わかってくれるよね、
    |      _____          / /     真理には
    \    \____ノ        / /       いつでも逢いに行けるから…
     \                 / /
      \     ⌒        //
    \  | ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄|   //
     |  ̄|      | 「 ̄ ̄ ̄       /
     |  |      | |     |     /
    \|__|      | |___|___/


ぼくは素直に謝ったがそれでも真理は怒っている。そこで

Aもう1回あやまる

B・・・・・・・・・

Cぶっ殺す

60 :炒ってよし:03/08/11 08:24 ID:vfMRHhdz
>>59 C!!!!!

61 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/11 11:38 ID:5/NlM0JK
Aじゃないと終了の予感・・・

62 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/11 12:18 ID:/QUdpaWK
いや・・・Bの沈黙で。

63 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/11 16:52 ID:sCaras15
オレはきさまみたいなゴミとは違うんだゴルァ!
 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧ ∧      (                            ∧ ∧
  (#゚Д゚)______ )                         从(*>O<)
  i  つヮっゥ--―''                         <'';:'>#;:'⊃ バチュン!
  |  'イ                                 W(_つノ;..∴
  し'^J                                    し'k
こうして真理を殺した。

最低のゴミ虫抹消編
       〈 ̄ヽ
 ,、____|  |____,、
〈  _________ ヽ,
 | |             | |
 ヽ'  〈^ー―――^ 〉   |/
    ,、二二二二二_、
   〈__  _  __〉
      |  |  |  |
     / /  |  |    |\
 ___/ /  |  |___| ヽ
 \__/   ヽ_____)


64 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/11 17:15 ID:0oscvuG8
あの時のあなたの選択は間違っていなかったのか?
気になるところから始めることができます。
http://43.234.158.235/up/file00137.jpg

65 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/12 01:22 ID:UjGMPBZN
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!

君にも見える 山崎の星 行くぞ山崎 己の為に
夢はでかいぜ 2ちゃん征服 目指せ山崎 己の為に

山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!

あの日誓った 2ちゃんねるへ 進め山崎 己の為に
たとえ荒らしが 吹き荒れるとも 目指せ山崎 己の為に

山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!!
                   ∧_∧
                   (  ^^ )
            (っ)    ,,,,l ` γ l,,,,,
             \ \/~~.... |。  ~~ヽ
               \,,/ |   |。田}}\ \
                    |   |。  |  ヽ_ヽ
              _    |   |。  |   ゝつ
             |\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
 <      山  崎  !   山  崎  !   山  崎  !   >
  ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
    、        、        、       、        、
  /っノ      /っノ      /っノ     /っノ      /っノ
 / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧
 \\(    )\\(    )\\(    )\\(    )\\(   

66 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/12 03:19 ID:BTDf2+C5



67 :なまえをいれてください:03/08/12 08:38 ID:hhBnqNVW

                ,.-ー''"~"'i,
              /~   ..:::::::!.,___        ,,..、-、,
            /    .::::::::::::::`::::::~~""''''ー-,/~:::::::::.`i,
           /     .:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::: i
           /      .:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::.. |
         ,/      :::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::. i
         ,l'       ::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::. |
         l       ::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::: i    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         i,       ..::::: /\:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::: !   < 水滴たまってカビになる
        _,,.i      ..::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /\:::::::  i'    \________________
      /~  'l,    ..:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::: ,i' 
    /,.、-ー 、;i,   .::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::,i'             /~\
   /'/ ..::::::::|::' .,   .::::::::::::::::::::: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::/~\           /    i.,_
  /'/ ..::::::::|::' .,  :::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::/:::::::.. \         ,i    .::.. \
  / i'  .::::::::::/:::::::`・、., :::::::::::::::::::::::,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::/;;;;;;:;::::::::.. \      /  .::::....::::::::. `.,
 ,i/( .::::::::::::i,::::::::::::;;;;;;~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::-''";;;;;;;;;;;;;;;:::::::::.:::  \  /  .:::::::::::):::::::::.. ヘ
 r ' ::::::::::::V,:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::.::::::  ~"~ ..:::::::::;;;;;|:::::::::::::::. i,
  ,i'  ..::::::::::::::::;;\:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::.   .....::::::::::;;;;;;;;|:::::::::::::::: |
  i  .::::::::::::::::::::;;;;;;;);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... ..:::::::::::::::::;;;;;;;;'i::::::::::::::::: |
  |  :::::::::::::::::::;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;i;:::::::::::::::/
  i  :::::::::::::::::::::;;;;;;V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'"' 、., :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;:::、>.,__,./
  'i, :::::::::::::::::::::;;;;;;;;`V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   `・、, ::::::::::::::::::;;:: '"~
  'i, ::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     ~"''''""~~


68 :なまえをいれてください:03/08/12 08:40 ID:hhBnqNVW
>>67
氏ね

69 :67氏ね逝ってよし:03/08/12 08:41 ID:hhBnqNVW
>>67
氏ね逝ってよし

70 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/12 08:43 ID:hhBnqNVW
        , ──────────────── 、
       /                        : \
| ̄ ̄|_/                          :  \
|   |    ..............      Little Boy          :  )
|__| ̄丶 :::::::::::::::::::::::........................            :  /
       \ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
         `─(⌒つ───────⊂⌒)─── '
           ⊂⊃       / ̄\ ⊂⊃
            |:::|/ ̄\__|::::::::::::::| |:::|
            |:::|:::::::::::::::::::::::___|/ /::/
            ヽ:\_::::::::::/\, ,/| /::/
             \:::::::|::/ (・), 、(・)|/:::/
             /|::::/( |\__●::/   < ゴチャゴチャうるせえジャップだな!!
            / |:://\\ +  |::::/_
            ̄\○   \\_|/:::::...\
          /:::/|/ ̄ ̄ \_) ̄ ̄\\



71 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/12 08:52 ID:aQucomF+
はぁ…早く夏休みが終わらないかなー…


72 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/12 16:03 ID:QzMhxBbS
こんや 12じ だれかが



















                                    ぞぬ

73 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/12 23:50 ID:c9Oc1ZnU
激しくワロタ

74 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/12 23:55 ID:7zANREw0
>>59のB

「・・・・・・」
僕は黙っていた。いくら不可抗力(?)とはいえ真理を殴ったという事実は消えない・・・!
「透。どういうつもり?返答次第によってはここで解散になるからね。」

                       ∩_,,.,
                      (・∀*;;:;) …。
                      (; ;,. @;;)
雪にまみれダメージを負った真理の図      ⊂;;@ω,(⌒)

おや?怒ってはいるが以外と真理はダメージが少ないようだ。成る程、僕の体力が少なかった為
デンプシーロールが不完全だったようだ。これはチャンスだ!ここでの対応によれば僕はまだ生き残れる!
ここは慎重に言葉を選ばねばならない。さて・・・なんと言い訳しようか。

A 「本当にゴメン!僕を殴ってくれ!」
  僕の誠意を示す為、真理と同じ痛みを負う決心をした。
B 「ア・・アンディ・フグが乗り移って・・・!」
  精神喪失状態だったことにした。
C 「帰ろうって言ったのに帰ろうとしないからだ。」
  正直にぶっちゃけた。
D 「君が嫌いだから」
  もう疲れたのでゲームオーバーでリセットだい♪

75 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/13 15:39 ID:CmsRqOo0
Bで、
「アンディ・フグ憑依篇」
スタート

76 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/13 20:43 ID:QBd+oplg
「ア・・アンディ・フグが乗り移って・・・!」
精神喪失状態だったことにした。
またアンディ・フグがぼくに乗り移った。そして・・・・・
    ∧_∧ ホォァ       !?
    ( ´∀`)      ∧_∧
    ○    つ   (゚ー゚ ) ミ
    | | |      ⊂⊂ )  ミ
    (__)_)    ⊂⊂__ノ〜
       アタァ! ∧__∧     ボカッ    !!!
       ――(   ´) \从   ∧_∧
      ――⊂  ミ三⊃  ・、'ニ (#゚д゚)
       ――/ ○、\ /W  ⊂⊂ )
      ――(_) (__)    ⊂⊂__/〜

また殴ってしまった。

A殺す(最低のゴミ虫抹消編)

B目の前でオナニーする

Cレイプする

77 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/13 21:31 ID:hvi5HL2F
c

78 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/13 23:24 ID:iB94+TYg
下ネタ選択肢のみか・・・・このルートは。でC。

79 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/14 10:02 ID:yJv0cQ38
 ビリビリぼくは真理の服を破いた・・・・・・・・・・・・・・ 

                                    _  /`"'';:‐'"´ ̄``'-、
                                  _, 、 '"(-‐'''"二‐'"´ ̄ ̄ ̄ ̄``''ー,
.                                 ;'   .:::::ヽ、二.‐;;"´ ̄`" '' ‐-、_/フ__
                                __ノ   .:::::::,lll /         `'‐、 ヽヽ
                               l゙~    :::::: i;" / |   /    ., ‐   lヽ i ヽ
                             /      :::: | / |  /  /, ‐'"    ill ヽヽ |
                             !       :::  /  | /   //ヽ,::|     ||  i iヽ
                             ヽ     ;   |  //  /.// | ヽ      ||  | i
                              l\   i,   | | /| | /.// 「.|  ヽ    | |  .| |
.       !~'ー‐‐r- 、、,,_               .ノ:::::\ ゜  _,|| | | | /;;;/ [ |   ヽ   |; |  |  |
      ,;'" ,.. '" ,,,...、、、.,_゙''ー 、_,,,,,,,      /  :::::::``''i'' , ‐"l | ヽ |/``'' ー-‐'''"´ ヽ,. ノ;;/   |i .|
.     /ー''" , ‐",;''l~ヽ"'' ;``''ー-、_``ヽ' - 、__/       /'/., '"/ゝ| |、___|_,, -''"  ;;;/ |  || |
     |   /  .i     ノ        ヽ、  _,, -‐‐''''"  |;;;レ|ヽ/─''ヽ .|;;;;;;;;;/       / /;;;;;;/ | ;|
     |  ./   `"'''‐'''"          `"''‐-- 、,,   /|;;;| | /| / /ヽ.|;;;;;;/  /,,,,,,,-‐''" ///;;/. |;|
.    ヽ |                        ``ヽ, ヽ,;l;);;;;|/ /;;;; レ;;;;/  /;;;/  / //;;/.  ||
     ヽ,|       u                  .i   vゝ;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ///  /  // /   /
     /ヽ              ,,...,,           i    レ l`i;;;;;;;;;l;;;;;;|/ |;;|  / ;;;; /|/./   /
    /   \        ,. ‐'"´::::::::| |  し     .ノ       l;-、;| |;;;;;;;;;;;;;ゝ/;;/ヽ;( 冫
   /     `"''‐----‐ '"    :::::/ //.       /         レ |;/|;;;;;;;;;|;|;;( ノ`ヽ
.  /                   ::/ /      /           ノ |;;;|ヽ;|ヾヾ


うん?ぼくはなにをしてるんだ?

A真理とsexしてる

B犯人当てしてる

C美樹本に殴られている

80 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/14 10:29 ID:xTMfHpwm
A

81 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/14 11:09 ID:JxfkH3qB
AでFA

82 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/14 21:09 ID:qQmLGAnU
Bと、言ってみる。
裏を掻いて未だかつてない本格的な官能編に突入するのならAキヴォンヌ。

83 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/15 07:40 ID:QSW3aPhL
急につまらなくなった気がする。

84 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/15 10:19 ID:XYsFXJKY
そうだぼく犯人あてをしてるんだ!
香山さんのことをフェラし、みどりさんの前」でちんこ音頭ができたには・・・・・

Aぼくだ

B真理だ

C真理でもぼくでもなく・・・・・・・・・

Dひろゆき(仮だ

Eだれでしょうね?

85 :山崎 渉:03/08/15 10:43 ID:Id3pYkcP
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

86 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/15 14:49 ID:WWfmgQmg
>>83
どの辺から?

87 ::( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/15 15:04 ID:WykiZj/Q
>>86

吊られるなよ。

88 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/15 15:42 ID:Sc5UIpPp
>>87
>>83は釣りでもなんでもないだろ。率直な感想だろ?
なに、おまえ。こんな小学生でもかけるような物が面白いとでも?
はっきりいってぜんぜん面白くないよ。
職人がいないのがいい証拠じゃん。俺は>>83に同意だ。


89 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/15 16:53 ID:Xh4MN7gA
最近つまらないと思う人の数→(3)

つまらない要因として
「長文じゃない」ってところを上げとく。
つーか短文で、しかも状況も進行せず、3つも分岐させてるのを見ると萎える。

まぁいいさ、これが「独りよがりツマンネ」って言った人の望んだものならね。

90 :949 ◆VX88qEczPY :03/08/16 01:07 ID:lB4SbkWv
すみません、新しいネタを書いても良いでしょうか?
同時進行でもかまいませんので……

91 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/16 01:38 ID:LK/SHntB
>>90
いいんじゃないんですかね、
と、いうよりは話の繋がりなどもおかしくなっているので出来れば
949さんには、新しいスタートを切って欲しいのですが・・・。


92 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/16 10:53 ID:aLvpQWq1
>>90
新しいネタも大歓迎だけど、漏れは前の続きも書いて欲しいです。
ネタがないとシモネタに行ってしまうのはある意味仕方のない慣例なので、
気にせず流れをぶったぎって好きなところからやってくだされ。
良質の長文があってこそ、他の感銘を受けた職人さんが生まれるもんだと思う。

93 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/16 16:22 ID:nKyUaCFX
シモは歓迎だが、今の流れは嫌い

94 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/16 17:30 ID:kFIrguFH
あげ

95 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/16 20:19 ID:yzDYj4A3
>>79のC
そうだ・・・僕は真理と美樹本さんと一緒に田中さんの部屋を
調べに行って・・・・・。
現実に引き戻されると同時に頭が割れるような痛みが
襲ってきた。
頭から何か生暖かい液体が噴出している・・・・
これは・・・・僕の血・・・?
虚ろな意識で目をあけると美樹本は何かスキーのストックのようなもの
を振り下ろそうとしている。
僕にとどめを刺すきなのか?
いやだ、僕は死にたくない、たすけてくれ・・・
美樹本はゆっくりと僕の顔めがけて
ストックを振り下ろした・・・・

    透の妄想編
    □□□□■□□□□□■□□□□□
    □■■□□□□□■□□□□□□□
    □□■■□□□□□■■■■■■□
    □■■□□■□□□■□□□□■□
    □□■□■■□□■■■□□■■□
    □□□■■□□■■□■■■■□□
    □□■■□□□□□□□■■□□□
    □□■□□□■□□□■■■■□□
    □■■■■■■□□■■□□■■□
    □□□□■□□□■■□□□□■□
    □□■□■□■□□□□■■□□□
    □□■□■□■□□□□□■■□□
    □■■□■□■□□□□□□□□□
    □■□□■□□□□■■■□□□□
    □□□□■□□□□□□■■■□□
    □□□□■□□□□□□□□■■□


96 :949 ◆VX88qEczPY :03/08/17 02:36 ID:Qgepnie4
ようやく覚えたボーゲンでなんとか麓のレストハウスまでたどり着き、
僕は一息ついていた。
真理はそんなぼくの目の前で、雪をけたてて鮮やかに止まった。
ゴーグルが粉雪まみれになって、何も見えない。

,´~^゙'i
    '`';;,’ `' '.;''';;
           ` '‐- .、.._.
   ` '‐- .、.._.    l||ll||ll||l  l||ll||ll||l
           l||ll||ll||l l||ll||ll||ll| |ll||ll||l
   l||ll||ll||l l||ll||ll||l     __,,,,、、--''''^^
 l||l||l l||ll||l_l||l,,,,、、--''''^^
__,,,,、、--''''^^
        O     O
       /∧\  /∧\

「あは、透ったら、雪だるまみたい」
ぼくはゴーグルをはずしながら、からだについた雪を払い落とした。

A 「どうせぼくはすべるより転がるほうが似合ってますよ」
B 「そ、そんなに太ったかな?」
C 「真理は人を小馬鹿にして楽しい?嫌味な奴だゴルァ!!」

97 :949 ◆VX88qEczPY :03/08/17 02:37 ID:Qgepnie4
「どうせぼくはすべるより転がるほうが似合ってますよ」
「そういう意味で言ったんじゃないってば。透、上達早いと思うわよ」

真理もゴーグルをはずし、笑顔を見せる。
数時間ぶりに見るその笑顔は、雲の向こうから顔をのぞかせている太陽のようだ。
ぼくはあらためて真理を見つめた。
白いスキーウェアに長い黒髪が良く映えている。
どんな難所も軽々と滑り降りる彼女は、ゲレンデでも注目の的だった。
誰しもがそのゴーグルの下に、美しい顔を期待したはずだと思う。
スキー場とはそういうものだ。
真理なら、とぼくは思った。
真理なら、誰の期待も裏切らないに違いない。
さっきから、雪国育ちの真理にさんざん腕の差をみせつけられて
うんざりしていたぼくだったが、今だけは誇らしい気持ちになった。
ぼくは彼女の素顔だけでなく、
分厚いスキーウェアの下に隠されたスタイルがどんなに魅力的かということも知っている。

「もう一回だけ、滑ろ?」
「ええっ?まだ滑るの?」
ぼくはげんなりして聞き返した。
朝からの猛特訓で、ぼくはもう、立っているのもやっとという状態だったのだ。
「いいじゃない。ね?あと一回だけ」
真理は拝むように両手を合わせる。

A 「もう、帰ろうよ。それにほら、雲行きだって怪しいし」
  ぼくはそう言って、空を指差した。
B@「じゃああと一回だけだよ」
  真理の懇願するような表情に負けて、ぼくはしぶしぶ承知した。
C 「いいだろう、サービスとして手は使わないでやるよ」
 

98 :949 ◆VX88qEczPY :03/08/17 02:37 ID:Qgepnie4
「じゃああと一回だけだよ」
真理の懇願するような表情に負けて、ぼくはしぶしぶ承知した。

「そうこなくっちゃ!」
真理は嬉々としてリフト乗り場へと滑り出す。
やっぱり断固拒否するべきだったかな……。
ぼくはもたもたと後を追いながら、早くも後悔し始めていた。
上に着くと、真理はとんでもないことを言い出した。
「最後だから、もうちょっと上まで登りましょうよ」
「ええー!」
「ね?透も、初心者コース、飽きたでしょ?」
「でもまだ、ボーゲンだってまともにできないのに……」
「大丈夫。無理だと思ったら転べばいいんだから」

A 「……ぼくはやめとくよ。真理だけ行ってもいいよ。
  どうせぼくの方がもたもたしてるだろうしさ」
B 「……分かった。行こう」
  怖がっていると思われるのがしゃくで、ぼくは挑戦してみることにした。
C@「いいだろう、サービスとして手は使わないでやるよ」
  どこかの悪役のようなセリフを口にした。

 (AとBは本編へ)

99 :949 ◆VX88qEczPY :03/08/17 02:39 ID:Qgepnie4
「いいだろう、サービスとして手は使わないでやるよ」
どこかの悪役のようなセリフを口にした。

「透、無理しなくて良いからね?ちゃんとストック、使いなさいよ」
真理に諭されつつ、ぼくたちはリフトに乗り込んだ。

もうひとつ上に上がるころには、日も陰り、ゲレンデの人影もまばらになって来た。
風も急に冷たくなってきたような気がする。
後一回滑ったら、今度こそ帰らないとな……。
下から見るとたいしたことのない斜面に思えたのだが……。
いざこうしてリフトで上がってくると、とても一人で滑って降りられそうには思えない。
……大丈夫。今日は一日真理の猛特訓を受けたのだ。
ぼくならできる。と、自分に言い聞かせる。
それに、真理の前で、いったん口に出したことを取り消すわけにはいかない。

「じゃあ行こうか」
声が震えているのを悟られないように言った。
「ほんとに、無理しちゃ駄目だからね?危ないと思ったらすぐに転びなさいよ」
「大丈夫だって。今日は一日、真理にしごかれたんだよ?」
精一杯の強がりを言ってぼくは滑り出した。
急斜面に飛び出すと真理の声が聞こえる。
「体重は前にかけて!」
スピードはどんどんと増してきている。
「ボーゲン忘れちゃ駄目よ!もっとスピード落として!」
頭では分かっているが、体がいうことをきかない。
もはや転ぶだとか、ボーゲンをするという余裕はなくなっていた。
まっすぐ滑っているつもりなのに、体は林の方角へ向いている。
\\\\\\
  \\\\\\
   \\\\\\
          ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      _  (|||´Д`)< うわぁぁぁあ!
      \\⊂    ⊃ \_____
       \γ ノ `l
         \ー`\__)
          \\ \\
            \\ \\
              \つ \つ

                 ,γ ⌒ヽ
               γ゙                     ´       
そのまま猛スピードで滑っていると前に大きなこぶがあった。
体が固まってしまって、よけることも転ぶこともできない。
ぼくは、なすすべもなく雪の塊の上を滑った。
そして……


100 :949 ◆VX88qEczPY :03/08/17 02:39 ID:Qgepnie4
                     ゛∩゛∧_∧  ゛∩
                      / /(|||´Д`) //
                     / /    )//  
                     / /  / ///
                    / /  (_//
                    / /  //
                   / / //

……ぼくは飛んだ。
気分は原田雅彦だ。
ぼくはすかさず真理の方へ顔をみた。
きっとぼくの勇士に見とれていることだろう。
ところが、真理の表情は真っ青だった。
「透ー!前見て前!気にぶつかる!!」
「え」

      /_/_/   _  /_/_/     /      /
      ._/  _/   /    _ _   _/  _/
   _/         _/   _/_/   _/




……気がつくと、救護室のベッドの上だった。
「良かった!目が覚めたのね!大丈夫?」
真理が目に涙をためながら聞いてくる。
「あ、ああ……大丈夫……かな?」
「透、頭から木に突っ込むんだもん。どうなるかと思ったわよ」
ぼくは真理に心配してもらったことに少し感動しつつ、窓の外を見た。
かなり降ってきているようだ。帰るとしたら今行かないと危ないだろう。

「ありがとうございました」
二人で救護員の人達にお礼を言うと、ゲレンデを出た。
駐車場でたくさんの雪を浴びながら、車に乗り込む。
「だから無理しないでって言ったでしょ?本当にだいじょうぶ?」
「大丈夫だって。ほら、見てのとおりピンピンしてるよ」
そう言って、ぼくは小林さんから借りた4WDのエンジンをかけた。

101 :949 ◆VX88qEczPY :03/08/17 02:40 ID:Qgepnie4
真理とは、今年の……何月だったっけ?まあいいや。
とにかく、今年、大学で知り合った。
果敢かつ執拗なアタックで、いつのまにか、何度かデートをする関係こぎつけた。
しかし、押しても押しても手応えが……なかったかな?
確か…一人相撲のような感じだったような……。
今回の旅行は彼女が、一緒にスキーに行かないかと誘ってきたはずだ。
おじさんがペンションを経営しているとか……ゲレンデから離れていて不便だとか……。
良く覚えていないが、ぼくはその話に喜んでOKし、
昨日、12月……何日だ?とにかく、昨日、ここ信州へとやってきたのだった。

「すごい吹雪ね」
「ああ、前がほとんど見えないな」
「遭難なんてことにならないと良いけど」
「それはないだろ」
お互いに冗談を言い合っていると、無事ペンションにたどり着いた。
ペンションの名前は「シュ……」なんだっけ?確か……そうだ。「ツュプール」だ。
ぼくたちは車を降り、玄関の扉を開けた。

「ずいぶんと遅かったわねー。たっぷりと滑ってきたんでしょ?」
冷やかすような目でおばさんが真理とぼくを見る。
「うん、でも透が……」
おばさんと真理が何か話しているようだ。
そのうち、おじさんが迎えに来た。
「透くん、真理、おかえり。残念だけど夕食は終わってしまったんだけど、何か食べるかい?
サンドイッチでも作ろうか?おなか減ったろ?」
「ええ、ぜひ。いただきます」
ぼくは即答した。おなかがすいて仕方がなかったからだ。
おじさんははりきって奥へと消えていった。
「透くん?」
おばさんが声をかけてくる。
「この子の名前、分かる?」
冗談半分に笑いながら聞いて来るおばさんに、ぼくは答えた。

A 「なまえって、そりゃ、小林真理でしょう?」
B 「…………?」

<Bの選択肢のみ、自分で続きを書きます>

102 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/17 02:44 ID:5R9jCpAd
Bで

103 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/17 11:45 ID:wgVyt2gr
Bで!
がんがれ

104 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/17 12:07 ID:Audsk52V
>>93
遅レスすまん。92で書いてた「前の続きも書いて欲しい」ってのは
「前スレで書いてたやつの続き」って意味なんだ、紛らわしくてすまそ。

>>949
おお、先が気になる展開ですな。Bでよろしこ。

105 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/17 12:11 ID:DqZQ0BDn
AAAAAAAAAAAAAAAAAAA

106 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/17 17:15 ID:RRMgmrfm
B

107 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/17 17:20 ID:qDjmKJPu
B

108 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/17 19:45 ID:LbyNgLLM
>……ぼくは飛んだ。

大笑いじゃー。

109 :949 ◆VX88qEczPY :03/08/18 00:56 ID:Cu52ge6F
>>100
×「透ー!前見て前!気にぶつかる!!」
○「透ー!前見て前!木にぶつかる!!」
- - - - - - - - - - - - - - - - - -  
「…………?」
あれ……?この女の人、誰だっけ?
「透、冗談でしょ?」
若くてきれいな女性がぼくに話しかける。
「えっと、その、……どなたでしたっけ?」
ぼくがそう言うと、おばさんと若い女性の顔が青くなった。
「……叔父さーん!大変!透が、透が!」
若い女性が叫びながら奥へ消えていく。
おばさんが渋い表情で言った。
「透くん、とりあえず、部屋で着替えてらっしゃい」
「部屋って……?」
「ああ、分からないのよね。ごめんなさい」

ぼくは、おばさんに教えてもらった部屋に向かい着替えた。
あの女の子、きれいでかわいかったなぁ。
……ぼくはなぜここにいるのだろう?
二階の窓から外をのぞくと、ものすごい勢いで雪が乱舞していた。
……ぼくはここに何をしに来たのだろう?
だめだ。思い出せない。
何がなんだか良く分からないので、ぼくは再び一階へ戻った。

下へ降りると、おじさんとおばさん、それにさっきのきれいな女の子がいた。
「透くん!大丈夫か!?……そんなわけないよな……」
おじさんがぼくに心配そうに話しかける。
テーブルの上のサンドイッチがおいしそうだ。
「透、本当に思い出せないの?」
「冗談で済むのは今のうちよ」
女の子とおばさんが同時に話しかけてくる。
ぼくは二人の鬼気迫る態度に怖気づいた。
「おいおい、二人してそんなに問い詰めたら透くんがびっくりするだろ。まあ座りなさい。」
言われるまま、いすに座る。
「……透くん、…本当に思い出せないんだな?」
ぼくは黙ってうなずいた。


110 : ◆VX88qEczPY :03/08/18 00:57 ID:Cu52ge6F

  言己
.          | 立
         ´|` 日
.          | 心

      喪

   ノ┼
   ‐┼‐
   _/\_

         ケケ
.         扁

111 : ◆VX88qEczPY :03/08/18 00:57 ID:Cu52ge6F
           ||  /  ||||  /  ||
           ||∧__∧ |||| // ||
            (   ,,) <……………
    ∧∧    /    \
    (,, д) ,r'⌒ | l ・ ・l |⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''
    /  ヽ   .| l   l | 
  ,r'⌒| l 丿   | l  l |  
⌒   | ly─,,,r'  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄∩ ∩ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
    (,,,_,r'            (   ,,) <………………
     /             /   \    //|| .|
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /../|    |ヽヽ  ̄/ 
     | ||─────── ( く |    |丿/ | |
     | ||            ∪|   |∪ .| | |

……みんな黙りこくってしまった。
長い沈黙の後、最初に口を開いたのはおばさんだった。
「とりあえず、病院ね」
おばさんが電話の受話器を取った。
「透、自分の名前、言える?」
女の子が心配そうにぼくに尋ねる。
「うん、矢島透。」
「じゃあ、透はなんていう大学に通ってる?」
「……?」
自分の名前は分かったが、自分が通っているらしい大学の名前は思い出せなかった。
僕は大学生だったのか……?
「……昔のことは覚えてる?たとえば高校の文化祭とか」
「あ。……と、…いや……おぼえてない」
なんてことだ……何も思い出せない……。

「駄目だわ。ぜんぜん通じない」
おばさんがため息混じりにつぶやいた。
「この吹雪だからな……どこかで電話回線が切れたのかもしれないな」
おじさんは残念そうに窓をにらむ。
「じゃあ透はどうなるの!?はやく、早く病院に連れて行かないと……」
「そうは言ってもこの雪じゃ救急車なんてこれないわよ」
必死に訴える女の子に、おばさんは冷静に言い放った。
「もういい!じゃああたしが町まで降りて病院に連れて行くわ!」
女の子はぼくの腕をしっかりとつかみ、外に行こうとした。

「 真 理 ! ! 」

112 : ◆VX88qEczPY :03/08/18 00:58 ID:Cu52ge6F
おじさんが叫んだ。
びくっとして女の子の動きが止まる。
「落ち着きなさい。この吹雪の中飛び出していったら二人とも氷の彫刻になってしまうぞ。
焦ったところで透君の記憶は戻らないんだ。
雪がやんで、山を降りることができるようになるまで、私たちでできることをするべきじゃないのか?」
「……そうね、そうよね……おじさん、ごめんなさい」

「じゃあ、改めて自己紹介でもしましょうか!」
おばさんが声を張り上げて言った。
「それはいいな。透くんも名前が分からないとつらいだろうし」
おじさんがこちらを見ながら、続けて言った。
「私は小林二郎。このペンションのオーナーをしている。」
続けておばさんが、
「わたしはこの人の妻の小林今日子。」
「そして」
おじさん……小林さんが女の子のほうを向く。
「この子が君の彼女の小林真理だ。」
「ちょっ……!ちょっと彼女って!?叔父さん!」
女の子はあわてて否定しているようだ。
真理という女の子は、まんざらでもなさそうに見えるのだが……。
「え〜と、ぼくは矢島透といいます。小林さん、今日子さん、真理さん、これからよろしくお願いします」
ぼくは一応、丁寧に挨拶することにした。
「真理さんって……」
真理さんががっかりしたような表情をみせる。
「あたしのことは真理でいいわ」
「え……でも……」
いきなり知らない人を呼び捨てにするのは悪いよ、と言おうとしたが、思いとどまった。
真理さんとぼくは以前、恋人同士だったかもしれないのだから……。
……と、いうのは考えすぎか……。
「わかったよ、真理」
そういうと、彼女はにっこりと笑った。
微笑んだ彼女はとてもきれいだった。

113 : ◆VX88qEczPY :03/08/18 00:58 ID:Cu52ge6F
ピーンポーン!

小林さんに作ってもらったサンドイッチをほうばっていると、玄関のチャイムが聞こえた。
「遅れてきた客だろう。たしか、美樹本さんだったかな?」
玄関の扉が開く。
   ∩_∩
  (・Θ・ )
  (    )
   |  |  |
  .(_(___)
「すみません!美樹本ですが!」
低い声がフロントに響く。
「ああ、美樹本さまでしたか!どうぞこちらへ」
小林さんはフロントまで、ひげの生えた山男風の男性を案内した。
「いやー!一時はどうなることかと思いましたよ!タイヤは穴にはまるし、1m先も見えないし」
「それは大変でしたね。ここにたどり着けたのも奇跡に近いですよ。良くご無事で。
それで、夕食ですがあいにく、終わってしまいまして……
おにぎりかサンドイッチといった軽いものでしたらお出しできますが……?」
美樹本と名乗った男性はこちらをちらりと見ると、
「じゃあサンドイッチで!……タマゴサンドできます?」
「ええ、もちろん」
「良かった!タマゴサンド、大好きなんですよ!いやぁ腹ペコで死にそうだ」
「ではこちらがお部屋のキーになります」
美樹本さんは鍵を受け取ると二回へ上っていった。
すごく明るい人という印象を受けた。
着替えをするために部屋にいったのだろう、すぐに美樹本さんは下へ降りてきた。
「やあ」
にっこりと手を振って挨拶をしてくる。
「どうも」
ぼくたちも挨拶をする。
どかっと、ソファに腰掛けると美樹本さんは、まるで親友のように親しげに話しかけてきた。
「どうしたの?二人とも元気ないじゃないか。さてはケンカでもしたのかな?」
「いや、ケンカしたというわけじゃ……」
「じゃあどうしたんだい?せっかくの旅行なんだろ?」

A 「ぼく、記憶喪失なんです」
  何かいい知識を持っているかもしれない。相談することにした。
B 「体の調子が悪くて……」
  初対面の人に相談する気にはなれなかった。
C 「それ、付け髭だろ」

 ・Aが選択されたときのみ、自分で書きます。
  B、Cの場合は他の人に任せます。
   

114 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/18 01:46 ID:9PVWfnkk
限りなくCを選びたいが、話が薄くなりそうな気がするため
もう少し話が育つまでは無難な選択肢がよいだろうという114の判断。
というわけでA。

115 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/18 19:28 ID:iYCTFsIc
もちC

116 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/18 23:50 ID:gwSICed5
Aで

117 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/19 14:57 ID:pdqAiCnc
同時進行ってOKでしょうか?

118 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/19 17:19 ID:/uvmqWfT
A 

119 : ◆VX88qEczPY :03/08/19 18:35 ID:+6rc8l6m
>>117
がんがんやっちゃってください。

120 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/20 00:43 ID:QDAyEgnm
>>117
モチOKっすよ〜
新職人さんの出現や以前書き手だった人の復活は大歓迎

121 :香山夏美:03/08/21 16:24 ID:VJPw1ItW
      _,,../⌒i
     /   {_ソ'_ヲ,
    /   `'(_t_,__〕
   /     {_i_,__〕
  /    ノ  {_i__〉
/      _,..-'"
      /

な ん に ん か

122 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/21 16:45 ID:GRbxrBdm
同時進行はわかりにくい
自分で書きますって言うな馬鹿


123 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/21 17:47 ID:g6r+NpBy
書きますとは誰も言ってねーだろバカタレ

124 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/22 02:47 ID:1xzzLptr
>>122
わかりづらい程度で済むなら我慢しような。

125 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/23 01:27 ID:dKt59yYB
久しぶりにアツイ人がきたなぁ・・・おじさんは嬉しいよ

126 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/23 18:32 ID:D6gveIy3
2ちゃんねるで有名な【4大AA】たち

   ∧_∧           ∧_∧           /■\           ∧_∧
  ( ´∀`)          ( ・∀・)          (´∀` )          ( ^^  )
  (    )           (    )           (    )           (    )
  | | |               | | |               | | |               | | |
  (__)_)            (__)_)            (_(__)            (_(__)

  【モナー】          【モララー】         【おにぎり】         【山崎渉】

※よく「モナー・モララー・クズ虫猫・同人虫猫」を4大AAと勘違いなさる人がいますが、
  それは大きな間違いです。クズ虫猫および同人虫猫は、2chで生まれたキャラでは
  ありません。モナーやモララーたちが彼らと同類に扱われるのに、私は憤りを隠す事が出来ません。

127 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/23 18:34 ID:u0ftfrSh
                             ∧_∧
                             (・∀・∩)マターリしようよ♪
                              (⊃  ノ
                              /( ヽ ノ \
                          /   し(_)  \ ←皇帝
                         /  【モララー様】 \
                       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                      /∧_∧        ∧_∧\ ←貴族
                    / ( ´∀`)  (・∀・)  ( ´_ゝ`) \
                   / 【モナー】【ジサクジエン】【ふーん】 \
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                / /■\   ∧_∧   ∧_∧   ((( )))\ ←役人
               /  (  ´∀`).  (  ^^ )  ( ´Д`)   ( ´Д`) .\
             /   【おにぎり】 .【山崎渉】  【八頭身】   【1さん】   \
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          /  ∧∧   (-_-)   ∧ ∧ ∧ ∧    ∧∧       ∧_∧  \ ←地主
        /   (,,゚Д゚).   (∩∩)   ( ゚∀゚ )( ゚∀゚)   ミ,,゚Д゚彡    (  ・3・)    \
       /     【ギコ】 【ヒッキー】   【さいたま】  【フサギコ】  【ぼるじょあ】   \
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   /  .∧∧     ノノノノ     ●  ●、     ∧ ∧      |    |    λ_λ   \ ←平民
  /    (=゚ω゚)   (゚∈゚*)          \   ( ´ー`)    ( ・∀・)   ( `ー´)     \
/     【ぃょぅ】  【クックル】   【ぞぬ】.▼ | 【シラネーヨ】 【マララー】   【ネーノ】        \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                               奴隷
                           ∧,,∧     ∧,,∧
                           (・∀・,,)    ミ,,・д・ミ
                          【ちびギコ】 【ちびフサ】



                              食用・ゴミ
                         ,,、,.,,.,,、,,,,.,,
                       /;;';,∴;;;;;;ノヾ
                      ノ!"'';'"゙"''';;'ゝ、/   )_,,/)
                       i,,#   ; ;,!ノ ; ;,・⊂、;;;メヽ
                        "゙゙'`" ''"  "(;;';∵;'ヾ;,,.;;λ;っ
                                   と(#゚;q。)
                                     ";''`
                             【しぃ】

128 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/23 19:40 ID:JITogxd9
>>126>>127 通報しました

129 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/23 20:01 ID:GvxQdyb3
>>128
えろい よくやった

130 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/23 21:29 ID:JITogxd9
>>129 ワロタ

131 :(  ^^ )さん:03/08/24 16:49 ID:Z8AdogNX
虐殺AAを貼っている方に言いたい事があります。
何だか虐殺AAは単なる「弱いものいじめ」のような気がします。
「糞虫猫」や「病原菌」等の理不尽な言いがかりを付け、
どう見ても弱者の女性や子供だけを集中的にいじめているキャラクターは、
実は精神的にも、肉体的にも弱いのではないでしょうか?
強そうなキャラクターも沢山いるのに、抵抗できる力を持たないキャラクターをいじめるのは、
誰にでも出来る事です。
自ら「神」と名乗り、仲間を多数引き連れ、武装して一方的ないじめを始める様は、
学校内の陰湿ないじめと何も変わらないと思います。
このようなAAが貼られる事に不快感を覚える方も多数います。
虐殺AAを作るのはいいですが、一つのスレッドにまとめて欲しい、と心から思います。

132 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/08/24 16:50 ID:tm56eeIY
         「う〜〜っ」
  ∧_∧    ∧ ∧    ∧_∧
 ( ・3・ )   (・3・)    ( ・3・ )
 ( つ⊂ )   (つ⊂)   ( つ⊂ )
  ヽ ( ノ   ( ( )    ヽ ( ノ
 (_)し'     U U'    (_)し'


        「ぼるじょあ♪」
  ∧_∧    ∧ ∧    ∧_∧
 ∩ ・3・)∩∩ ・3・)∩ ∩ ・3・)∩
  〉    _ノ ヽ    _ノ  〉    _ノ
 ノ ノ  ノ   て ,) )   ノ ノ  ノ
 し´(_)    U´ ヽ⊃  し´(_)

133 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/24 21:30 ID:dZnRKlxq
>>126-127
だから矛盾してるんだってば。
なんでジエンやフーンより下位の山崎やおにぎりが4大AAなんだ?
下のピラミッドに従えばモナー・モララー・ジエン・フーンになるだろ。

134 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/24 22:48 ID:OYtAmpdD
>>122-128,130-133ジエンご苦労

やっと夏休みも終わるな

135 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/25 09:32 ID:q7FjgvZp
>>122-128>>130-133は逝っちゃってください。

>>113から C 「それ、付け髭だろ」
なぜか初対面なのにそう逝ってしまった。自分では思ってないことが口からどんどんでている。
「あのな田中なんて名前きょうび流行ねーんだよ。もっとましな名前考えろボケが。
銀行強盗なんてしてんじゃねーよ、オレはあんたのこと小一時間といつめてーんだよ。アホが。
オレの予想だと記憶喪失がなおって月影島とかいくんだよ。月影島。そしたらあんたは
わざわざローンまでしてクルーザー買うんだよ。もう見てらんない。はっきりいって市ね!」
とぼくはいってしまった。何分間かこのぼくの暴言により沈黙する。
………。    ・・・・・・・・・。
 ∧ ∧ ∩_∩
 (;゚Д゚)    (´Д` )
 (|透 |つ   (    )
〜|  |     | | |
  ∪∪     (_(_)
ぼくは・・・・・・・・

A 謝る

B 開き直る
 


136 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/25 13:19 ID:mFSNJRsp
ここまで来たら、Bだろう。

137 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/25 16:31 ID:YUSRL/hI
Bだな。
よし透、蹴れ!脇のあたりを蹴れ。

138 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/25 19:51 ID:q7FjgvZp
B 開き直る
「くたばれボケが地獄におちろー!」
                   巛 ヽ
                   〒 !
                    |  |    ,   /    ,( 。∀。)
                   / /  .' /      γ  ∨ ̄∨
              ∧_/ / /  /し' /    / /  イ
       雑魚が (゜д゜/  /    /    / / / |
             ,-     f  /  '     fィ!!  ノノi. |
             / ュヘ    |           /  // ヽミ
            〈_} )   |          /  /./
               /    !          |  | 〈
               /  ,ヘ  |          |  ト、 \
               j  / |  |          ノ  〉 〉  >
              /  /  |  |         (__/ (_/´
            /  /  |  |

               .,__    ., \
           ‐-;-.,_ "''=;- .,_\ \\
             "‐ニ‐-> "`"'-' \
      ______二)  \      ヽ  `:,;  ’, ・  ; . ',..  ∧ ∧ ∴.'
         ̄"'''─-、             ヽ  `:, ' .‥   ∵ ・ . (   )∵∵
           -─                ヽ,       . r⌒>  _/ / ・,‘ ∵
           三 ≡               ヽ’,;∴.'∴.:,;| y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
            ∧    _  - ― = ̄  ̄`:,  |’,;' ∴ ,;;|  /  ノ |∴.'∴.'
           , -''´―'' ̄     __――=  i’,∴;. ‥ , ー'   /´ヾ_ノ
         /   -―   ̄ ̄ ̄"'" .       !∴' . / ,  ノ  ∴.'  ∴.'
        /   ノ    ヾ、 _、          |`:,; / / /∴.' ∴.'
       /  , イ )     ヾ./_     _   //.`:,;;/ / ,'
       /   _, \   、ー`、-、ヾ、、,  、, /i/.`:,__/ /|  |
       |  / \  `、   // ./// /    !、_/ /  〉
       j  /  ヽ  |   /  / / /          |_/
     / ノ   {  |
    / /     | (_
   `、_〉      ー‐‐`             _       __            _
                          __ / /__     / ,/__          / /
                         / /./ / ./ __/ ,/ ./     _   / ./
                        ./ /  ̄/ ./ / _  ̄/ ./   _/ L  ./ ./
                       / ー7 . ̄   ̄ / / ̄  /__   _/ /__/
                      ./ / ̄        ./ /     //」.|  / ̄/
                      / /      / ̄ ̄_/      V l__」   ̄


139 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/25 20:01 ID:q7FjgvZp
ぼくは美木本をわけがわからずなぐってしまった。もう、どうなっても
よかった。なにもわからないのに自分の心がこいつが犯人だなどという
わけのわからないこといっているようなきがした。
そしてぼくは美樹本をなげた。
        ∧∧     
     /// (゚Д゚ )    
ドカッ /)/) ((∪  つ 
 ∵∧∧ノ〜  ヽ ノ⊃  
  (0 <;∩∵   ∪    
そしてぼくは

A美樹本に止めを刺した。

B我にかえった。

C「ジンルイトハチキュウヲヨゴスゴミダ。
  ヨッテコノカミニコロサレルガイイ」

(A、Bはそのまま記憶喪失編Cは神の名はかまいたち編)

140 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/25 22:44 ID:8ZTIZiJf
C

141 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/25 23:57 ID:im7h1QRp

ところで、Aは「止めを刺した」ではなく、とどめではないのか。

142 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/26 05:12 ID:b3y8xvCP
>141
「止め」でもあってるよ。

143 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/26 10:37 ID:Ako4IK77
>>142
どうも、ありがとさんです。

144 :これからもしぃちゃんを応援してくださいね(*゚ー゚):03/08/26 21:59 ID:aaIXErXu
        \\                                    //        ♪
     ♪   \\    ハニャ、 ハニャ ハニャ、ニャン♪               // しぃちゃん超可愛いぃぃ ヽ(≧∇≦)ノ  
♪         \\        ハニャ ハニャ ニャン、 シィーーーーー!!♪     //      ♪
   ♪                                            ♪           ♪ しぃちゃん超可愛いぃぃ ヽ(≧∇≦)ノ
          ∧∧     ∧∧     ∧∧      ∧∧     ∧∧     ∧∧      ♪  
  ♪   ∧∧(*゚ワ゚)つ∧∧*゚ワ゚)つ∧∧(*゚ワ゚)つ ∧∧(*゚ワ゚)∧∧ (*゚ワ゚)つ∧∧(*゚ワ゚)  ∧∧ しぃちゃん超可愛いぃぃ ヽ(≧∇≦)ノ
      (*゚ワ゚) ∧∧ (*゚ワ゚)つ∧∧*゚ワ゚)つ∧∧ (*゚ワ゚)∧∧(*゚ワ゚)つ∧∧ (*゚ワ゚) ∧∧ (*゚ワ゚) ∧∧
   ヽ と ∧∧ (*゚ワ゚)つ∧∧(*゚ワ゚)つ∧∧*゚ワ゚)つ∧∧(*゚ワ゚)つ∧∧(*゚ワ゚)つ∧∧(*゚ワ゚)つ∧∧(*゚ワ゚)つ ♪ しぃちゃん超可愛いぃぃ ヽ(≧∇≦)ノ
── ⊂ (*゚ワ゚)つ  ノ (*゚ワ゚)つ ノ (*゚ワ゚)つ ノ  (*゚ワ゚)つ ノ (*゚ワ゚)つ ノ  (*゚ワ゚)つ ノ (*゚ワ゚)つ ノ────
 ♪ ヽ と  丿_  ヽ と  丿_  ヽ と  丿 /ヽ と  丿_  ヽ と  丿_  ヽ と  丿_  ヽ と  丿_ / しぃちゃん超可愛いぃぃ ヽ(≧∇≦)ノ
    ⊂ _  /  し ⊂ _  /  し ⊂ _  / し  ⊂ _  /  し ⊂ _  /  し ⊂ _  /  し ⊂ _  /  し  ♪
       し        し        し        し        し        し        し しぃちゃん超可愛いぃぃ ヽ(≧∇≦)ノ
しぃちゃん超可愛いぃぃ ヽ(≧∇≦)ノ しぃちゃん超可愛いぃぃ ヽ(≧∇≦)ノ しぃちゃん超可愛いぃぃ ヽ(≧∇≦)ノ
しぃちゃん超可愛いぃぃ ヽ(≧∇≦)ノ しぃちゃん超可愛いぃぃ ヽ(≧∇≦)ノ しぃちゃん超可愛いぃぃ ヽ(≧∇≦)ノ
しぃちゃん超可愛いぃぃ ヽ(≧∇≦)ノ しぃちゃん超可愛いぃぃ ヽ(≧∇≦)ノ しぃちゃん超可愛いぃぃ ヽ(≧∇≦)ノ
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1

145 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/26 23:03 ID:f84aiWoA
       ゃ    こ
    じ             の

 ん                   ス

な         ぁ   っ         レ
       ぁ         !
                       は
      ぁ      !  !
                      あ
      ぁ
                    あ
         ぁ       あ
             ぁ

146 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/27 10:16 ID:nDggOLeX
しぃが可愛いかどうかは別として、
結構スローペースだな、このスレ。

147 :罪と罰:03/08/27 13:34 ID:F4Wt/0fT
C「ジンルイトハチキュウヲヨゴスゴミダ。
  ヨッテコノカミニコロサレルガイイ」
ぼくはそう逝った。ぼくは頭が混乱してきた、自分ではわからないのに、喋っている
まるでもう1人のぼくがいるように・・・・・・・・・・
しかも本当に自分が喋りたいことをぼくははなせないのだ。
「ワガナハカマイタチゼンチゼンノウナルカミナリ」
また意味の分からないことを逝っていると思うとこんどはボクの頭に直接何者かが
喋りかけてきた。「トオルヨ。ワガチゥウジツナルシモベヨココニイルヤツラヲミナゴロシ
ニスルノダ」そうきこえぼくはゾクッとした。だれかがぼくの頭に直接語りかけてくるのだ。
ぼくは心のなかで「おまえはいったい誰なんだ?ぼくに命令するのはやめてくれ」
といった。そうゆうと「キサマハカトウセイブツノブンザイデカミデアルワタシニハンコウ
スルノカ」と聞こえた瞬間ぼくの頭はキリキリ痛み出した。すごい痛みで今にも死にそうだ。
ぼくは・・・・・・

A 転げまわった

B 神と名乗るやつの言うことをきくことにした

C 痛みに耐え切れずナイフで自分を刺した

(AAなくてスマソ)


148 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/27 14:29 ID:gpk9nsmM
Aかな。
他は良い展開望めなさそう。

149 :名無したん(;´Д`)ハァハァ ◆BF/SpOqQTQ :03/08/27 15:00 ID:tQ6pjSuC

         /⌒ヽ ここ通らないと行けないので、ちょっと通りますよ・・・
        / ´_ゝ`)
        |    /              ∧_∧  ∧_∧
 ピュ.ー  _と_)_) 旦        (  ・3・) (  ^^ ) <これからもとしあきを応援して下さいね(^^)
   =〔         〕――──〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
   =◎―――――◎       ◎――――――◎

150 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/28 17:11 ID:8+Jpl3Au
 A 転げまわった
「うあぁぁーー。」と僕は大きな声を出した。
「どうしたの!!。」近くに居た真理が、大声で叫んだ。
「カトウセイブツガワレニハムカウカラコウイウコトニナルノダ。」
すると、急に、頭の痛みがひいた。
「ハァハァ……。」
一体どうなっているんだ?
美樹本という男を殴ってからだ。頭に「カマイタチ」という奴が、
喋りかけてきた。この「カマイタチ」は全知全能の神らしい。
そして、人類にかなりの怨みを持って入るようだ。
などと考えていると、「透、大丈夫?」と真理の声がした。
そうだ真理にこの事を説明したほうがいいだろう。
「真理。」と言おうすると、
「ウッ…。」
今度は、喉が痛い。口がヒリヒリする。声が出ない。
「コノコトヲハナソウトハスルナ。」また、頭に語りかけてくる。
  ⊂⊃
   ∧∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( xДx)< もうだめポ
  |⌒|U U \_______
川 |   | 〜'
  U~U
「テハジメにソノオンナヲコロセ。」
「嫌だ。」と頭の中で否定すると、また頭に強烈な痛みが発した。
なぜか、真理を殺してはいけない気がする。
恋人だからだろうか?今の僕にはこれ以上分からない。
「ハヤクシロ。」カマイタチが語りかけてくる。
そうだ鍵があるから駐車場に僕の車があるはずだ。
鍵を見ると、レンジローバーと書いてある。
「マダカ。」より頭が痛くなった。
逃げるなら今しかない。

A 僕は、最後の力を振り絞って駐車場に向かって走った。
B 「だめだ。」 僕は倒れた。
C 痛い 気が狂いそうだ。
  痛みに耐え切れずナイフで自分を刺した。(>>147 C)

151 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/28 17:13 ID:2m63AMMb
たたない息子が2時間で勃起!

AriXは男性器の機能障害に

勃起力は抜群

インポテンツにさよなら(^^)/~

http://arix.gooside.com/index.html

152 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/28 21:32 ID:Cyk4kvhA
>>150
もちろんC

153 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/29 16:40 ID:5Sgu55CS
>>150
Aでレンジローバー破壊キボン

154 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/29 16:58 ID:aK7ZVGII
なんでこーゆー路線に走っちゃうかな。

155 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/29 19:44 ID:60m6I2ex
>>154 135に言ってくれ。


156 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/30 14:04 ID:P7Uv1xcN
>>135
月影島ってなんじゃらほい?

157 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/30 19:48 ID:1j/np9zY
>>156
AA版の監獄島でしょう

158 : ◆VX88qEczPY :03/08/31 01:32 ID:G4WsxhqU
>>113のAから

「……記憶喪失?本当に?」
美樹本さんは嘘だと思っているようだ。
ぼくは真剣な眼差しで美樹本さんを見据えた。
「どうやら本当らしいね。疑ってごめん。だけど僕には、応急処置だとかの類のことは何も分からないな」
「そうですか……初対面の方にいきなり、こんなこと言っちゃってすみません」
真理が頭を下げながら言う。
「いやいや、いいんだよ。聞いたのは僕なんだし。……しかし大変なことになったね」
「あたしのせいで……!このまま通るの記憶が戻らなくなったらと思うと、あたし……!」
真理が半泣きで顔を伏せる。
「君のせい?……えっと、名前は……?」
美樹本さんがぼくと真理を交互に見渡しながら言う。
同時に、小林さんが美樹本さんのサンドイッチをテーブルに置いた。
          ____+     _____     .__  +
        ,,r' ////\ ̄ ////\+ ̄/\ \ ̄ ̄ ̄/|
       r'+ (´∀` ,,) (・∀・ ,,) (,, ゚Д゚ )+  // |
     /    +        +         // || .|
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ 
     | ||─────────────| | |
     | ||                   | | |

「あたしは小林真理です」
「ぼくは矢島透といいます」
手早く自己紹介を済ませると美樹本さんは何か考え始めたようだ。
「へえ、自分の名前は覚えているのか……。
ところで、真理ちゃん。さっき透君の記憶がなくなったのは自分のせいだっていったよね?」
「ええ……実は……」
真理は美樹本さんにぼくがどうやって記憶をなくしたか、いきさつを話し始めた。

どうやら、ぼくはスキーをしているときに、猛スピードで木にぶつかって気絶したらしい。
その後、救護員の人達に手厚く介護してもらったそうだ。
車に乗り込んでペンションに向かう途中から少し、様子が変だったようで、
ペンションに着いたときに、やっと、ぼくが記憶喪失だと気がついたらしい。
ということは、ぼくはこの真理とスキー旅行をしにこのペンションまで泊まりに来たのだろうか?
状況をつかみかけてきたが、真理から事情をきちんと聞くことにした。
「真理……ぼくはここにスキーをしに来たの?」
「うん」
美樹本さんも、タマゴサンドをかじりながら続けざまに聞く。
「それでこのペンションに泊まりに来たと……?」
「はい……あたしが、あたしが、透を中級者コースなんかに連れて行かなかったら……!」
真理はぼくの記憶喪失は自分の責任だと思っているようだ。
「真理ちゃん。君のせいじゃないよ。これは事故なんだから」
「そうだよ、真理。ぼくなら大丈夫だから。そんなに落ち込まないで」
「うん、ごめんね……」

159 : ◆VX88qEczPY :03/08/31 01:33 ID:G4WsxhqU
「なあ」
サンドイッチをテーブルに置いてから、ずっと横に立っていた小林さんが口を開く。
「車の中にいるときから様子が変だったって、言ったよな?……てことは、記憶はすぐには消えなかったのか?」
「わからないわ。昔話をしたわけじゃないし。……」
「そうか……」
「透君の記憶喪失は一種のショック症状なんじゃないかな」
美樹本さんがひらめいたように言った。
「ショック症状っていうのは不整脈になったり顔面蒼白になったりする症状じゃないんですか?」
真理に突っ込まれると、美樹本さんはあわてて訂正した。
「ああ、ごめん。言い方が悪かったね。つまり、透君の記憶喪失は一時的なものなんじゃないかと思って」
「一時的ってどうして分かるんですか?」
思わず聞き返してしまう。
「ほら、格闘家が頭を殴られて倒れたときに、その前後の記憶がなくなってたりするだろ?透君のもそれなんじゃないかな」
「なるほど、そういう考え方もあったのか……」
小林さんは美樹本さんの考えに感心しているようだ。
「なんにせよ、病院にいくまで、透君の記憶を呼び戻すことができるのは真理ちゃんなんじゃないのかな」
「あたしが……」
「記憶喪失の治療で、記憶が無くなる以前に、その人が好きだった音楽を聞かせたりするっていうだろ?
今いる人達の中で、一番透君の記憶に関係しているのは真理ちゃんじゃないのかい?」
「……そう、ですね……分かりました。アドバイス、ありがとうございます」
真理は美樹本さんに深々と頭を下げ、ぼくに向き直る。
「透、もう少ししたら、あたしの部屋で話しない?」
記憶が無くなる以前のぼくだったら、この言葉に舞い上がったのだろうか。
ぼくは……

A 「うん、それじゃお邪魔しようかな」
  記憶が少しでも戻ることを期待しつつ言った。
B 「美樹本さんも一緒にどうです?」
  女の子と二人っきりだと何をしてしまうか分からないので第三者を誘うことにした。
C 「病院にいくまでの辛抱だから。真理は無理しなくていいよ」
  このまま談話室で時間をつぶすことにした。

160 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/31 02:14 ID:cH4vW15c
無難にAで

161 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/31 10:39 ID:ATO16E5x
Aが一番。


162 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/08/31 11:43 ID:Ex+EmN6i
Aにしよう、そうしよう。

163 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/01 08:14 ID:OT5qzGzV
AA入れるの大変だと思いますが
それを入れるのも職人の腕かと、
話はとても面白いので好きです。

Aで。

164 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/03 00:38 ID:o26/LeG2
AAなんて飾りです!

165 : ◆VX88qEczPY :03/09/03 02:52 ID:a4U4T7KB
>>158
×「あたしのせいで……!このまま通るの記憶が戻らなくなったらと思うと、あたし……!」
○「あたしのせいで……!このまま透の記憶が戻らなくなったらと思うと、あたし……!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>>159-A
 [ 美樹本の取材 ]

「良かった」
真理はほっとした表情を浮かべた。
ぼくも、そんな真理の表情を見てなんとなくほっとした。
「ところで」
ぼくが真理に見とれているのをよそに、美樹本さんが言った。
「泊まっているお客さんはこれで全部なんですか?」
少し間をおいて小林さんが答える。
「いえ、他にOLの方々三人と、私が過去にお世話になった社長とその奥さんが泊まってます」
「へえ、こんな人里離れたところでもお客さんが集まるんですね」
美樹本さんの言葉に小林さんは微妙に眉間にしわを寄せる。
美樹本さんは、そんな小林さんにお構いなしに続けた。
「きっと、小林さんの料理や、接客サービスがいいから客足が途絶えないんでしょうね」
その言葉を聞くと小林さんは少し機嫌がよくなったようだ。
「いやあ、人をもてなすのが好きではじめただけですから」
「実はぼく、旅行雑誌の記者をしているんですよ。うちの記者が以前取材に来たことがあるはずなんですが……」
「もしかして、『ぶるる』の方ですか!あなた方のおかげでだいぶ繁盛してますよ!で、どうしたんですか今日は」
「ええ、今回はペンション『ツュプール』のオーナーの素顔に迫るってことで取材をお願いをしにうかがったのですが……」

美樹本さんと小林さんは、取材の日程や場所などの打ち合わせを始めるため、
「透君をよろしく」と真理に言って、オーナーの部屋へと移動していった。
談話室がぼくと真理の二人だけになり、気まずい雰囲気になる。
しばらくの沈黙の後、真理が口を開いた。
「じゃああたしの部屋に行こっか」
真理に言われるまま、ぼく達は階段を上っていった。

階段を上りきり、真理の後をついていくと途中で眼鏡をかけたショートカットの女の子と会った。
顔は真っ赤で、今にも八つ当たりをされそうな気がした。が、目が合ったので、軽く会釈する。
ぼくを無視し、そのまま彼女は一階へと降りていった。
真理にドアを開けてもらい、部屋の中へ入る。
「どうかしたのかな、彼女」
「すごく怒ってたわね。けんかでもしたんじゃない?」
真理がベッドへ腰掛けたので、ぼくも反対側のベッドへ腰掛ける。

166 : ◆VX88qEczPY :03/09/03 02:52 ID:a4U4T7KB
 [ 真理の部屋にて ]

     ll:::::: : : : : :                          .,,,,
     .゙ll:::::: : : : : : : :                    .,,,,;;.゙゙゙
      |゙゙゙゙゙゙゙゙!!!!!!!!!!!!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,        .,,,,,,;;;゙゙゙゙
.    |\ |                ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙iiiiliiii;;゙゙:::::;;:::: : :
.    |  ヾ.___          ,-;;;,,,___.|:::::::::: :
.    |  .|.|       ゙゙̄|      :::|:|.||.|||.|||||||.||.|::::: :
.    |  .|.|.       |    ┌┐:::|:|.||:||||:||||||:||.|:::::
     |. .|.|.       |  ∩└┘:::|:|.||:|||||:|||||:||||::::
     |. .|.|       .|回∪    :::|:|.|||:||||:||||||:|||::::
    |  |.|       .| ∫ ∧ ∧ |.||:||||:||||||||:||::::
    |  |.|     ◎.|┌―(* - )|.|:||||:||||||||:|||:::: :
    |  |:|       .|│ γ   ヽ||:|||:|||||||||:|||::::::: : :
.     | .|:|       .|│ /     )||||:||||||| ∧ ∧:::::::::: : : ;;:;;,,,,
.    | .|:|       .| ,,,/ /   ( |::::::::::::: (    )::::;゙゙゙   ;;;;;
.    | .|:|       ;;⊂ 人  ヽ \   γ   ヽ     .:::::::
     | .|:|____;;;; :;;;;;;;;; 、 ヽ );;;;;;;|      :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     | :|:      ;  ゙゙   ゙/  /. / ; | |     :|     :::
     | :/       .; ,,,,,,,,,,,/  / ./,,,γ´| |.   人⊃,,,,,,,,,,,,,,,:::,
      /         ;; ;;          (_.ノ.゙  ゙゙      
    /         ;;  ;;   
「透」
「ん?」
「ごめんね」
「気にしなくていいよ」
「でも」
「美樹本さんも言ってたじゃないか。これは事故さ。真理のせいなんかじゃない。それに……」
「それに?」
「それに、もう記憶が戻らないと決まったわけじゃない。きっと思い出すさ」
「うん。…………ねえ、どう?何か思い出せそう?」
「う〜ん」
「私と映画見に行ったり、一緒に試験勉強したり……思い出せない?」
「映画って…………『AAサカー』か!」
「そう!それ!」
『AAサカー』とは、映画『松林サッカー』を元ネタに2ちゃんねるで作られたFlashを映画化した問題作だ。
「確か……ぼくが30分遅刻して真理にこっぴどく怒られたんだっけ……」
「そうそう!思い出せるじゃない!」
真理の質問ぜめで、ぼくの記憶もところどころではあるが、おぼろげに戻ってきているようだ。
二人でいろいろと話をしているといつの間にか時計は11時を示していた。
「なんだか眠くなっちゃった」
「ぼくも。今日はもう寝ようか?」
「うん」

A 「じゃあぼくは部屋に戻るね。おやすみ」
B 「部屋に戻るのもめんどくさいし、ここで寝ていい?」  

167 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/03 11:27 ID:vpBZ0QIz
>>164
ここはAA長編ですが。

ほのかな期待を胸にBで

168 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/04 13:57 ID:OPpC3w9c
>167
ただのガンダムネタだと思うのだが。

同じくB。

169 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/04 21:49 ID:Xa/7uLC4
これって続き書いていいんですか・・・?

170 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/04 21:50 ID:BNaWKieZ
俺はかまわないけど。

171 : ◆VX88qEczPY :03/09/04 22:34 ID:3sVyiO4a
>>169
どうぞ

172 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/05 09:14 ID:qrE7c4f4
「部屋に戻るのもめんどくさいし、ここで寝ていい?」
厚かましいと思いつつ思い切って言ってみた。
「えっ?…ええ、いいわよ」
真理は一瞬躊躇する様子を見せたが、すぐに快く応えてくれた。
「ごめん。図々しかった?」
「別に構わないわよ。透に夜這いをかける勇気があるとは思えないし」
「なっ、僕はそんなつもりじゃ」
僕はしどろもどろになった。
「さ、寝ましょ」
そう言って真理は大きくあくびをした。
…僕はそれを見た瞬間何度も経験したような既視感を覚えた。
なんとなく僕と真理の力関係みたいなものが思い出してきた気がする…

.∧_∧
(  ;)    ・・・・・・・。  
(   )

…30分ぐらい経っただろうか。
別のツインベッドで寝ている真理の方を見た。熟睡しているようだ。穏やかな寝息が聞こえる。
体は向こうを向いているので、寝顔を伺うことは出来ない。
僕は、眠ることが出来ず布団に包まっていた。
一人で思考を巡らせていると、とても不安で眠れないのである。
僕の記憶は戻るのだろうか、というのはもちろんだが、それだけでは無かった。
何かもっと大事なことを忘れているのだ。

だけど、思い出せない。
早く思い出さないと大変なことになる気がする…そんな漠然とした不安が
頭にまとわりついて離れない。

…このまま考えていてもラチがあかないと思い僕は布団から出た。
しかし今から何をすればいいんだろう?真理を起こすのは悪いし…

僕は…

A とりあえず談話室に行ってみることにした。

B 自分の部屋に行ってみることにした。

173 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/05 13:10 ID:t+b0Xz2i
いまさらながら>>110は上手い

C 夜這いをかけてショック療法
を選びたいところだがBで

174 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/05 18:42 ID:qKpw5hEz
自分の部屋に言ってみることにした。
一人で考えてみるのもいいだろうそう思い真理を起こさぬ様にそっと
部屋をでる。
.∧_∧
(  ;)    ・・・・・・・。  
(   )
もちろん部屋には誰もいない奥には鞄が置いてあるきっと僕のだろう
こんな事にすら自信がもてない自分に腹が立つ
「しっかりしろ透!」
自分に言い聞かせるように声を出すもちろん返事は返ってこないしかし
自分の名前は覚えていた、それだけでも救いようがある気がして気分が
少し楽になった、不意にノックの音がする誰だろう・・・・
A、「真理かな?」
  寝てる間にいなくなった僕にきずいたのだろう
B、「御樹本さんかな?」
  部屋に入っていく姿を見られたのかな
C、「誰ですか?」
  見当もつかないのでたずねた

175 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/05 18:48 ID:Y8BYqTZo
無難にC

176 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/05 19:39 ID:qKpw5hEz
ちなみにAなら真理、Bなら美樹本、Cなら他の人と、ご理解を
お願いしますそれと
×御樹本
○美樹本
でした

177 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/06 05:29 ID:U9/MydC4
>>174
やる気は良い。

しかし、もう少し文章を書く練習をしたほうがいいと思う。
AAもおまけ程度だし。

178 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/06 10:00 ID:ORtR3CAF
文体を見る限り1スレからずーっといる人っぽい

179 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/06 21:24 ID:P82MPp15
俺も>>177の言うとおりだと思う
サウンドノベルをやって文章の書き方の見本にすると良い
AAはコピペでもいいから質の良いのを

俺も続き書きたいなぁ

180 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/06 21:41 ID:r8MvxALM
C「誰ですか?」
見当もつかないので尋ねた。
ところが、返事が無い。
「・・・すいませーん、誰ですか?」
大きな声で尋ねてみるが、やはり返事はない。



  ________/
   ____      :|
   ::::::::::::  ||     |
   ::::::::::::  ||     |
   :::::::     ||     |
   :::::::     ||     |
   :::::     ||     |
   ::::   O: ||     |
   :::     ||     |
   :     ||     |
   :     ||     |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               \
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\


僕はだんだん恐くなってきた。
そして・・・

A ドアをゆっくりと開けてみた。
B 一人じゃ恐かったので真理を起こそうとした。
C 「大好きです!」
  何となく叫んだ。

181 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/06 22:08 ID:7M+MvvtY
>>180 なんで真里がいるの?


182 :174:03/09/06 22:35 ID:atxPbWlQ
>>177
>>179
厳しいねー、思いつきで適当に書いたものですからご容赦を・・・。
AAも>>172のコピペですし

183 : ◆VX88qEczPY :03/09/07 03:08 ID:wKg2d7OF
>>172のAから書いてもいいですか?

184 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/07 03:14 ID:QFLSxjhZ
かまいたちの誘惑
ttp://www7.ocn.ne.jp/~trance/kamayuwaku.htm
ゲーム本編をやった人も、未プレイの人もぜひ!!
書くときの参考にもなるし・・・・。

185 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/07 14:31 ID:lvBcBnMA
>182
誤字や句読点の使い方などが引っかかるかも。
やる気を削いで悪いが、確かにもうちょっと文章に慣れた方がいい。

186 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/07 16:59 ID:z43VlQ2Y
                 ̄ ̄ ̄ ̄-----________ \ | /  -- ̄
      ---------------------------------  。 ←>>185
           _______----------- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
                     ∧ ∧    / / |  \   イ
                    (   )  /  ./  |    \ /
                 _ /    )/   /  |     /|
                 ぅ/ /   //    /   |    / .|
                ノ  ,/   /'    /    |│ /|
 _____      ,./ //    |     /   .─┼─ |
(_____二二二二)  ノ ( (.  |    / ┼┐─┼─
              ^^^'  ヽ, |  |   /.  ││
「しつこいよ」
そう言って僕は、力一杯バットを振り回した。
「バイバ〜○キ〜ン」
悲しげな声を上げながら>>185は空のかなたへ消えていった。

反省はしていますし、何度も同じ事を言われずとも分かります。
荒らしてスマソ。

187 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/07 18:58 ID:UZCaTaFF
いや、お前はもういいよ

188 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/07 20:19 ID:wI/M4bmO
普通に厨っぽいと思ったが確証に変わった。

189 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/07 20:32 ID:TgOxo2zg
他の人はわからんが俺は>>174に良くなって欲しいから言っている
「厳しいねー、思いつきで適当に書いたものですからご容赦を・・・。」
・・・厳しいと言うかアドバイスだと思う、ちゃんと話を聞いて参考にしたほうがいい
「アドバイスどうも、今後に活かします」
くらいは言えるようになろう

190 :174:03/09/07 21:04 ID:z43VlQ2Y
皆々様、誠に申し訳ありませんでした。
あんな駄文にレスを付けて下さったのに、その場の怒りに
身を任せあんな事をした私など、荒らし扱いでスルーされても
仕方がないのに根気良く再度のアドバイス、ありがたい事です。
今後あのような事は二度としないと固く誓いますのでどうか
お許し下さい、本当に申し訳ありませんでした。

191 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/08 13:23 ID:f6QaJGlu
>183
ヨロ

192 : ◆VX88qEczPY :03/09/08 19:15 ID:IQN71NGb
>>172のAから

A とりあえず談話室に行ってみることにした。 

真理を起こさないよう、慎重にドアへと近づく。
真理はさっきと変わらない様子で寝息を立てている。
ぼくは静かに廊下へ出た。
  _______________________
  ______           .______ 
  || :       ||.   (-w-)    ||         ||    
  || ::         ||     [|]    .||        ::||
  || ::::         ||          ||         ::||
  || :::::      ||          ||        : :::||
  || :::::::      ||   ∧ ∧    .||         ::::::||
  || ::::::::::    O: ||  (   ,,)   ||       :::O:::||
  || ::::::::::::::..    ||. /    ヽ   ||   . ..::::::::::::::::::||
  || :::::::::::::::::::::::.. || |:::後姿   .|  _____:::::::::::||
  || :::::::::::::::::::::::::::|| |:::::::::...  | |  |カチャリ……|::::::::::||
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:::::::::::::::...| | ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

……廊下は静まり返り、人の気配は無い。
ドアの閉まる音が大きく聞こえてしまうほど静かだ。

ぼくは何を忘れていたんだ?

……そうだ。
あの女の子だ。
なぜ彼女はあんなに怒っていたのだろう?
なぜか、いやな予感がする。
ぼくは談話室へと急いだ。


193 : ◆VX88qEczPY :03/09/08 19:15 ID:IQN71NGb
階段を下りると談話室も静まり返っていた。
みんな寝ているのだろうか?
辺りを見回してみるが、女の子の姿は無い。
ふと鳩時計を見ると午後11時を示していた。
同時に鳩時計が11時を告げた。
      ___
    / /.ヽ| \.
    |  |  ◎  |
    \ \__/
      | ( ゚д゚) <中の人などいない!
      |(ノi  |)
      |  i  i
      |_i_ i
        U" U

……ぼくの思いすごしか?
そう思ったときだった。

「 う わ ぁ ぁ ぁ あ あ あ あ ! ! 」

恐怖に満ちた叫び声がペンション全体に響き渡った。
この声は……
聞き覚えがある。
が、はっきりと思い出せない。
ぼくは……

A 真理のところへ戻ろうと思った。
B とにかく、叫び声がしたところまで急ぐことにした。
C 声の主を思い出そうと考え込んだ。

※Bのみ、自分で書きます。

194 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/08 19:38 ID:h0xN5cKy
>193
じゃ、Bで

195 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/08 22:02 ID:HdfvNRza
保管サイトはお休み中かな?
またーりと復活まで待ってます。

196 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/08 22:33 ID:BfYSp+J/
あえてA

197 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/09 18:43 ID:lxY4wUi3
KAG版更新してほしいが・・・1人じゃ無理だろうなぁ

素直にB

198 : ◆VX88qEczPY :03/09/09 22:59 ID:CXmkH+2k
いまさらだけど、>>14はなんだったんだろう……

199 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/09 23:38 ID:nqd18JSn
まあ、夏の珍事と言うことで・・・

200 : ◆VX88qEczPY :03/09/11 04:09 ID:ziwDlf9n
>>193のBから
B とにかく、叫び声がしたところまで急ぐことにした。

いやな予感が当たってしまったのだろうか?
全速力で声のした方角へ進む。
階段を回りこんでさらに進むと、部屋が三つあった。
「ここらへんから聞こえた気がしたんだけどな……」
     \           / /
      \          / ./:|
     | \ \      ./ ./  :|
     | :::|l\.|――<| ::|    :|
     | :::::|| :||      | ::|    :|
     | :::::|| :||      | ::|    :|
     | :::::|| :||      | ::|    :|
     | :::::|| :||      | ::|    :|
     | :::::|| :||―― ミ| ::|    :|   
     | :::::||/       \|    :|
     |. /         \  :|
    ./            .\:|

そのまま突き当りまで歩いていくと、もう一つ部屋があった。
   \             /
    \_______/
      | ______ |
      | ||::::  ._  || |
      | ||::::  |  | || |
      | ||::::  |  | || |
      | ||::::  |  | || |
      | ||::::  |  | || |
      | ||::::  |  |o:|| |
      | ||::::::  |  | || |
      | ||:::::::   ̄  || |
      | ||::::::::::::::::   || |
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /            \
「何かあったんですか!?」
ペンション全体に聞こえるくらいの大声で叫んでみるが返事が無い。
誰かのいたずらだったのだろうか?
……いや、あの叫びはいたずらなんかじゃない。
とりあえず他の部屋を調べてみることにした。
悲鳴は奥のほうからというより、もっと近くで聞こえたような気がしたからだ。
ぼくが、さっきの三つの部屋を調べるため後ろへ振り返った、その時。
「ガチャ」
背後から扉の開く音が聞こえた。
「ひっ!」
思わず情けない声が出てしまう。
びっくりして向き直ると、そこには……

201 : ◆VX88qEczPY :03/09/11 04:10 ID:ziwDlf9n
     /||ミ
   /:::::||_____ ガ
   |:::::::::||       ||  チ
   |:::::::::||       ||  ャ
   |:::::::::||       || リ
   |:::::::::|| .∩ ∩  :||
   |:::::::::||(・Θ・ ) ::||
   |:::::::::||   /   :||
   |:::::::::||   | . ...||
   |:::::::::||/\」  ...||
   |:::::::::||       ..||
   \:::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
     \||
美樹本さんがいた。
「美樹本さん!」
「透君、聞いたかい?今の悲鳴」
「ええ、このあたりから聞こえた気がするんですけど」
「実は……小林さんがトイレから戻ってこないんだ……」
「小林さんが?」
「ああ。もう三十分くらい経つなぁって思ったら今の悲鳴が聞こえて…」
「でも、今の悲鳴は小林さんじゃないですよね?」
「ああ、若い男の声だったね。確かここのバイト君だったと思うけど」
若い男の人……だめだ。思い出せない。
しまった!こんなところでしゃべっている場合じゃない!
ぼくはさっきの部屋へ向かった。
「お、おい、ちょっと待ってくれ。ぼくも行くよ」
思ったよりも弱々しい声で美樹本さんは言った。

三つの部屋の前へくると、どこからか鉄のような匂いがした。
生臭い……まさか、血の匂い?
それぞれの部屋の前まで行き、匂いをかぐ。
ひとつ、強烈に匂いが漏れている部屋があった。
一応ノックし、恐る恐る部屋を開ける。

……誰もいないのか?
そう思ったときだった。

202 : ◆VX88qEczPY :03/09/11 04:11 ID:ziwDlf9n
髪を後ろで縛った若い男が目を真っ赤に晴らしてバスルームから出てきた。
「あの……何かあったんですか?」
美樹本さんが、男に遠慮がちに聞いた。
                 ______
                (あの……    )
                  ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄
      彡ミミ   三二─    ∩_∩
     ( -  )∈ 三二─    ( Θ ;,)
      (   )   三二─   ⊂    )
       Y 人    三二─    |  |  |
      (_)_)   三二─  (_(___)
                  ______
                 (……………… )
              ∧_∧ // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            (    ) ´
            (  O )  
             |  | |
             (___)__)

しかし男には聞こえていないようだ。
無表情で早歩きをし、美樹本さんの横を素通りする。
男は、ぼくたちを無視しそのままベッドへ倒れこんだ。
美樹本さんがバスルームの中へ入る。
「どうです?美樹本さん」
「…………」
美樹本さんは口を押さえ、青い顔をして走っていった。
「ちょっと!美樹本さん!?」
いったい何が……あるんだ?
ぼくもバスルームを覗いた。


203 : ◆VX88qEczPY :03/09/11 04:11 ID:ziwDlf9n
              ,,,,
||   ;;;        ;;;;;;;;              
||  :::;;;;;        ;;;;;              
||   ;;;;   彡ミミ、  ,;;;;              
||      彡:::::::川.  ;; ;;               
||     γ ━━ヽ  ;;  ;;   _______
||     |(;;;;;;;;;;;;):|.        |\ ―――――
||      |:::):: ;(|:::|       |;;;: \\      
||___ |:/ :乂:;::ミ::|____|;;   \\
||   __;;;/ :丿 ::ヽ::;ソ::::)    \.   \\
|| ;;;;(::::ヽ /::::::::;;;;;;(_::/;;;;;;;;;;;;;   \.   \\
 ;;;;;;;;;;;ミ::_);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:     \   \
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;         \

「…………!」
声も出なかった。
息を飲み込もうとするが、うまく飲み込めない。
パニックになりそうな自分を必死に抑える。

それは、壁に寄りかかって座っていた。
足は前へ放り出され、手は力なくだらんとしている。
そして、喉の辺りを真一文字に切り裂かれていた。
周囲には血が飛び散り、血だまりができている。
顔は青黒くなっていたが、ぼくはこの女の子を知っている。
廊下ですれ違ったメガネでショートカットの女の子だ。
あんなに赤かった顔がこんなに青くなるなんて……。

……良くできた人形じゃないのか?
無理にでもそう思おうとしたが、
むせ返るような血の匂いがぼくを現実へ引き戻す。
あの子は確かにいるのだ。そこに死体となって。

これ以上ここにいると気がおかしくなりそうだ。
ぼくは吐き気をこらえつつ、バスルームを出た。

204 : ◆VX88qEczPY :03/09/11 04:12 ID:ziwDlf9n
「透!」
     /||
   /:::::||_____
   |:::::::::||       ||
   |:::::::::|| ∧ ∧  ||
   |:::::::::|| (*   ) :||
   |:::::::::||γ   ヽ:||
   |:::::::::|| |(    )|:||
   |:::::::::||:| |    | |:||
   |:::::::::||∪ Y ∪||
   |:::::::::|| |  |  |:::||
__|:::::::::|| | ノ|  | :||________________
   \:::::|| | | :| |
     \|| (  ) (  )
「真理?」
声のした方を見ると、真理が部屋の入り口へ立っていた。
「……何があったの?美樹本さんは慌てて自分の部屋に戻っちゃうし」
「じつは……」
ぼくは真理に事のいきさつを話した。

「そんな……!そんなことって……!」
「信じられないかもしれないけど、これは本当なんだ」
ぼくは続けて言った。
「とにかく、殺人があった以上警察に連絡しないと……」
「でも、電話線は切れてたじゃない」
そうだった。
おばさんが病院に電話しようとして、つながらなかったんだ。
あの男の人はショックのせいか、寝込んでしまっている。
一体どうすれば良いのだろうか?
ぼくは思った。

A 死体を良く調べてみれば何か分かるかもしれない。
B 小林さんはどこへ行ったのだろうか?
C 一刻も早くこのことをみんなに知らせるべきだ。

205 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/11 17:29 ID:Dmlx1ly8
面白い!Cキボンヌ。


206 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/12 11:02 ID:7TrCegUX
Aでハプニング期待sage

207 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/12 17:25 ID:arVyK+m1
僕はAを選ぶ事にした。

208 :(−_−):03/09/12 17:47 ID:flTvqqWq
Aですね。

209 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/12 18:40 ID:vUfOGxkA
,.;'‐、____,:-;';:、.         .  . | |:::::::::/ ̄ ̄ ̄`´    `ヽ:::::::::| |
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ.    .    .   | |::::::::|  :ill||||||||||ll: ,-‐‐、l::::::::| |
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ.  .      . |  ̄ ̄|  ||||||||||||||||「しi .l ll ̄  .|
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ.   .    . | ̄「 ̄|  |||||||||||||||川リ ̄| ̄|
  i;:;:;:;:;:/ノ-'-''"ヽ;:;:;ヽ'''-ヽ、;:;:;:;:;|     .  . |_| ノ   ||||||||||||||||||  
  {;:;:;:;:ノ■■■   ■■■ヽ;:;:;}           /    ||||||||||||||||||
  ヽ;:;{    _   _    |;:;:{           /    /||||||||||||||||||
   };:;|三/ ●),. 、(● ヽ三 |〈           / ̄/ ̄ |||||||||||||||||    
   ヽ| " ゙='"/:::ヾ='"゙  | }           /  /    |l|l|l|l|l|l|l|l
   { |∫ ∴ (,.、::,. )  ∵ |/         / /    |l|l|l|l|l|l|ll
    ゝ::●. ...:人:人:::.....  ...!         / ヘJ      l|l|l|l|l|l|l
    {;;ヽ:.:.:.:.:.:.:.<Ξ>:.::.:.:.:.:.:.:/;} .      . ノ川        ||l||l||ll
   / ヽ:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ \   
 /    |ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|    \
       ヽ ̄ ̄ ̄  /
        ヽ___/

「志村ぁー!!!!後ろー!!!」



210 :(−_ー):03/09/12 20:01 ID:flTvqqWq
誰?

211 :●のテストカキコ中:03/09/12 20:03 ID:WUg55Bxy
http://ula2ch.muvc.net/ (このカキコは削除しても良いです)

212 :14:03/09/13 12:20 ID:+f6MieG5
>>198-199
今KAG版を作成中なんです。
遅くてすいません^^;

213 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/13 18:06 ID:oRAVXlgo
>>14
おお、勇者発見。一応自分は744と名乗ってたものですが
KAG版の作成に打ち込むのは当分無理っていう状況なので
良ければ背景や音データなどを提供しますが?

214 : ◆VX88qEczPY :03/09/14 06:47 ID:3XehCFXe
>>212
そうだったんですか。せかしてしまってすみません。
いや、最初はKAG版の製作に使うのかな、と思ったんですけどね。
なんに使うか良く分からなかったもので。

とにかく、マターリとがんばってください。
応援してます。ヽ(´ー`)ノ

215 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/14 07:27 ID:XQrGQxme
>>14
期待してるぞ〜ガンガレ

216 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/14 14:59 ID:ovTPxpcD
KAG版作成がんばってください!

217 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/16 23:39 ID:soVgzgo5
かまいたちスレハケーンしちゃったよ・・良いねこのスレ。かまいたち1の大ファンとしては、凄い面白い。
がんばってください、職人の皆様。
いざとなれば、俺も手伝いますので

218 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/17 01:57 ID:p+98QgC+
今は皆の無事を確かめた方が先決だわ」
真理はすぐに気を取り直して毅然とした態度で言った。
非常事態にも関わらず妙に落ち着いている。
ぼくが思っている以上にしっかりしている女性のようだ。

それに、彼女の言っていることももっともだ。
ぼくと真理は手分けして、ペンション中に声をかけて回った

・・・5分後。
無事と思われる人間は全て談話室に集まった。
いない人間は殺されたショートカットの女の子と、・・・小林夫妻だった。
ショートカットの子と一緒だった女の子二人は、状況を説明しても
取り乱した様子を見せず、ただ不安そうに体を震わせているだけだった。

「・・・オ、オーナーは?」
全員の姿を見てみどりさんが不安そうにたずねる。
彼女の横には青ざめた表情の俊夫さんがソファーでぐったりしている。

           ||  /  ||||  /  ||
           ||∧__∧ |||| // ||
            (   ,,) <……………
    ∧∧    /    \
    (,, д) ,r'⌒ | l ・ ・l |⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''
    /  ヽ   .| l   l | 
  ,r'⌒| l 丿   | l  l |  
⌒   | ly─,,,r'  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄∩ ∩ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
    (,,,_,r'            (   ,,) <………………
     /             /   \    //|| .|
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /../|    |ヽヽ  ̄/ 
     | ||─────── ( く |    |丿/ | |
     | ||            ∪|   |∪ .| | |


「・・・小林さんの部屋にも声をかけてみたんですけど・・・返事がありませんでした」
「部屋の中はよく調べたの?」
「いや、パッと全体を見渡した程度ですけど」
小林さんの部屋には、物陰になるような家具や置物もなく入り口のところから
部屋全体を見渡せるようになっている。隠れるスペースなどないハズだ。

そのことを認識してか、
「そ、そう・・・」
みどりさんはこれ以上追及せずに俯いてしまった。

219 :すいません訂正です:03/09/17 02:08 ID:p+98QgC+
A 死体を良く調べてみれば何か分かるかもしれない。

「真理、死体を調べてみよう」
真理の顔色が沈む。明らかに気が進まないようだ。
「真理?」

「・・・それより皆に知らせましょう!
今は皆の無事を確かめた方が先決だわ」
真理はすぐに気を取り直して毅然とした態度で言った。
非常事態にも関わらず妙に落ち着いている。
ぼくが思っている以上にしっかりしている女性のようだ。

それに、彼女の言っていることももっともだ。
ぼくと真理は手分けして、ペンション中に声をかけて回った

・・・5分後。
無事と思われる人間は全て談話室に集まった。
いない人間は殺されたショートカットの女の子と、・・・小林夫妻だった。
ショートカットの子と一緒だった女の子二人は、状況を説明しても
取り乱した様子を見せず、ただ不安そうに体を震わせているだけだった。

「・・・オ、オーナーは?」
全員の姿を見てみどりさんが不安そうにたずねる。
彼女の横には青ざめた表情の俊夫さんがソファーでぐったりしている。
           ||  /  ||||  /  ||
           ||∧__∧ |||| // ||
            (   ,,) <……………
    ∧∧    /    \
    (,, д) ,r'⌒ | l ・ ・l |⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''
    /  ヽ   .| l   l | 
  ,r'⌒| l 丿   | l  l |  
⌒   | ly─,,,r'  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄∩ ∩ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
    (,,,_,r'            (   ,,) <………………
     /             /   \    //|| .|
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /../|    |ヽヽ  ̄/ 
     | ||─────── ( く |    |丿/ | |
     | ||            ∪|   |∪ .| | |
「・・・小林さんの部屋にも声をかけてみたんですけど・・・返事がありませんでした」
「部屋の中はよく調べたの?」
「いや、パッと全体を見渡した程度ですけど」
小林さんの部屋には、物陰になるような家具や置物もなく入り口のところから
部屋全体を見渡せるようになっている。隠れるスペースなどないハズだ。

220 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/17 02:25 ID:p+98QgC+
そのことを認識してか、
「そ、そう・・・」
みどりさんはこれ以上追及せずに俯いてしまった。

ずっと怪訝そうな顔をしていた香山さんが突然立ち上がった。
「それならまず皆で小林くんを探さなあかんで。・・・もちろん奥さんもな。
はよせんと犯人に殺されてしまうかもしれん」

犯人・・・この言葉を聞いて全員がはっとした。
人が殺されたということは、当然、その人を殺した人間がいるのだ。
記憶喪失に殺人事件と、日常離れした出来事が立て続けに起こったせいか
こんな当たり前のことも認識出来なかったのだろうか。

女性の喉を一文字に切り裂いて殺すなどとても正常な人間の仕業とは思えない。
しかも、その殺人鬼がこの中にいるかもしれないのだ・・・。
皆もそう思ったのか、誰も言葉を発することが出来ず、
談話室が陰鬱な空気に包まれた。
「いやーっ!」
この空気に耐えられなかったのか、
女の子二人組の・・・髪の長い娘の方がヒステリックに泣き叫んだ。

「そうよ。犯人は今もペンションの外で身を潜めてるのかもしれないのよ。
次の犠牲者を出さないために皆で身を守らないといけないわ」
真理が一歩前に出て言った。
「真理ちゃんの言うことはもっともや。だけどもまぁどんな凶悪な奴でも
これだけの人数でかたまっとれば手出しは出来んやろ」
皆の表情に希望の色が見えてきた。
そうだ。皆でここを動かなければ大丈夫なはずだ。
そして警察が来るまで朝まで待てば・・・
あ。
「でも、電話線は切れてるし・・・」
真理がぼくの考えを代弁してくれた。
「なんやて!?」
香山さんは即座に電話に駆け寄り電話のダイヤルを回す。
汗ばんだ顔で受話器に耳を当てる。・・・程なくして顔を曇らせて首を振った。
   ∩_∩
  (・Θ・ )
  (    )
   |  |  |
  .(_(___)
「朝まで待って、それから下山するしかないでしょうね。
吹雪で相当雪も積もってるでしょうから、かなり時間はかかるでしょうけど・・・」
美樹本さんはつとめて冷静に言った。

221 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/17 02:27 ID:p+98QgC+
「む・・・せやな。なんにしろ朝まで待てば大丈夫やろ。
問題は・・・小林くんやな」

すると、俊夫さんが口を開いた。
             .,,r冖¨¨¨¨¨¨'''‐            
           .,r'″        .`┐          
          .,,ノ            ゙l!         
         ,r')、            .〕         
         :lア´}             .^'‐u       
         ″ .}               ゙\     
           .}            .ノ┐  \    
           .〔            .,l′゙lr   ゙l.    
           〔           ,「  .'(   .ミ   
            ミ          .ノ   .〔,..,、vノ   
            \         .|           
              〔        .)           
            ._,ノ″       ゙''ー-、_        
         ,,,v-''″            .`^''┐    
       ,,/″                   \   
     /                       .\  
「あの時・・・俺はオーナーの声がして起きたんだ。誰かと争っている感じだった。
物音がしなくなってからすぐに部屋を出たんだが・・・現場には既にオーナーはいなかった。
とにかく、建物の中をしらみつぶしに探すべきだと思う」

「そうだな・・・まずペンション内の安全を確かめる必要もあるからね。
男たちだけで調べることにしませんか?」
美樹本さんが男性陣に目配せする。

男・・・ということはもちろん僕も含まれているのだ。
正直気が進まなかった。殺人鬼と出くわして記憶を失ったまま殺されるのはごめんだからだ。
どうしよう・・・

A 「ええ、そうしましょう」

B 「すいません。僕はやめておきます」

222 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/17 11:33 ID:t2lkolrt
A

223 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/18 20:52 ID:m6pqL46Y
サウンドノベルツクール
http://www7.ocn.ne.jp/~trance/snt.htm

かまいたちの夜型サウンドノベルを企画中です。
舞台案やシナリオ案を掲示板にて募集中です。

224 :お茶茶:03/09/18 20:55 ID:uFsdm5MK
    ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  ) 駄スレは削除される運命なんだな
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃


225 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/19 00:33 ID:QF9GoEL0
>>224
ずれてるよ

226 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/19 17:41 ID:UFpn7Vi4
昨日の「夜にも奇妙な物語」の「迷路」ってなんとなく、
かまいたちっぽかったな。
あれを誰かサウンドノベル化出来ないもんかね?

227 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/20 00:11 ID:9vJ/ZXWh
Y /\_> 
ミdミ    ミ  
ヽト    ノ 
/    \


228 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/20 15:38 ID:pQnk/Tv7
世にも奇妙な物語と言えば「ブラックボックス」
あれを書いた天才にまた書いてもらいたいもんだ。
あとAでよろ

229 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/22 19:48 ID:7Rg2T7bf
保守
職人さん来ないですね。
いざとなったら俺が・・なんて言っちゃったし、やっぱここは俺が・・まあその内頑張ってみようっと

230 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/25 21:14 ID:JPG281u8
保守
俺もやってみるかな

>>229
がんがれ

231 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/25 21:51 ID:QCCg739Q
202の俊夫の態度を見た時、亜希と知り合いなのかと思って
『俊夫と亜希は兄妹で、亜希はスキー旅行の宿泊先に兄のバイトしてるペンションを選んだ。
204で「A 死体を良く調べてみれば何か分かるかもしれない。」を選ぶと遺書を発見。(本物かどうかは不明)』
という展開を考えたけど・・・AAが描けない

232 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/25 23:05 ID:QrxW0UkX
本末転倒承知で言うけど、
自分はかまいたちのファンであって、正直AAはあっても無くてもいい。
(AAがあってこそ!って感じの展開もあったけどね)
かまいたちAA倉庫みたいなのを作って、
そこからコピペ出来るようにすりゃもっと職人が増えるんじゃ?、とか思う。

233 : ◆VX88qEczPY :03/09/26 03:36 ID:n5Ta3ftG
>>1に書いてありますが、AAはコピペ可ですよん。

234 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/27 14:04 ID:kYThaMG1
             .,,r冖¨¨¨¨¨¨'''‐            
           .,r'″        .`┐          
          .,,ノ            ゙l!         
         ,r')、            .〕         
         :lア´}             .^'‐u       
         ″ .}               ゙\     
           .}            .ノ┐  \    
           .〔            .,l′゙lr   ゙l.    
           〔           ,「  .'(   .ミ   
            ミ          .ノ   .〔,..,、vノ   
            \         .|           
              〔        .)           
            ._,ノ″       ゙''ー-、_        
         ,,,v-''″            .`^''┐    
       ,,/″                   \   
     /                       .\  
       「俺はちょっと、彼女のところへ行って来る」

235 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/27 14:04 ID:kYThaMG1
>>234

;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン

236 :語り手:03/09/27 14:12 ID:ALQ8QqkS

              ■■
             ■■ ■
          ▲■■■■■▲
       ▲■■■■■■■■■▲
     /                 \
    /__⌒〜⌒ ===      |
   |━━┛ ┃   ┗━━━     │
   │     ┃             │
    /≧__ ヽ ≡ ′__ 彡     /\
   /     /≡≡\   ミ    //\|
   \   人■  ■ 人      川   )||  ←彼女
    \/       ∪   \   川   ⊃//
    |\< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄> / 川     /
     |  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/        /
     |     ̄ ̄ ̄ ̄/      / ̄
     |        /     /
      |      /     /
      |         /
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   

237 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/27 15:48 ID:X9J/Whvs
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■□□□□■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■□□□□■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■□□□□■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■□□□□■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■
■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■
■■■■■□□□■■■■■■■■■■■■■■■■□□□■■■■■
■■■■■□□□■■□□□□□□□□□□□□■■□□■■■■■■
■■■■□□□■■■□□□□□□□□□□□□■■□■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■■■
■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■□□□■■□□□■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■□□□■■■□□□■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■□□□■■■□□□■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■□□□■■■■□□□■■■■□■■■■■■■
■■■■■■■■■□□□■■■■■■□□□■■■□□■■■■■■
■■■■■■■□□□□■■■■■■■□□□□□□□□□■■■■■
■■■■□□□□□■■■■■■■■■■□□□□□□□□□■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

238 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/27 15:48 ID:X9J/Whvs
成!

239 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/09/27 16:03 ID:kYThaMG1
ここの住民にひとこと・・・
http://game2.2ch.net/test/read.cgi/gameover/1061855094/l50

240 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/01 16:24 ID:lyMkeclH
>>228
どんなの?

241 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/03 16:02 ID:oFC9C1Jo
>>236
…………

242 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/03 17:09 ID:jUWXiR+9
   …嫌…お願い、降ろして…
            |=|
            |=|
     /(∞))∧_,、-、-〃.,,、-‐-、
  .  (<_`*(´ .{;[=];|//´     '!、
       . ∬|"´ヽ;;{{ /     ,、./!ヽ∧_∧ …ハァハァ…
      . ∬'、  ノ‐/     /‐'./  }´<_`* ) 姉者が挑発するから悪いんだろ?
.         `!'"/" ̄`}、 /~´ ⊂、`)    ヽ
           フ´゛;o`イ`>;\,、-''" \\/ /
          ./;;;/;;o;;;;/;、‐'" ツンツン\ .//
         ノフ;;!;o;;/`'''''ー、        /


243 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/06 07:00 ID:4ReSuJuu
再開

244 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/07 12:59 ID:TFIFRt9C
開催

245 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/08 18:43 ID:QqjoJGCR
A 「ええ。そうしましょう」

僕は恐怖心を押し切って答えた。

「よし。それでは・・・」
「ちょ、ちょっとまったー」

俊夫さんの横から声をだしたのは香山さんだった。

「なんでわしもいかなあかんのや! わいはお断りや! あんたらでいったってや〜!」

どこか焦っているようにも見えた。俊夫さんの目にはどのように写ったのだろうか?
少なくとも、僕の目には何かを隠しているように見えてしかたない。

「・・・そうですか。それでは香山さんは女性陣の方々とここでおびえてるんですね」
「な、なんやて! わいは柔道で日本チャンピオンになったこともあるんやで! 怯えるわけあるかい!」

香山さんの顔は赤鬼のように真っ赤になっていた。
しかし、これは香山さんを誘う有効な作戦だ(少々グレーだが・・・)

「…わかったわ。わいも行く。ただし、あんたら誰かが先頭になりや」

柔道で日本チャンピオンになった実力あるんじゃないのか(llll´_ゝ`)
うーん・・・・どうしよう?

A 「柔道のプロが先頭になるのはあたりまえじゃないですか?」と皮肉った。
B 「わかりました・・・では僕が先頭になりましょう」勇気を出して言った。
C とりあえず回りの流れに任せた。

246 :245:03/10/08 18:45 ID:QqjoJGCR
あ、AA入れ忘れた(´・ω・`)

247 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/09 15:23 ID:mVqBv0Vm
久しぶりにキター

Bで

248 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/09 16:35 ID:w+ZhFLXc
B 「わかりました・・・では僕が先頭になりましょう」勇気を出して言った。

正直怖かったが、後ろに居たって何も変わりはしない。
それに……それに真理にも勇気があるところを見せたかった。
僕は一度みんなの方を見回した。

「いいですか?」

みんな縦に頷く。しかし、心なしか香山さんの頭はあまり下がってないように見えた。
でも、今はそんなことを気にしている状態ではない。
犯人はどのような道具を持っているのか、どんな体型か、それすらもわかっていないのだ。
一刻もはやく犯人を見つけ出さなければ……安全は保障されない。
僕が行こうとみんなに声をかけようとしたときだった。

「あ、ちょっと…透?」

真理が心配そうな顔をしながら僕の顔を覗いてきた。
僕は当然の疑問を返す。

「どうした?」
「ほら…私達残るのは私も含めて女の子ばっかりでしょ…? 心…細くない? もし犯人が…」

そうだ。忘れていた。僕達が離れたらこの子たちはどうなるのだろう?
犯人が襲ってきたら? 僕の頭の中でいろいろのアイデアがあふれた。
しかし、この状況では良いアイデアと呼べるものは浮かばなかった。
俊夫さんたちもいろいろ考えているようだ。
そんなとき……

「わいが残るわ。 柔道の世界チャンピオンやで。 わいより安心のできるボディガードなんであらへん。」

沈黙を破ったのは香山さん…だった。
さっきから挙動がおかしく見える…のは僕だけだろうか? このまま信用して残していくべきか?

A 香山さんを信じてここに残していく。
B 無理矢理でも連れて行く。
C 「貴様が犯人だろ!」僕は大声を張り上げた。

※改行が多すぎます。 って怒られたんでAA入ってません(´・ω・`)

249 :キボンボ:03/10/09 17:16 ID:E3ClcnzA
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!

君にも見える 山崎の星 行くぞ山崎 己の為に
夢はでかいぜ 2ちゃん征服 目指せ山崎 己の為に

山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!

あの日誓った 2ちゃんねるへ 進め山崎 己の為に
たとえ荒らしが 吹き荒れるとも 目指せ山崎 己の為に

山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!!
                   ∧_∧
                   (  ^^ )
            (っ)    ,,,,l ` γ l,,,,,
             \ \/~~.... |。  ~~ヽ
               \,,/ |   |。田}}\ \
                    |   |。  |  ヽ_ヽ
              _    |   |。  |   ゝつ
             |\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
 <      山  崎  !   山  崎  !   山  崎  !   >
  ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
    、        、        、       、        、
  /っノ      /っノ      /っノ     /っノ      /っノ
 / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧
 \\(    )\\(    )\\(    )\\(    )\\(   


250 :キボンボ:03/10/09 17:17 ID:E3ClcnzA
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!

君にも見える 山崎の星 行くぞ山崎 己の為に
夢はでかいぜ 2ちゃん征服 目指せ山崎 己の為に

山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!

あの日誓った 2ちゃんねるへ 進め山崎 己の為に
たとえ荒らしが 吹き荒れるとも 目指せ山崎 己の為に

山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!!
                   ∧_∧
                   (  ^^ )
            (っ)    ,,,,l ` γ l,,,,,
             \ \/~~.... |。  ~~ヽ
               \,,/ |   |。田}}\ \
                    |   |。  |  ヽ_ヽ
              _    |   |。  |   ゝつ
             |\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
 <      山  崎  !   山  崎  !   山  崎  !   >
  ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
    、        、        、       、        、
  /っノ      /っノ      /っノ     /っノ      /っノ
 / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧
 \\(    )\\(    )\\(    )\\(    )\\(   


251 :キボンボ:03/10/09 17:17 ID:E3ClcnzA
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!

君にも見える 山崎の星 行くぞ山崎 己の為に
夢はでかいぜ 2ちゃん征服 目指せ山崎 己の為に

山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!

あの日誓った 2ちゃんねるへ 進め山崎 己の為に
たとえ荒らしが 吹き荒れるとも 目指せ山崎 己の為に

山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!!
                   ∧_∧
                   (  ^^ )
            (っ)    ,,,,l ` γ l,,,,,
             \ \/~~.... |。  ~~ヽ
               \,,/ |   |。田}}\ \
                    |   |。  |  ヽ_ヽ
              _    |   |。  |   ゝつ
             |\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
 <      山  崎  !   山  崎  !   山  崎  !   >
  ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
    、        、        、       、        、
  /っノ      /っノ      /っノ     /っノ      /っノ
 / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧
 \\(    )\\(    )\\(    )\\(    )\\(   


252 :キボンボ:03/10/09 17:17 ID:E3ClcnzA
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!

君にも見える 山崎の星 行くぞ山崎 己の為に
夢はでかいぜ 2ちゃん征服 目指せ山崎 己の為に

山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!

あの日誓った 2ちゃんねるへ 進め山崎 己の為に
たとえ荒らしが 吹き荒れるとも 目指せ山崎 己の為に

山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!!
                   ∧_∧
                   (  ^^ )
            (っ)    ,,,,l ` γ l,,,,,
             \ \/~~.... |。  ~~ヽ
               \,,/ |   |。田}}\ \
                    |   |。  |  ヽ_ヽ
              _    |   |。  |   ゝつ
             |\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
 <      山  崎  !   山  崎  !   山  崎  !   >
  ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
    、        、        、       、        、
  /っノ      /っノ      /っノ     /っノ      /っノ
 / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧
 \\(    )\\(    )\\(    )\\(    )\\(   


253 :キボンボ:03/10/09 17:18 ID:E3ClcnzA
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!

君にも見える 山崎の星 行くぞ山崎 己の為に
夢はでかいぜ 2ちゃん征服 目指せ山崎 己の為に

山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!

あの日誓った 2ちゃんねるへ 進め山崎 己の為に
たとえ荒らしが 吹き荒れるとも 目指せ山崎 己の為に

山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!!
                   ∧_∧
                   (  ^^ )
            (っ)    ,,,,l ` γ l,,,,,
             \ \/~~.... |。  ~~ヽ
               \,,/ |   |。田}}\ \
                    |   |。  |  ヽ_ヽ
              _    |   |。  |   ゝつ
             |\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
 <      山  崎  !   山  崎  !   山  崎  !   >
  ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
    、        、        、       、        、
  /っノ      /っノ      /っノ     /っノ      /っノ
 / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧
 \\(    )\\(    )\\(    )\\(    )\\(   


254 :キボンボ:03/10/09 17:19 ID:E3ClcnzA
imasaradakedo250get
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!

君にも見える 山崎の星 行くぞ山崎 己の為に
夢はでかいぜ 2ちゃん征服 目指せ山崎 己の為に

山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!

あの日誓った 2ちゃんねるへ 進め山崎 己の為に
たとえ荒らしが 吹き荒れるとも 目指せ山崎 己の為に

山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!!
                   ∧_∧
                   (  ^^ )
            (っ)    ,,,,l ` γ l,,,,,
             \ \/~~.... |。  ~~ヽ
               \,,/ |   |。田}}\ \
                    |   |。  |  ヽ_ヽ
              _    |   |。  |   ゝつ
             |\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
 <      山  崎  !   山  崎  !   山  崎  !   >
  ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
    、        、        、       、        、
  /っノ      /っノ      /っノ     /っノ      /っノ
 / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧
 \\(    )\\(    )\\(    )\\(    )\\(   


255 :キボンボ:03/10/09 17:20 ID:E3ClcnzA
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!

君にも見える 山崎の星 行くぞ山崎 己の為に
夢はでかいぜ 2ちゃん征服 目指せ山崎 己の為に

山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!

あの日誓った 2ちゃんねるへ 進め山崎 己の為に
たとえ荒らしが 吹き荒れるとも 目指せ山崎 己の為に

山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!山崎一番!山崎一番!山崎一番!
山崎一番!!
                   ∧_∧
                   (  ^^ )
            (っ)    ,,,,l ` γ l,,,,,
             \ \/~~.... |。  ~~ヽ
               \,,/ |   |。田}}\ \
                    |   |。  |  ヽ_ヽ
              _    |   |。  |   ゝつ
             |\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
 <      山  崎  !   山  崎  !   山  崎  !   >
  ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
    、        、        、       、        、
  /っノ      /っノ      /っノ     /っノ      /っノ
 / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧
 \\(    )\\(    )\\(    )\\(    )\\(   


256 :キボンボ:03/10/09 17:21 ID:E3ClcnzA

             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ        ノ   そ き で 
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::冫       \  
           /_,,,,,,_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ニヽ--,,,,,,,___ノ  こ く か
 ゙゙̄─ヽ,,,、    /    ゙ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ̄ヽ-、 
:::::::::::::::::::::::::゙ヽ、,/      ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     ゙,  >、      ま の い
:::::::::::::::::::::::::::::::::|       .ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      ,|''"::::::::::::\   
:::::::::::::::::::::::::::::::::|  l   | l  ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       |::::::::::::::::::::::\  で も ク
:::::::::::::::::::::::::::::::::|///|// | |  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ/   |::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::|///|/  | ゙、   ゙''ヽ、::::::::::::::::::::::::,.,.イ  ,l  ヽ|ゝ  /::::::::::::::::::::::::::::::::)だ   チ
::::::::::::::::::::::::::::::::::|///|  /,-、\     ゙""''''''''''''"~〃  / 〈   |  /:::::::::::::::::::::::::::::<
::::::::::::::::::::::::::::::::∧〃l __ ヽ    、    |   彡 /-‐、   ゝ /゙ヽ,、:::::::::::::::::::::::::::::>!!!!   を
::::::::::::::::::::::::/|ll |ヽ \  ゙'''ヽ、    \  |  /ミ/" ,.,.-‐─,  /   ゙'ヽ::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::〈、   ヽ,゙、  \    ゙ヽ、  ヽ、   /   ,.‐''"   / /    //:::::::::::::::::::::::<
:::::::::::::::::::::゙ヘ     ゙、  \      \  ヾ |l// /     /ミ"/    ,//::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::゙ヘ     ヽ  \    ○ \ | |,/"/○ ___.ノ      // \::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::/、ゝ,        メ──---ゝ、」-‐ニ二 ̄‐ヽ   // __/    ゙"''ヽ:/
::::::::::::::/   ヽ-、,,,,,,,ヽ、  -十 ̄ ̄""''‐_'ミ‐/ ニ"   ,,,|;;;;  /‐'''"ミ/       /
:::::/  ////   ヽ、 ゙゙゙゙、   |   , ,-、 く、__,,>_,,=、 、 ;;;|;;;  / ;; / ─-,,,,,_  / ,--‐''" ̄
'"  ////'''""   \ \、 ::::|::::: l┃-、二━二,イ┃/ |   /''"/      /‐、       /
   // ,-‐''"    ゙ヽ、. ゙、;:;:;:;|;:;:;:.|┃    ̄   ┃|  |  / / ,.,.-----,.,.,.,.,.__  \\ヽ─
   ,‐'''",.,.----───- ゙''ヽ、;:|;:;: |┃ニ,‐┬‐ニ┃l;:;:;| /'"  "          __ノ
,/-‐''"~             \   ┃フ  l  =┃:::;;;/              <
/        彡彡ミミ      \ ,┃┤   |┃ /      ///;:;;;;;;____ノや  だ  い
         ///ヾゞ,,,,,      \ヽニ──_ノ /ミ       /;;;;;;; \
ヽ     、、、  ノ//////,,,,,,,     \二二二/ヽ       //;;;/   \    る  ま  ま
 \        ;;;;;;'''''"       ::'''''"   :::::::"                \
;;;; \     '''''               ''|        ::::            ) ぞ  ら  す
 '"  ゙、ヽ、              __,.,.-┴--,,,,,,,,,,,,,,,__    ,,;;;;;;,.,.-'"  /
    〉  ゙'''''ヽ、,,,,__,,,,,,-─'''"":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄フ''''''''''"    >  !!!!  せ  ぐ
    /            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      <
   /            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       ノ       て

257 :キボンボ:03/10/09 17:22 ID:E3ClcnzA

             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ        ノ   そ き で 
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::冫       \  
           /_,,,,,,_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ニヽ--,,,,,,,___ノ  こ く か
 ゙゙̄─ヽ,,,、    /    ゙ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ̄ヽ-、 
:::::::::::::::::::::::::゙ヽ、,/      ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     ゙,  >、      ま の い
:::::::::::::::::::::::::::::::::|       .ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      ,|''"::::::::::::\   
:::::::::::::::::::::::::::::::::|  l   | l  ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       |::::::::::::::::::::::\  で も ク
:::::::::::::::::::::::::::::::::|///|// | |  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ/   |::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::|///|/  | ゙、   ゙''ヽ、::::::::::::::::::::::::,.,.イ  ,l  ヽ|ゝ  /::::::::::::::::::::::::::::::::)だ   チ
::::::::::::::::::::::::::::::::::|///|  /,-、\     ゙""''''''''''''"~〃  / 〈   |  /:::::::::::::::::::::::::::::<
::::::::::::::::::::::::::::::::∧〃l __ ヽ    、    |   彡 /-‐、   ゝ /゙ヽ,、:::::::::::::::::::::::::::::>!!!!   を
::::::::::::::::::::::::/|ll |ヽ \  ゙'''ヽ、    \  |  /ミ/" ,.,.-‐─,  /   ゙'ヽ::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::〈、   ヽ,゙、  \    ゙ヽ、  ヽ、   /   ,.‐''"   / /    //:::::::::::::::::::::::<
:::::::::::::::::::::゙ヘ     ゙、  \      \  ヾ |l// /     /ミ"/    ,//::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::゙ヘ     ヽ  \    ○ \ | |,/"/○ ___.ノ      // \::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::/、ゝ,        メ──---ゝ、」-‐ニ二 ̄‐ヽ   // __/    ゙"''ヽ:/
::::::::::::::/   ヽ-、,,,,,,,ヽ、  -十 ̄ ̄""''‐_'ミ‐/ ニ"   ,,,|;;;;  /‐'''"ミ/       /
:::::/  ////   ヽ、 ゙゙゙゙、   |   , ,-、 く、__,,>_,,=、 、 ;;;|;;;  / ;; / ─-,,,,,_  / ,--‐''" ̄
'"  ////'''""   \ \、 ::::|::::: l┃-、二━二,イ┃/ |   /''"/      /‐、       /
   // ,-‐''"    ゙ヽ、. ゙、;:;:;:;|;:;:;:.|┃    ̄   ┃|  |  / / ,.,.-----,.,.,.,.,.__  \\ヽ─
   ,‐'''",.,.----───- ゙''ヽ、;:|;:;: |┃ニ,‐┬‐ニ┃l;:;:;| /'"  "          __ノ
,/-‐''"~             \   ┃フ  l  =┃:::;;;/              <
/        彡彡ミミ      \ ,┃┤   |┃ /      ///;:;;;;;;____ノや  だ  い
         ///ヾゞ,,,,,      \ヽニ──_ノ /ミ       /;;;;;;; \
ヽ     、、、  ノ//////,,,,,,,     \二二二/ヽ       //;;;/   \    る  ま  ま
 \        ;;;;;;'''''"       ::'''''"   :::::::"                \
;;;; \     '''''               ''|        ::::            ) ぞ  ら  す
 '"  ゙、ヽ、              __,.,.-┴--,,,,,,,,,,,,,,,__    ,,;;;;;;,.,.-'"  /
    〉  ゙'''''ヽ、,,,,__,,,,,,-─'''"":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄フ''''''''''"    >  !!!!  せ  ぐ
    /            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      <
   /            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       ノ       て

258 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/09 17:24 ID:ruUp8eqy
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ        ノ   く そ レ 
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::冫       \  
           /_,,,,,,_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ニヽ--,,,,,,,___ノ  ス た て
 ゙゙̄─ヽ,,,、    /    ゙ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ̄ヽ-、 
:::::::::::::::::::::::::゙ヽ、,/      ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     ゙,  >、      て ん じ
:::::::::::::::::::::::::::::::::|       .ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      ,|''"::::::::::::\   
:::::::::::::::::::::::::::::::::|  l   | l  ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       |::::::::::::::::::::::\  ゃ ね ク
:::::::::::::::::::::::::::::::::|///|// | |  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ/   |::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::|///|/  | ゙、   ゙''ヽ、::::::::::::::::::::::::,.,.イ  ,l  ヽ|ゝ  /::::::::::::::::::::::::::::::::)ー   よ
::::::::::::::::::::::::::::::::::|///|  /,-、\     ゙""''''''''''''"~〃  / 〈   |  /:::::::::::::::::::::::::::::<
::::::::::::::::::::::::::::::::∧〃l __ ヽ    、    |   彡 /-‐、   ゝ /゙ヽ,、:::::::::::::::::::::::::::::>!!!!   ヴ
::::::::::::::::::::::::/|ll |ヽ \  ゙'''ヽ、    \  |  /ミ/" ,.,.-‐─,  /   ゙'ヽ::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::〈、   ヽ,゙、  \    ゙ヽ、  ヽ、   /   ,.‐''"   / /    //:::::::::::::::::::::::<
:::::::::::::::::::::゙ヘ     ゙、  \      \  ヾ |l// /     /ミ"/    ,//::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::゙ヘ     ヽ  \    ○ \ | |,/"/○ ___.ノ      // \::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::/、ゝ,        メ──---ゝ、」-‐ニ二 ̄‐ヽ   // __/    ゙"''ヽ:/
::::::::::::::/   ヽ-、,,,,,,,ヽ、  -十 ̄ ̄""''‐_'ミ‐/ ニ"   ,,,|;;;;  /‐'''"ミ/       /
:::::/  ////   ヽ、 ゙゙゙゙、   |   , ,-、 く、__,,>_,,=、 、 ;;;|;;;  / ;; / ─-,,,,,_  / ,--‐''" ̄
'"  ////'''""   \ \、 ::::|::::: l┃-、二━二,イ┃/ |   /''"/      /‐、       /
   // ,-‐''"    ゙ヽ、. ゙、;:;:;:;|;:;:;:.|┃    ̄   ┃|  |  / / ,.,.-----,.,.,.,.,.__  \\ヽ─
   ,‐'''",.,.----───- ゙''ヽ、;:|;:;: |┃ニ,‐┬‐ニ┃l;:;:;| /'"  "          __ノ
,/-‐''"~             \   ┃フ  l  =┃:::;;;/              <
/        彡彡ミミ      \ ,┃┤   |┃ /      ///;:;;;;;;____ノオ  ッ  
         ///ヾゞ,,,,,      \ヽニ──_ノ /ミ       /;;;;;;; \
ヽ     、、、  ノ//////,,,,,,,     \二二二/ヽ       //;;;/   \    ケ  氏  ね
 \        ;;;;;;'''''"       ::'''''"   :::::::"                \
;;;; \     '''''               ''|        ::::            ) よ  童  貞
 '"  ゙、ヽ、              __,.,.-┴--,,,,,,,,,,,,,,,__    ,,;;;;;;,.,.-'"  /
    〉  ゙'''''ヽ、,,,,__,,,,,,-─'''"":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄フ''''''''''"    >  !!!!  い っ
    /            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      <
   /            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       ノ       てよし




259 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

260 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/10 03:06 ID:LyRYNZIL
Aで

261 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/10 17:01 ID:69TUbzFj
A 香山さんを信じてここに残していく。

「わかりました。 あなたはここに居てください。 ただし……」

と言ったところでいったん言葉を切った。香山さんが犯人だったら?
さっきと同じ疑問が頭の中を渦巻く。いや…でもいったんみんなのまえで『ここに居てください』
といってしまったのだからここで引き返すのは、香山さんを疑っているということが悟られるかもしれない。

「透君? どうしたんや?」
「あ、いや。なんでもないです。なにがあってもここから離れないで下さいねと言いたかっただけです」

僕はとっさに嘘をついた。まさか『あなたを疑ってるんです』なんていえるわけもない。

「そか。わかった。ほな気をつけてな。」
「あ、でも…」

やっぱり香山さんへの疑いは晴れがたい。

「なんや? まだなんかあるんか? なんもないならはよ行きや。」

その口調はイライラしているように、焦っているように聞こえた。
人を疑い始めるとあやしいところばかり発見しようとしてしまうものだ。
一回疑いをすてよう。冷静になるんだ…冷静…

「わかりました。 それでは行きましょう。俊夫さん? 美樹本さん?」

僕は二人の顔を覗いた。二人とも緊張しながら小さく頷いた。

「それでは行きましょう」

僕はそう言った直後に真理の顔を見たが、彼女の顔はやはり曇っていた。
今にも泣き出しそうな、そんな顔をしていた。

262 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/10 17:15 ID:69TUbzFj
階段に足をかけた。これが天国への階段になるのか…いや。こっちは男3人だ。
きっと相手は一人…多くても2〜3人ぐらいだろう。そんなに大人数で隠れる場所などない。
いや。隠れる? 犯人が僕達のなかにいたら? 現に香山さんの挙動はさっきからおかしく見える。
それに、隠れる場所なんてない。 それでは小林夫妻はどこへいったのか? 雲隠れ? 神隠し?
どっちの言葉がこんなときにあうのだろうか……いやいや。そんなことは全く関係ない。
それにしても、この階段こんなに長かっただろうか? 上を見上げるとまだ全然進んでいない。
恐怖心が階段を長く見せているのか? 

いろいろ答えのない疑問を問答しているうちにドアの並んだ2階についた。
この部屋のどこかに犯人が? 小林夫妻が?
とりあえず小林さんの部屋から探そう……

【誰か続きかいてくらはい(´・ω・`)】

263 :262:03/10/11 10:25 ID:5Av67RH3
あ、すまん。ミス発見_| ̄|〇

小林夫妻の部屋は一階にあるんだった(´・ω・`)
ちょっと書き換える。。

264 :262:03/10/11 10:29 ID:5Av67RH3
いろいろ答えのない疑問を問答しているうちにドアの並んだ2階についた。
この部屋のどこかに犯人が? 小林夫妻が?
とりあえずこの部屋から探そう……

誰も入室していない部屋のドアの前まできた。
誰もいないとわかっていつつも、とりあえず2回弱いノックをする。


返事はない。僕は後ろのニ人の顔をちらっとみた。
二人ともなんともいえない複雑な顔をしている。
僕は小声で話した。

「この部屋…入りますか?」

といって部屋のドアをちらっとみた。

「あ、あぁ。」

答えたのは俊夫さん。なんだかさっきと違って調子が悪そうだ。
美樹本さんは何も答えなかった。暗黙の了解といったものだろうか。

僕はノブを握ってドアを開けた。
しかし、鍵は閉まっていた。あたりまえのことだ。

「あ、これ、、マスターキーです。」

何故か美樹本さんはマスターキーを持っていた。

「サンキュ」

この状況に似合わないと思われる軽い返事を返した。

265 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/11 21:27 ID:5Av67RH3
あらためて見ると最後の三行何か変なんで訂正します。


--------------------------------------------------
何故か美樹本さんはマスターキーを持っていた。

「サンキュ」

キーを受け取ると、僕は軽い気持ちで返事を返した。
この状況で、この返事は似合わないかもしれないが…
--------------------------------------------------

266 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/15 15:20 ID:BoInbtsP
何故持ってるミッキー・・・

267 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/17 12:55 ID:rx2erWXC
保守

268 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/19 19:25 ID:4Sy0aroZ
かまいたちの夜3序章
小林さんが亡くなったのは、梅雨入り間もない頃だ。
病室で受け取った小包。
ぼくと真理だけ。
開けるまもなく小林さんは息を引き取った。
葬儀のとき俊夫さんは狂ったように泣いていた。
みどりさんも真理もそして今日子さんも。
ぼくだけが泣くことができなかった。
実感できなかった。
あんなに元気だった小林さんがまさか、そう思うたびに胸が激しく鼓動した。
結局、ぼくが小包を開けたのは一週間後だった。
いや、僕だけではない。
真理もだった。



269 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/20 15:02 ID:VRkGwvj3
>>268
な、なにが!?

270 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/20 19:04 ID:ToTUSd55
>>268
おもしろげだがAAいれてね

271 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/21 03:05 ID:54QfHeHB
ttp://www7.ocn.ne.jp/~trance/snt.htm

272 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/21 21:14 ID:Y+fcNAW8
>>268の続き
開けてしまったら、小林さんが、本当にいなくなってしまうような
気がしたからだ。
それでも僕たちは開けた。
きっと小林さんの想いが詰まっていると思ったからだ。
中身。
それはゲームだった。
  かまいたちの夜2 監獄島のわらべ唄
前作 かまいたちの夜は今日子さんが書いた小説を、
香山さんの会社がゲーム化していた。
でも続編がでていたなんて知らなかった。
後から聞いた話だったが、死を目前に控えた小林さんが無理を言って
作ってもらったらしい。
「あの人、自分には文才がない、お前がうらやましい
 そういって寂しそうにわらっていたわ」
今日子さんは困ったように笑っていた。
「叔母さんを犯人にするなんて叔父さんらしいわ。
でも・・・・・叔父さんがんばったと思うわ」
「真理・・・・・・」
真理の目にはかすかに涙がたまっていた。
電源を切る。
真理はだまってうなずいた。
僕も首を縦に振る。
真理は静かに笑うと、ためていた涙を頬に流した。

273 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/21 21:31 ID:Y+fcNAW8
小林さんが伝えたかったこと、
「真理、透るくん。できれば君たちでシュプールを続けてくれないか」
ゲームの中で死を直前に控えた小林さんの言葉。
ぼくたちは同意したのだ。
小林さんの遺言を。
今日子さんは、一冊のノートを真理に渡した。
それにはレシピが書かれていた。
今日子さんは泣きながら言った。
「病気がわかってからのあの人はとても生き生きしてたわ。
死ぬ前に夢が見つかってよかった。
真理にシュプールを任せたい。
自分の料理を受け継いでほしい。
できればそのとき、透るくんが真理の隣にいてくれら嬉しいって」
ぼくは小林さんが亡くなってから初めて泣いた。
横にはノートを抱きしめる真理がいた。
今日子さんは静かに微笑んだ。
いつか、みんなを招待しよう。
このそらの上で僕たちの料理を小林さんが認めてくれる
その日に・・・・・・・・・
かまいたちの夜3に続く・・・・・
このあとは我々かま夜スレ住人が書きましょう!

274 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/22 13:41 ID:qIggyrJC
かまいたいの夜

275 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/22 16:10 ID:3EcGWj+Y
カマイルカの夜

276 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/23 16:07 ID:Dq6sM9Jl
>>268->>273
前作がゲーム扱いというのは勘弁してほしい

277 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/25 13:25 ID:PIMARamK
>>268->>273と同じく家庭用ゲームスレのネタだけど、
個人的には「幽霊探偵みどり篇」の続きが見てみたい。
あの話はヘタにいじられたくはないけど、
うまい人が書いてくれるならいいかも。

278 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/27 22:04 ID:7T13Q+d0
小林さんが亡くなってから2ヶ月後僕たちは今日子さんにいろいろ
教えてもらいながらもがんばってやっていった。
真理の料理も完璧になりかけぼくもホテルの従業員ぐらいのもてなしはできる
ようになった。
そして僕たちはみんなを誘った。
招待したのはもちろんあのメンバーだった。
ほかにも三名くることにもなったが・・・・・・

ぼくはどきどきしながら車にのっていた。
みんなとあえて嬉しい反面緊張もしてたからだ。一番怖いのは小林さんと比較
されることだ。それだけはやめてほしい・・・・・
駅には香山さん夫妻がきている、早く自慢したいこの車を。
なぜかとゆうと僕がローンまでして買ったピッカピッカのかっこいい外車
だったからである。
真理には「車なんて叔父さんの4WDでいいじゃない」と言われたが少し
くらいはかっこつけたい。そんなことをおもっていると駅に着いた・・・・・


       AAないしへぼいんでよかったら続きを書かせていただきます。


279 :絹之道 ◆ct8CDSKINU :03/10/27 23:12 ID:iz8AEv2v
  /      [1-1000]   _ \
  | .[93S]. ┏━━┓  |S|  |
  |┏━━┓┃┏┓┃┏━━┓| /
  |最強急行┃┃┃┃┃三>┃| プアァァァァァン! このまま大阪まで進行だ!
  |┃    ┃┃┃┃┃┃∀・)┃| \
  |┗━━┛┃┗┛┃┗━━┛|     ここらへんに透
  | ̄ ̄ ̄ ̄┃ ̄ ̄┃ ̄ ̄ ̄ ̄|\◇_↓_ =
  |        ┃5031┃        | ||      |             丶三 ο。
  | ●○   ┃__┃   ○● | | |□□□ |   ≡     ヽ ヾ __。
  | ̄ ̄ ̄ ̄┃    ┃ ̄ ̄ ̄ ̄|‖ _。_。 |           ∠__ ←のぞみ号
  |_____.二二二._____ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   │     │[=.=]|     │
   └──┬┰──┰┬──┘.
       ‖≡≡≡≡≡‖
      /======\
     /======= \
    /=========\


   ↓



 勝手にストーリーエンド

280 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/28 16:30 ID:IPn4OjSk
age


281 :再開:03/10/28 20:30 ID:IPn4OjSk

よく覚えたボーゲンでなんとか麓レストハウスまで
辿り着き、僕は一息付いていた。
真理はそんな僕の目の前で、雪をけたてて
鮮やかに止まった。

ゴーグルが粉雪にまみれになって、何も見えない。



「あはっ、透ったら、雪だるまみたい」
僕はゴーグルを外しながら体に付いた雪を払い落とした。


,´~^゙'i
    '`';;,’ `' '.;''';;
           ` '‐- .、.._.
   ` '‐- .、.._.    l||ll||ll||l  l||ll||ll||l
           l||ll||ll||l l||ll||ll||ll| |ll||ll||l
   l||ll||ll||l l||ll||ll||l     __,,,,、、--''''^^
 l||l||l l||ll||l_l||l,,,,、、--''''^^
__,,,,、、--''''^^
        O     O
       /∧\  /∧\


A「どうせ僕はすべるより転がる方が似合ってますよ」

B「そんなに太ったかな?」

C「真理は人を小馬鹿にして楽しい?嫌味なヤツだゴルァ!!」
 
D 「真理!聞こえているか真理聞こえているなら君の生まれの不幸を呪うがいい」

282 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/28 20:45 ID:Pau/37bq
>>281
D

283 :絹之道 ◆ct8CDSKINU :03/10/28 21:00 ID:IrHxSr6/
透の心臓に突然衝撃と痛みが走り、透は何か暖かいものを感じた
『げっ血だ…』
透は何者かにストックで刺されていた。その何者かが誰かと知ったとき透は凍りついた…『美樹本…貴様だったのか………しかしこの恨みは必ず晴らす!』


        (\
         \\
          (\\
           \\\
           (\\\\
  ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\\\
     ̄ ̄( ̄ ̄ ̄ ̄\\|||
( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ | ⊂⊃
  ̄ ̄( ̄ ̄//// ̄\  ∧ ∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ̄(//// ̄\\(  ゚Д゚) <氏ねや美樹本めゴルァ !!
   ".;":  (/(/// ̄(⊃透⊃   \_____________
".;":       ///(/| 霊\\
 .;".;": ..;///(/(((/ ∧|\\       .;".;": ..;.;".;
   .;".;"//(/ ;    ∪ ∪  \\         .;".;": ..;.;".
.;".;"  (/.;".;             \\
   ゴ オ ォ ォ …… ! !      \\   ;": ..;.;".;":
          .;".;": _.;.;__       \\   ド カ ァ ン !
 .;".;": ..;.;".; ζ /_.;_/| .;".;"_ \\  .;".;.;".;":
.;".;": ..;.;".;": ;;:'| ΓΓΓΓ | |"从へ_/|  \\.;".;"_.;__
从へ从へへ从  ; ζ  | Γ从Γ | |;.. |从Γ | |    \\ ∠___/|
    ( ⌒( ⌒ ) ζ | SPUR ) |.:; |从Γζ.;". _ \\|Γ Γ Γ| |
(   ⌒ ⌒  ⌒ ); | ΓΓΓΓ | |.;;|ΓΓΓ | | ヽ(×д×)ノ←美樹本
 Σ( ⌒( ⌒ ) ζ  ( ( ) )⌒ ) ( 从へ从) ( 从へ从Γ| |_.;
 ( (( ( ⌒ )) )  从 Σ( ⌒(  从へ从) ∠___/|
Σ (( ( ⌒ )) ) )(( ⌒ ( 从へ从) .;".;:;|ΓΓΓΓΓ| |
 (( ⌒ ( ( ) )⌒ );:;   .;".;": ..;.;".;|へ从ΓΓ|


1シナリオエンド

284 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/29 19:04 ID:KtXo8kR4
もうだめだなこのスレ

285 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/10/29 20:23 ID:kHE5AXTr
>>264-265の続き希望...無理?

286 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/01 08:47 ID:9SlSIzG0
バイト編知ってますか?かま夜好きなら知ってるとおもうけどその続きを書きます。

ぼくはとりあえず身を隠すことにした。
真理やほかの人たちを殺したやつだ。そうとう危険なやつかもしれない・・・・・あるい
は麻薬中毒者かもしれない。ぼくは音たてないようにソファーの後ろに隠れた、
男の息の音聞こえる。
ぼくはまだ死にたくないそう思った。男は何とかぼくのことに気づかず外に出ていた。
ここにいては見つかるのは時間の問題だと思い移動することにした。
玄関に扉があったのでなかに入った地下室のようだった。
音を立てないように下に降りていく。すると何かが足に当たった。
よく目をこらしてみてみるとそれはちょっと小太りの中年男性だった。
ひぃ!と言ってしまいそうだったがなんとかこらえた。
ぼくはひとまず大きく息をすった。ぼくはあることに気がついた。
もしかしたらあいつは僕の乗ってきた車で下山してしまうのではないかと考えた。
しかしポケットの中にキーは入っていたので安心した。5分くらいたっただろうか。
ぼくは、もってきた荷物のことを思い出した。


287 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/01 08:48 ID:9SlSIzG0
なにが入っているんだろうそう思い中をみると中にはたくさんの福沢諭吉いや一万円札だった。
ぼくが中をかぞえると総額で2億円くらいあった。なんでこんなにお金が?
真理が言っていた話ではこのペンションは真理の叔父が経営してるらしいこんなふつうの
ペンションになぜこんな金が?まさか銀行強盗でも・・・・・・・!ぼくは車の中で聞いていた
ニュースを思い出した。今日三友銀行で銀行強盗があったことをしかもその犯人が逃走中だったことを・・・・・・・。
ぼくはその瞬間全てを悟った。あの殺人犯が銀行強盗であることをあるいはだれかがそのことを知り奪おうとしたのかも・・・・・・・・。
そう思っているとガチャンと大きな音がした。
「おい!どこにいる」
男の声がペンション中に響き渡る。
男は違う部屋に行ったようだ。
このままここにいても見つかる、違う部屋にいかなきゃそう思いなるべく音を立てないように
上っていく男が談話室にいないことを確認し、外にでた。寒かったがなんとか車の前まで来れた。
ぼくは喜びエンジンをかけたがかからないうんともすんともいわないのだ。変だと思い外にでてみるとエンジンに穴があいておりガソリンがもれてる。ぼくはパニックに陥った。ゆいつの頼み綱である車がやられたのだ。いちようほかの車もみたがみんなだめだった。
寒さでガチガチ震えていたが、ぼくはある考えが浮かんだ。
ぼくを死んだことにすればいいんだ!どうゆうことかというとあの流れているガソリンに火をつけ大爆発をおこせばほかの車にも火がつきあたかもぼくが死んだように思える。


288 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/01 08:48 ID:9SlSIzG0
僕はすぐに行動に移った。まず車からちょっと長めのロープをとりだした。
次にガソリンのところにロープをつけ火をつけた。ぼくは一目さんに走った。
どれくらいの爆発かわからなかったからである。
やがてガソリンに火がつき大爆発をおこした。
予想以上に燃え上がりちかくの雑木林まで燃え移った。
よそうどうり男がペンションからでてくるのがわかった。
みつからない用にぼくはペンションに入った。どこにいけばいいのかわからなくてとりあえず
二階に上がり適当な部屋に入った。途中にも死体があったが気にしてはいられなかった。
はいってとりあえず鍵をしめた。暗いのでよくわからなかったが死体はなかった。
なにかないかと中にあった。バッグをしらべると真理の部屋だとゆうのがすぐにわかった。
なかには僕と真理のしゃしんが入っているからである。
真理のことを思い出し涙がでてきた。
しかし泣いてばかりでもいけないと思った。まだ真理たちを殺した殺人犯がいるのだから。


289 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/01 08:49 ID:9SlSIzG0
AAないしだめ文なので反省・・・・・・・・・鬱だ死のう

290 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん :03/11/01 09:47 ID:SANMYAXA
>>286-288
イイ(・∀・)!!
逝く前に続ききぼーん

291 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/01 10:02 ID:TgpaPsOI
長スレノーーーーー

292 :みるまら:03/11/01 11:24 ID:4wyT/7RO
┌───────────────────
│すんません、すぐ連れ...あれ?
└─────────────v─────
                  /\    /⌒\  
                /\  |  /'⌒'ヽ \
              /   |: | (●.●) )
       、;゙;:;:゚/     |: /  >冊/  .
   /⌒   ミミ \   〆  …;:;:゚。:;∵
   /   / |::|λ|         ∵  ∵・
   |√7ミ   |::|  ト、          /\     ___
   |:/    V_ハ          // \   <_葱看>、     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /| i         |          t    \/ (ハ((iヽl, i\   < みる、みる、みるまらーーー!
   и .i      N                O人゚ヮ ゚∠イ     |
    λヘ、| i .NV                  \⊂))        \___________
      V\W                  ⊂<__/:__|
                                 ∪ 



293 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/01 20:20 ID:9SlSIzG0
>>290さんまだ制作中なんでちょっとまってください。
続きができるまで沈まないでくれ!age

294 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/01 20:24 ID:J45DqKKr


295 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/01 21:08 ID:9SlSIzG0
とりあえずぼくは武器をそうびすることにした。武器といってもモップだが。
窓の下をよおくみると殺人鬼が中に入ったみたいだった。
ぼくは、ある2つの考えがあった。
明日になれば天気は晴れる、そうすればさっきの爆発を警察が調査しにくるそれまで待つ案
しかしこの案は見つかればまちがいなく殺されてしまうだろう。
そして、もうひとつの案それはあの狂った殺人鬼をぼくの手で殺す案だ。
ぼくが階段のところで待ち伏せるそして上ってきた殺人鬼を突き落とす。
かりに麻薬中毒者でも階段から勢いよく転げ落ちたらいちころだ。
しかしこの作戦は一つ間違えばぼくが死ぬまさに捨て身の決断だった。
ぼくは悩み果てたすえに殺人鬼を倒す案にした。
ぼくは真理の鞄から写真をとりだしポケットに入れた。
大丈夫きっと真理が守ってくれる。
そう思いながらぼくは廊下にでた。


296 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/01 21:09 ID:9SlSIzG0
殺人鬼が階段を上るのがわかってきた。心臓が高鳴るそしてぼくは・・・・・・・
「死ねええええぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!」
殺人鬼をおもいっきり突き飛ばした。殺人鬼が転げ落ちていく。
「やった・・・・・倒したんだ・・・・・・」
ぼくは苦笑をうかべた。そして殺人鬼の所まで来た。
死んだのを確認しようと思って触ろうとしたそしたら・・・・
ガバァ!きゅうに立ち上がったかと思うとぼくのことを押さえつけた。
「クククッ馬鹿め油断したな・・・・・・・」
殺人鬼はそういうとさらにきつく押さえつけたぼくは死ぬのだと思った。
だんだん意識が遠のいていく。これで真理に会える・・・・・・・
そう思っていると心の中で真理の声がきこえた。
「透!死んじゃだめ」なに言ってるんだ真理、死んだらまた会えるんだぜ・・・・・
「しっかりして!」ぼくが意識がもどると本当に真理がたっていた。夢じゃなかった。
「まっ、真理!」ぼくは目を疑ったがほんとうに真理がたっているのだ。
「がんばって透!」真理からの声援を受けると急に力が湧いてきた。
「おらぁーーーー!」ぼくは殺人鬼を投げとばした。どうやらこんどこそ倒したようだ。
「透!」僕と真理は抱き合っていた。
「てっきり死んじゃたかと思ったよ」ぼくはそういった。
「美樹本に殴られたときわたしもうだめだと思ったわ、でも透の声がきこえたのそれで・・・・」
あとからわかったことだが真理は外に行ったあとに殴られたため手が以上につめたかったのである。
翌朝、警察がきて殺人鬼を捕まえていった。これでぼくの長い夜は終わったのだ・・・・・。



                  バイト編 完
 感想まってます。


297 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/01 22:04 ID:sVLMZFVr
>>296 消防?


298 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/02 07:21 ID:72O2dlbQ
>>297 ドキュソ?

299 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/02 08:16 ID:pDMztlWM
>>298 厨房?


300 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん :03/11/02 08:57 ID:NpTnczl+
>>299
アフォ?

ついでに300ゲット!!

301 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/02 16:40 ID:72O2dlbQ
age


302 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/02 22:18 ID:0q2pWZZK
>>300 うんこ?


303 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/03 14:58 ID:kLwVfUFD
>>302 シャア大佐?

304 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/03 15:31 ID:SCGMXneQ
もまいらもちつけ

305 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/03 17:03 ID:KDsR7uF8
____
       /     \
     /  / ̄⌒ ̄\
     /   / ⌒  ⌒ |
    | /  (・)  (・) |
  /⌒  (6     つ  |
 (  |  / ___  |
  − \   \_/  /私が18歳のとき・・・・・・
      \____/



306 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/03 17:06 ID:KDsR7uF8
   Λ_Λ
  ( ,_ノ` )y━・~~~
    U |:|       U |:|つ●~ 
   〜|  |       〜|  |        〜|  |        〜|  | 
     U U         U U            U U  


307 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/03 17:07 ID:KDsR7uF8
(    ヽ      アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ  犯珍のパレードは大雨だってさ〜! プ
 ヽ   ノ ヽ
   ゞ、   丶
     ヽ ノ  \          _ _, ─' ─ ─ ,、  _
    |\_ ノ\      , '´  ( )     ( ) `‐、
  /⌒\        丶   / /   ヽ-、___ ,-r'     ヽ.
 │  \  人  |/⌒ヽ | !     ヽ      |     ..|
 /    \    /    | | !      !      . !       |
(  \   ヽ  /    / | !      !      . !       ..|
(       |  /   )  |      !      !      ...|
 ヽ \  ヾ 丿(( ̄)/   'i     `'ー--‐‐'´     ノ
  \  ヾ丿  ヽソ      `''─ _      _. ─''´
    ヽ ノ _ __/
 


308 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/03 19:05 ID:5CYcPAwV
>>307 ま○こ?


309 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/03 20:40 ID:2crWzLCT
>>768
おお、ゲームフォルダの外にあったので気づきませんでした
どうもありがとうございました!

310 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/03 21:32 ID:UHxobDDL
>>309 うけ狙い?


311 :309:03/11/03 21:45 ID:2crWzLCT
誤爆してました_| ̄|○ 

ところでかまいたちの夜AA編のゲームはまだ再うpされていないのでしょうか?

312 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん :03/11/09 08:20 ID:5snOEGga
>>311
ティンコ?

313 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/12 13:02 ID:N8UVnK+b
>>297は何が言いたいのかさっぱり

314 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/12 13:22 ID:jP3Xi21e
よく覚えたボーゲンでなんとか麓レストハウスまで
辿り着き、僕は一息付いていた。
真理はそんな僕の目の前で、雪をけたてて
鮮やかに止まった。

ゴーグルが粉雪にまみれになって、何も見えない。




,´~^゙'i
    '`';;,’ `' '.;''';;
           ` '‐- .、.._.
   ` '‐- .、.._.    l||ll||ll||l  l||ll||ll||l
           l||ll||ll||l l||ll||ll||ll| |ll||ll||l
   l||ll||ll||l l||ll||ll||l     __,,,,、、--''''^^
 l||l||l l||ll||l_l||l,,,,、、--''''^^
__,,,,、、--''''^^
        O     O
       /∧\  /∧\



「あはっ、透ったら、雪だるまみたい」
僕はゴーグルを外しながら体に付いた雪を払い落とした。


,´~^゙'i
    '`';;,’ `' '.;''';;
           ` '‐- .、.._.
   ` '‐- .、.._.    l||ll||ll||l  l||ll||ll||l
           l||ll||ll||l l||ll||ll||ll| |ll||ll||l
   l||ll||ll||l l||ll||ll||l     __,,,,、、--''''^^
 l||l||l l||ll||l_l||l,,,,、、--''''^^
__,,,,、、--''''^^
        O     O
       /∧\  /∧\


A「どうせ僕はすべるより転がる方が似合ってますよ」

B「そんなに太ったかな?」

C「な、なんで僕が怒りダルマの組の者だって解ったんだ!?」

D「氷の剣を取りに行くのか?うらやましいのだあ」

315 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/12 15:02 ID:N8UVnK+b
D!!

316 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん :03/11/12 18:03 ID:qbdnJ6Y3
>>314
密かにキテルー(゚∀゚)
同じくDでおながいします

317 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/13 18:12 ID:OAFWzG2C
あげ

318 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/13 18:39 ID:r2DXHy1j
「氷の剣を取りに行くのか?うらやましいのだあ」
「え?何言ってるの透?」
あれ?この人間の女の子はどうして僕の名前を知ってるんだ?

「君は、どうして僕の名前を知ってるのだ?僕は、君にあったのは始めてなのだ」
「ど、どうしちゃったの透?もしかして、どこか打ち所が悪かったの?」
うーん、どうやら何か勘違いしてるみたいなのだ。

「とにかく、一度叔父さんがいるペンションに、戻りましょうよ」
「ペンション?なんなのだそれは?」
「ペンションぐらい解ってるでしょ!ほら、早く車に乗って!」
僕は彼女に引っ張られながら車に向かった。のだ。
車という言葉は、前にユ○アンと一緒に乗ったときめき(ryで理解したのだ。

「透。本当に、何も覚えてないの?」
覚えてないの…と言われても。僕は元々ゆきだる…
              ヽ i /
              ( m )
               l≡l
               `´  ピコリッ!!
              ∧_∧
            煤i´∀` )
             (    )
              l  |  |
             (_(__)
そうだ!思い出した!少しだが、思い出してきたのだ!
僕は
A 僕は木にぶつかって…それから…(>>109記憶喪失編)

B 「氷の剣は、ドラゴンルーラーが守ってるから、気をつけるのだ」
  この人が、殺される前に忠告できて、良かったのだ。

319 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/13 18:58 ID:r2DXHy1j
「氷の剣は、ドラゴンルーラーが守ってるから、気をつけるのだ」
この人が、殺される前に忠告できて、良かったのだ。

「…」
「おや?どうしたのだ、人間のおん…」
僕が、言い終わる前に彼女は、攻撃してきたのだ。
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          |  双龍破!   |
          \  ______/
            ヽ(
              ∧_∧
             ( ゚Д゚; )
             (    )
              l  |  |
             (_(__)
           

    /
 _/〆~<__________________
 ー―、____________________
   /~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
              ∧_∧     ガオオオオオオオオオオン!!
             (゚Д゚; )
      《<ユ━━⊂    >
              < <\\
    /        (_) (_)
 _/〆~<__________________
 ー―、____________________
   /~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「げふ!」
クリーンヒット。もろに、クリティカルダメージを、食らってしまったのだ。
「馬鹿な事ばかり言ってないで、早く、ペンションに行くわよ!」
「はい…。すいません。…なのだ」

車に乗りながら、彼女は、このすきーば…というところに、滑りに来たらしい。
彼女の名前は、真理という名前らしいのだ。
やっぱり、聞いた事がないのだ。
彼女と僕は、だいがく…という場所で、知り合ったらしいのだ。
難しい言葉ばかりで、僕はちんぷんかんぷんになってきたのだ。

「透。運転のやり方は、ちゃんと覚えてるじゃない。
それに、雪だるまがハンドルなんて握れると思う?
きっとゲームのやりすぎなのよ。すぐに、ちゃんとした記憶に戻るわよ」

うーん、たしかに僕の体は、ゆきだるまにしてはいささか格好が変なのだ。
僕は、本当にゆきだるまではないのだろうか?のだ。

「透…。いい加減その、のだって喋り方、どうにかならないの?」

320 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/13 19:14 ID:r2DXHy1j
「そんな事言われても。この喋り方は生まれつきなのだ」
「だから、全然違うんだってば!」
彼女、相当怒りっぽいのだ。カルシウム補給した方がいいのだ。

彼女とそんな事を話し続けてると、家が見えてきたのだ。

「ほら。あれが叔父さん達のいる、ペンションよ」
ペンションは家だったのだ。もっと、凄いところかと思ってたのだ。
彼女は先に降りて、すぐに家の中に入ってしまったのだ。
置いてくなんて酷いのだ。僕も、すぐに家の中に入ったのだ。

「え?じゃあ記憶喪失になってしまったと?」
入ったと同時に、そんな言葉が聞こえてきたのだ。

「いらっしゃい透君」
おや?どうやらこの男の人も、僕を知ってるみたいなのだ。
「誰なのだ?」
              ∧_∧
             (´∀` )
             (    )
              l  |  |
             (_(__)
              ∧_∧
             (´∀`;)
             (    )
              l  |  |
             (_(__)


な、なんなのだこの沈黙は?
「重症だな…」
「やっぱり透。どこか打ち所が悪かったんじゃ…」
「とにかく、もうすぐ夕食だし。部屋で休ませていた方がいいだろう」
なんだか、変な展開になってきたのだ…
とりあえず僕は

A 言われるままに、部屋でのんびりしてる事にしたのだ。

B 永久水晶を求めて、この家を探索する事にしたのだ。

C あ、スーファミなのだ!何かゲームは無いかな?なのだ。


321 :訂正:03/11/13 19:19 ID:r2DXHy1j
車に乗りながら、彼女は、このすきーば…というところに、滑りに来た事を、話してくれたのだ。
彼女の名前は、真理という名前らしいのだ。
やっぱり、聞いた事がないのだ。
彼女と僕は、だいがく…という場所で、知り合ったらしいのだ。
難しい言葉ばかりで、僕はちんぷんかんぷんになってきたのだ。

選択網選んでくれた後に反応できるかどうかちょっと不安
スクウェアな展開が嫌いな人は勝手に変えちゃってもいいです。

322 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/13 19:33 ID:u4tOwWny
関係ないけど「スマタニアのすまし汁」(だっけ?)の内容を誰か教えてください。

323 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/13 19:34 ID:u4tOwWny
それからCを選んだ場合「釜井達の夜編」ですか?

324 : ◆ozOtJW9BFA :03/11/13 19:36 ID:HUCBsEBi
ん?

325 : ◆ozOtJW9BFA :03/11/13 19:39 ID:HUCBsEBi
ファイナルレター

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
                /
               /
              /
             /
            /
           /
          /
         /
        /
       /
      /
     /
    /
   /
  /
 /
/______________________

326 :(・∀・):03/11/13 20:07 ID:TGf/Sxuu
                        _,,,,,;;;;;iii'llllll||||llliii;;,,,
                      ___,;;:|;;;lii;;;;;;;;;;;;;;;i;!!;;il||||li;;;;、
              .        i;;llli;;;!li;||||||li;;i;;!;i;;i!;;;||||||||lii;ミ-
         .             |;;;|||||〉=''''''":ヽ|iil;;l!i;||'=`'l||;l
                      .li;l;;l|i||i . __,.:,=|l'l||i||ll!_ィ )|;/
                      !|!`l'~lii(・∀・)´! '||||!''-シl|;;l
                      ' _/..ノ''| _  ノ |||/:::|´:ヽ|
                      /.../-, `'、... --' .!´::/:::::::::|
                  ,---''ミニ`/:/  ヽ.. :::_,- __,..-'::'`iヽ
                  / ;...;::::/./.ィノ    >''i''`-'´::::::;;:;;;:::);;;;;i;;;;;、___
                  ノ :(_,...イl_//   // l ::::i-:: . . .:::::/;;;;;;;;i!;;;;;;;;;;;`;;-;;,,,___
                /  .::::':::::::.ノ   // ,! .::::i!-::...__;i/;;;;;;;;;;_,>::::::::::::::::::_,--::::ミ;
              /l''`、___-':::i-'´_,...,-;i' .,_i_ . ,-,_::::::|:::._/;;/`:::<::::::::::::::::::/:::::;;;;;;;;;;;;;;i
             /::::ヽ ::::: ̄ン'::::::/:::::'-:..i;;,`_/::l:`,,.._/;;;;/::::::::::::::::>:::::::::/:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
            /:::::::::::;;;;、:: ノ:::::;;;;i;;::::/___::/--,::::/''|i|||||!::::::::::::::/:::::::::::::i:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
           /:::::::::::;;;;;;;;;;;-;i!;'i;;;;;;,i;;/;ノy::`-)':':::t-'::::|||l/::::::::::::/::::::::::::::::i::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          /::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉;/;;:|:::`ィili:::.-l::::!,|l--'||!:::::::::::/:::::::::::::::::;;'::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
         /:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;l!;;;;::|::::l||;;;Y:::〉-||!!;;;;;/::::::::::/::::::::::::::::;;;、;|:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
        /:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;l!;;;::::l::::||!!!i|-'|!!';;;;;;;;;;l::::::::::/::::::::::::::::::::;;;;;;l!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
┌‐────┐:::::::;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;|!;;:::::l:::::||;;;;l;'',.、;;;;;;;;;;;;|:::::::ノ::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;l!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
│ イイ!!ルギ |::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;l!;;;;;;;;;;:::_,-ィ::::::::l:::||;;;;|!;;-';;;;;;;;;;;l':::::/::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l,
├───‐┴────────────────────────―――――
イイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

327 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/13 21:42 ID:JN+E+QoG
保守

328 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/14 00:26 ID:mY+EjY+a
じゃあCにしてみよう。

329 :p5001-ipad11gifu.gifu.ocn.ne.jp:03/11/14 19:21 ID:X9+/Xv26


330 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん :03/11/15 09:36 ID:O02q7KkE
元ネタがあるんですか?
>318-320

331 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/16 00:46 ID:X+0TBgfh
同じスーファミゲームのロマサガですな

332 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん :03/11/16 08:26 ID:6TBdhbig
>>331
ほう。ありがとう(・∀・)

333 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/16 23:16 ID:Y4snv9Pl
BとCは激しくバッドエンドの予感がするなw

334 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/17 12:11 ID:iPpT21hC
>>333
激しく同意

335 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/20 18:55 ID:zqyRW362
このスレに活気がなくなってきたと思う今日この頃・・・

336 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/22 09:40 ID:0LNHMgC+
sage

337 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/23 16:06 ID:SjlZbRya
age

338 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/24 20:48 ID:CaFsTq1p
>>337
メール欄にageと書いている
アホキター(゚∀゚)ーーーーーーー

339 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん :03/11/24 22:36 ID:kk3EevR0
>>338
どこらへんがアホなのか説明していただきたい

340 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/25 03:39 ID:VDS8R5Mu
>>339
お尻の穴あたりだと思われ

341 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/25 15:57 ID:1WOJf6wC
C あ、スーファミなのだ!何かゲームは無いかな?なのだ。

「そこの女…じゃなくて真理、何かゲームソフトは持ってないか?なのだ」
「透!?ホントどうしたの!?突然、氷の剣だとかドラゴンだとか…こんなところにゲームなんて持ってきてるわけないでしょ!」
              ∧_∧
              (`∀´ )
             (    )
              l  |  |
             (_(__)
「おかしいのはそっちの方なのだ! 僕は何にも変わってないのだ!」
「もう・・・透の馬鹿!」
そう言って彼女はどたどたと豚みたいな足取りで2階に上がっていってしまったのだ。
何か悪いことをしてしまったかもしれないのだ…どうしよう…なのだ

A 『彼女に謝りにいくのだ!』僕はゆっくりと階段に向かったのだ
B 『ムカつくのだ!!! 殺すのだ!!』懐にあったサバイバルナイフを取り出すのだ
C 『そんなことよりゲームがやりたいのだ』小林という人にゲームソフトがあるかどうか尋ねるのだ

342 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/25 17:25 ID:aUde7NjI
敢えてA

343 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん :03/11/25 17:34 ID:KB5ySU8o
無難なとこでC

344 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/26 00:58 ID:OD27p9zO
じゃぁ、俺もA

345 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/26 02:00 ID:37hUc1Sd
C

346 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん :03/11/26 13:02 ID:vnd81s4E
B選びたいけど・・・C

347 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/26 13:41 ID:guclVGXM
    /    めざせ        /      ゙i,  ヽ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    j       世界一     ,ィ/       |  | < 私はムスカ大佐だ。テレビ朝日により新企画が予定されている。
    lィ'             ,ィ/j/          | iリ  | 緊急事態につき、私が指揮を執る。
   |         /l /          '"` | j   | ラピュタ王の素晴らしい名を世間に轟かせてやるときが来た。
   リ!      /,ノ           _,、-''''` /リ   |  まずはこのサイトにアクセスしたまえ。
     |   _.._ l/   ,.--;==ミ 、 ___,.ノ /{.○-゙‐rV   |   http://www.tv-asahi.co.jp/best/top.html
    ヽ,/`ヽヽト、 ´  {,.○-`‐‐ 、,.-ト|    ,ノ   | 諸君もこの「もう一度見たいアニメ名場面」に
     ∧  ゙i,   `ヽ,r'´      ノ.  ゙、--‐''´|   | 私の名、ロ=ムスカ=パロ=ウル=ラピュタを投票してくれたまえ。
   ,,.く  ヽ   ゙i     ヽ、 __,,、-'"     〉   /   | 有名なあの名場面を世間の子供達に見せてあげようではないか。
ハ'´  |  ゙i   |           ' '     iヽ'" ̄ |  
゙、゙i,_r'シニZ`ー┬ト'i       _____ ,  |  \ | ムスカ復活祭が今、まさに始まろうとしているのだ。
   _゙V  ヽ,.レ''ヽヽ     `ー─''''"´   /    |  
 /./ ヽ/     ,」ヽ     __,,、-─‐-、j     |  そこで、このスレッドを見ている君達にお願いがある。
  / r'´  --‐‐'''"´ ヽ \   (.r‐'''""゙゙`ヽ,`)    |  この書込を見た諸君は、ぜひ他のスレッドに転載してほしい。
  l .|     __,,、--`ヽ \ ___ヽ     /´|     |  ラピュタ王の名声をぜひ広めてくれたまえ。以上だ。 
 j |           ,⊥`ー 、 ゙!    レ' |     |
 |  |        -‐''"´   ヽ、⊥ヽ|    |彡'|


ついでに文章もムスカらしい文面に書き換えてみた。
これは少しばかりのお礼だ。とっておきたまえ。

ついでに3月14日はラピュタの日だ。





348 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/26 17:09 ID:C+qO6uBX
C 『そんなことよりゲームがやりたいのだ』小林という人にゲームソフトがあるかどうか尋ねるのだ

「そこのおじさん、ファミコンがあるということはゲームもあるか?なのだ」
「と、透君…」
小林という人も何故か困惑してるみたいなのだ。僕は変になったわけでもないし記憶喪失にもなってないのだ…
「透君。どうしてしまったんだ?さっき真理が『記憶喪失になったみたい』と言ってたが…」
「だ・か・ら! 僕は何も変わってないのだ! ムキー」
「しかしだな…いつもの透君は…」
本当に頭の切れないやつなのだ!僕は僕なのだ!
よってたかって僕を変人扱いしてるのだ。
「もういいのだ。勝手にソフト探すのだ」
「あ…」
小林という人の方がおかしいのだ。
そんなことよりゲームをやりたいのだ。こんな人にかまってる時間もないのだ。



小一時間ほど探して見付かったゲームソフトはたったの3つ。どれをやろうかなのだ…

A かまいたちの夜
B 弟切草
C 脱衣麻雀ゲーム

349 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/26 17:34 ID:37hUc1Sd
何か違う・・・が、Bで

350 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/26 17:46 ID:S/VW7Kao
ファミコンじゃなくてスーファミの間違いじゃぁ…と思いつつCで

351 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/26 18:25 ID:C+qO6uBX
>ファミコンじゃなくてスーファミの間違いじゃぁ
そのとおりです_| ̄|〇

352 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん :03/11/26 18:33 ID:Xn0aJsGd
>>348
同じくCでおながいしまし

353 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん :03/11/28 18:20 ID:seaWOw0v
閑散・・・

354 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/30 20:30 ID:6zJSLmRn
保守

355 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/11/30 23:24 ID:rFQZhDux
俺もCにして欲しいです。

356 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/01 21:55 ID:jCCrIioY
保守


357 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/02 18:23 ID:CHMT3uxe
D エロゲー

358 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/05 15:57 ID:YwhdtOhp
D エロゲー

僕は近くにパソコンがあることに気づいた
「おーPCやらせてもらいますね」
「ああ、かまわないよ ただし壊すなよ?」
小林に承諾を得たので
さっそく最初から入ってるクソゲームをやることにする

「ん〜プログラムファイルを開いて〜…・
    

     えっ・・・                    」
なんとプログラムファイルには隠されてないエロゲーのショートカットが沢山あった

僕はもともとエロゲイヤーなので
早速ソフトを選ぶ

「ん〜何がいいかな?」

A 痴漢ゲームヤリながら、真理の尻オさわりしちゃうぞ〜

B 陵辱ゲームのように真理を調教したくなってきた

C 僕はロリコンだ!!ロリゲーを迷わず選んだ!!


 

359 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/05 17:18 ID:zgQltw78
何だか全然違うなぁ…。

360 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/05 18:00 ID:YwhdtOhp
すみません。
だって誰も書かないんだもん。
書いてよー・・

361 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/05 18:42 ID:ayDsNsVV
取り敢えず、語尾に「なのだ」とか「のだ」を付けるのだ。

362 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/05 19:30 ID:YwhdtOhp
ゆきだるまみたいに?wwwwww
誰かかかないかなー??

363 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/05 22:40 ID:4cBrSMs+
とりあえず待て

364 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/06 17:37 ID:4kMxP0Dt
C 脱衣麻雀ゲーム

「とりあえず脱衣麻雀ゲームをするのだ。脱衣は漢の浪漫なのだ!」
僕がそう宣言するのを聞いて小林という人がなんだか可哀想な人を見るような
目つきでこっちを見ているのだ。
「見世物ではないのだ!あっちへ行くのだ!!」
ちょっときつく言ってやると小林という人は逃げるように奥へ消えていったのだ。
(もう戻ってくるななのだ( ゚д゚)、ペッ )
心の中で小林という人に唾を吐きかけつつ僕はゲームの電源を入れたのだ。

          ロ マ ン シ ン グ サ ガ 3

…なんだかとても懐かしいタイトルがTV画面に映っているのだ。
「これ脱衣ゲーじゃないのだ!よく見ると脱衣ゲーのシールをカセットに貼ってるだけなのだ!
騙されたのだ。あの小林とかいう親父、人が記憶喪失なのをいい事にこんな手の込んだイタズラするなんて許せないのだ!」
僕は…


A 何事もなかったかのようにロマンシングサガ3をするのだ
B 怒りに任せてこのペンションに火をつけてやるのだ
C あの小林とかいう親父でリアル脱衣ゲーをするのだ

書いてみた・・・ダメ?

365 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/06 18:28 ID:yMdeTxle
悪くないがAAを入れてくれ・・・。
一応Aで

366 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/06 19:29 ID:eo4tlk6C
絶対Cなのだ

367 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/06 20:02 ID:fLKjCdg+
じゃあBで行くのだ。バッドエンドなのだ。

368 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/06 20:08 ID:eo4tlk6C
今後このスレへの書き込みは全部なのだ口調にするのだ

369 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん :03/12/06 21:58 ID:pc/uJ2YN
>>368
分かったのだ
Cでおねがいなもだ

370 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/07 09:04 ID:vff+81Cy
Aしかない
A、1000%

371 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/07 09:23 ID:QXjsjEPh
分かったのだ。
Aがいいのだ。

372 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/09 12:36 ID:FMHIYxe5
D あの真理という女でリアル脱衣ゲーをするのだ

…だめ?

373 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/09 17:44 ID:1UnhZBPx
勝手に作っちゃダメなのだ。取り敢えずAで行くのだ。

374 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/09 18:51 ID:Zv/JYFU6
早く汁!!!!!!!!!!!!!!!!
まてんわ誰か書け

375 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/09 20:10 ID:70zSfjKN
おちつけそれとsage

376 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/11 13:39 ID:4JpHnW1g
A 何事もなかったかのようにロマシングサガ3をするのだ

「ん?セーブファイルがいっぱいなのだ、全部消すのだ」
僕はセーブファイルを全て消去した。
「うわあぁぁああぁぁああああ!!何をしてるんだ透くん!!」
奥のほうへ行っていたはずの小林という人がいつの間にか背後にたっていたのだ。
「うるさいのだ!あっちへいって料理でもつくってるのだ!」
「あぁ・・・後はぞうの槍レベルをMAXにするだけだったのに・・・」
なにやらブツブツいってるのだ・・気持ち悪いのだ
「俺のプレイ時間を返せぇえええ!!」
                   _ _
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:,
         , -'' ̄    __――=',
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'"_____    フッ
       /   ノ          /       =―_
      /  , イ )         /  / ̄ =―_  透\
      /   _, \         | || /  彡   /     \
      |  / \  `、        | / | |      / /( 、A , )| |    甘いッ!
      j  /  ヽ  |       // | |      | |  ∨ ̄∨| | 彡
    / ノ   {  |      //  | |      U       U
   / /     | (_     //   | |
  `、_〉      ー‐‐`    U    U


「気色悪いおっさんめ・・迷わず成仏するのだ!」

377 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/11 13:42 ID:4JpHnW1g
そう言って僕の体は∞を描きはじめた

               ゜ヾ´      ″
     マックノーウチ !   =―≡ ̄`:∵∧_∧´‘
          _  Λ_≡―=', (    )∴∵゛、゜¨
        , ≡ ) (´∀` r⌒)  _/ / ̄    _
      ´∴‘≡く / ∧   | y'⌒  ⌒ ヽ _Λ(  ≡―=‥、,、
     ″″    \/  Λ_|  /小林 || ´∀`)`=―≡―∞
     “         (´∀ー' |   |ヾノ   //
             =―≡ ̄`:, | ,  | ( ̄=―≒‥,,
         ,゛“=―≡―=',/  ノ )∵`=≡―=
                ∴/´/ / |  | ,'ゞ       マックノーウチ !
              ゛〃/ / / \|  |   ヾ
                /(  |  (  |
               /  |  |  |\ \
              / / |  |   | ヽ/⌒〉
             (_  「 _) (_〈_/

「でっ・・デンプシー・・ゲフッ」
僕はおっさんの亡骸をぺんしょんの外に投げ捨て
再びロマシングサガを再開した。


どなたか続きおながい(;´д`)
とりあえずロマサガやめさせないことには話が進まない気が。

378 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/11 17:47 ID:qRPka5EI
突然、真理から攻撃を受けた。
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          |  双龍破!   |
          \  ______/
            ヽ(
              ∧_∧
             ( ゚Д゚; )
             (    )
              l  |  |
             (_(__)
           

    /
 _/〆~<__________________
 ー―、____________________
   /~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
              ∧_∧     ガオオオオオオオオオオン!!
             (゚Д゚; )
      《<ユ━━⊂    >
              < <\\
    /        (_) (_)
 _/〆~<__________________
 ー―、____________________
   /~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「ひでぶ!」
またもやクリーンヒット。もろに、クリティカルダメージを、食らってしまったのだ。
見切り技なんてないのだ。
「馬鹿な事ばかりやってないで、じっとしてなさい!」
「はい…。すいません。…なのだ」
そこで、考えた。

Aじっとしてる
B真理の尻に頬擦りする
C再度ロマサガ3をやる

379 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/11 18:14 ID:rSt++ZGn
Bに一億%%

380 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/11 21:34 ID:N6fvnPJh
Bがいいかと

381 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/11 21:49 ID:rSt++ZGn
Bを早くかくのだ

382 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/11 22:15 ID:qRPka5EI
頬擦りしている絵が描けないのだ。

383 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/11 22:24 ID:qRPka5EI
B 真理の尻に頬擦りする

僕は真理を追いかけ、両手で腰を掴み、顔を押し付けスリスリした。
その瞬間
           ブォァァァァァァッァァッァァァ从从"、; 从
               _ー ̄_ ̄从从’, 从"((; 从从")) 从))
          ∧ --_- ― = ̄  ̄从从.∴((;".从从.%; )))人
         , -'' ̄  = __――=',((;".从从;.%;"))>从从))
        /  _-―  ̄=_从,,)`ノ 从从'''从从)) ;;  )  ))
       /   ノ  ̄ ̄=_  ` (:: ::人:::人从::::((:: ::人人)) )
      /  , イ )        ̄=(("((; 从从")) ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \             (:: ::人:::/, ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

「何すんのよ。いくらおかしいからって限度があるわよ」
「へぐぅぐひゃ」雪だるまに顔面攻撃はないのだ。顔が崩れるのだ。
何発喰らったであろうか?僕は意識がもうろうとしている中ある人物に会った
そう、それは1年前に死んだおばあちゃんだ、おばあちゃんに会えるなんて感激だ、
お婆ちゃんが僕に手招きして呼んでいる、そうだね僕もそっちに逝こうかな・・・

逝こうとすると僕の耳元でなにか聞こえた、しかもドカン!バキンと音付きで
「透!!!起きないともっと酷い目見るわよ!!!」
「!!!!!!!!!」
その声に反応した僕の体が動いた、もしかして臨死体験をしたのか?
「な、なぜ僕がこんな目に遭うのだ?僕が何かしたのか?ただ美味しそうな
丸いものがあって、それに頬擦りしただけではないか、なのだ」  

384 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/11 22:28 ID:qRPka5EI
「そんなおかしなこと言ってると、簀巻きにして食べるわよ」
「ご、ごめんなさいなのだ」
「今度やったら、殺すからね」
「わかりました、なのだ」

この女は怖い。4魔貴族よりも強いかもしれない。そうだ、眠っている隙に
復讐するのだ。

ふと談話室を見ると、槍を持って馬に乗った怖い人がいるのだ。
僕は、

A先手必勝!無双三段を出した
Bよく見るとフツーのオッサンだった。
Cハッと気づくと、僕はゲレンデにいた。

もう無理ぽ。続きおながい

385 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/11 22:30 ID:rSt++ZGn
A、しかねえだろ
A 10億%

386 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/11 22:56 ID:DUw2wk4z
B
で行ってみる。Cは最初に戻りそうな悪寒。

387 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/11 23:06 ID:qRPka5EI
A先手必勝!無双三段を出した。

!!!!!!!!!!
ふと気づくと、真理にボコられていた。

     ∧∧
\\\(#゚ー゚) アンタ、調子に乗り過ぎなのよ!!!
   (⌒   ⌒\
    \ ヽ  / /
    ( (m )⌒∴.
 ミヘボゴッ。A。 )つ
 (ヽ_ノゝ∨ ∨ゲボファッ

「ご、ごめんなさいなのだ、ぐふぅ、ひぎぃ」
「今度という今度は許さないんだから」
「ま、真理ちゃん、もうそないなところでええやろ。それでは死んでしまうがな」
と馬に乗った人が言っている。よく見るとただのオッサンだった。
「こんなアフォは死んだ方がいいんです。」

ああ、なんなのだ、この感覚は。とても変な感じなのだ。
体の中心が熱いのだ。ふと見ると、真理の顔が悪鬼の形相になっていた。
「この犯罪者が〜」
「あべし」
うう、これでは死んでしまう、そこで僕は

A 真理にひれ伏した
B 永久水晶を使って、ペンションを雪山に閉じ込めた
C ザ・ワールドで時を止めた

388 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/11 23:10 ID:N6fvnPJh
チャンネルBB

389 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/11 23:19 ID:rSt++ZGn
CCレモンのC、5億%

390 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/11 23:39 ID:DUw2wk4z
〜のだ口調じゃなくなってきてる…けどAで

391 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/11 23:49 ID:rSt++ZGn
Cなのだ!!!!!!!
Cに1億オーラムなのだ!!!

392 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/12 01:02 ID:PQeB71kO
続きおながいします。やはり小説を書くのはむずかしいですね。

393 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/13 03:11 ID:vOYPh8QJ
誰でもいいから続きおながい。

394 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/13 09:48 ID:JlQw6YMW
Cに5億chinko

395 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/13 11:23 ID:JlQw6YMW
C ザ・ワールド

「おらおらおらおら!!!」
真理に永遠と殴られ続ける・・・
このままでは僕は死んでしまう・・・!!!
こうなったら僕の最終奥義!!
いくぞ〜
「おらああああああ真理!!
 時よとまれ!!ザ・ワールド!!!」
ズゥゥゥン
(え・・何?動かないわ)←真理

ふーおーし、「 ふ く し ゅ う だ ! ! 」

手始めに僕は真理の・・

A おっぱいを揉みはじめた

B 腹に一発、力を込めたパンチ!!

C 何するか迷う

396 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/13 11:25 ID:USX7sFjN
市んだ。

397 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/13 11:30 ID:JlQw6YMW
市んだって・・
かけよ・・誰でもいいからさ
つまらなくてもいいからさ書こうよ!!
最近すごくつまらなくなってきたと思う。
みんな書こう!!

398 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/13 11:48 ID:A1cngOgc
AAも入ってないし〜のだ口調でもなくなってる…。

399 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/13 13:10 ID:vOYPh8QJ
C ザ・ワールドで時を止めた
;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;|\\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;|  \|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;| ゚_゚|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;_|ノ Д|____;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/|_|\_0/ |__|ヽ ドドドドドドドドド;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ヽヽヽ    |__| );;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;| |__|   |__| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/ |__|  |__| \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ヒv|__|__|__|\/\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;/ \/ \ヽ_\ /ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;|  \ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;ヽk );;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;/\ゝ|\;;;;____    __;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;|= L=w=G || \   \. ̄|   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;ノノ ・∀・) || | ̄ ̄||: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;┌(  つ/ ̄||/  ̄ ̄/ |=|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;| ヽ |二二二」二二二二二二二二」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;; ̄]|__);;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;/ ̄\;;;;;/  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;◎;;;;;;;;;◎[__」;;;;;;;;;;;;;;;;;;[__」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ザ・ワールド!時よ止まれッ!
\_____________

 僕は真理から逃れ、下着姿にしてベッドの四隅に手足をくくり
つけたのだ。これで、この女は放置しても大丈夫なのだ。時が
動き出す前に、アラケスを倒すのだ。カヤマとか言っていたが、
空耳だろう。
 僕は、カヤマというオッサンをタコ殴りにして、ペンションの外に
放置したのだ。
 それから、談話室に戻って、
A ロマサガを再開した
B 「夕食はまだか、なのだ」と催促した
C じっとしていることにした

400 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/13 13:22 ID:yyc65lkB
B.話を進めないと

401 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん :03/12/13 15:57 ID:M5xz8RET
>>397-398
文句言うんだったら自分で書いてみろ
399は同じくBで

402 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/13 16:09 ID:3s033PSy
B 「夕食はまだか、なのだ」と催促した

              ∧_∧
             (´∀` )<夕食はまだか、なのだ
             (    )
              l  |  |
             (_(__)

と催促してみたが、すでに周りには誰も居なく返事は返ってこなかった。
仕方がないので、

A 自分で夕食を作ることにするのだ
B 真理を起こして夕食作らせるのだ
C 夕食は諦めてペンションの中を散歩するのだ

403 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/13 18:04 ID:D6NamfYe
B「夕食はまだか、なのだ」と催促した

  ∧_∧
  (;´∀`) <ゴハンはまだなのだ?
  (    . )
  |  | |
 . (_)_)




いつになっても夕食は出てこないのだ。ここのコックさんはだれなのだ。
あの小林という人がコックなわけないのだ。あんなアホ面に作れるわけがないのだ。
きっとあの人の奥さんがどっかにいるはずなのだ。とりあえず厨房に行ってみるのだ。

           ___
    ∧_∧    . |    .|
    (;´∀`)   |  .   |
    (    . )   |   O.|
:::::  |  | |   . .|___|
::::: . (_)_)
    へ_____
   |ここが厨房?|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
厨房だと思われる場所は固く扉に閉ざされていたのだ。鍵もかかってる。
中には人の気配があるようなきがするのだ…
とりあえずノックをするのだ。
コンコン
「だれかいますかなのだーお腹が減ってどうにもならないのだ!」

やっぱり返事はないのだ。これは居留守なのだ。セコイのだ。
これは許せないのだ。客をほっといて自分だけいいものを食べようとしてるのだ。
どうしよう…

A 扉をぶち破るのだ(ショットガンで)
B ノックで扉を破壊するのだ
C かめはめ波を打つのだ
D そんなことより真理はどうしてるのだ…

404 :403:03/12/13 18:05 ID:D6NamfYe
かぶった_| ̄|〇
>>403は無視の方向でおながいします(´・ω・`;

405 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/13 23:09 ID:6gO9rkO+
A


406 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/14 23:48 ID:vqx1eFal
Aに5億chinko

407 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/15 06:09 ID:BQ8196KU
A 自分で夕食を作ることにするのだ

 と思ったが、作るも何も雪だるまなんだから雪を食えばいいのだ。
 外に出て、たらふく食ってきたのだ。
  ∧_∧ 
 ( ´∀`) <食った食ったなのだ
 (    )
 | | |
 (__)_)

 しかし、それにしては満腹感がないのだ。やはり僕は雪だるま
 ではないのだろうか、なのだ。誰かに作らせよう、と僕は思ったのだ。
 僕は談話室で丼を激しくぶっ叩いたのだ。

     ☆ ドカン
 ☆ ドカン 〃 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ ___\(\´∀`)< さっさとメシ作るのだ!!!
      \_/⊂ ⊂_)_ \____________
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   |            .|/

 すると、どこかでドアの開く音がしたのだ。ふと上を見ると

A OL3人組だったのだ
B 般若の形相の小林さんだったのだ
C レトルトカレーの袋が降ってきたのだ

408 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/15 16:25 ID:ZM3G+e8C


409 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/15 17:22 ID:hMdN/kGP
んじゃCで

410 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/15 17:55 ID:BQ8196KU
C レトルトカレーの袋が降ってきたのだ

「何なのだこれは?何かタプタプしているがこれでどうしろというのか、なのだ。
 意味不明なのだ。意地でも誰かに作らせるのだ。」

  ∧_∧  ?
 ( ´∀`) 
 (    つ□タプタプ
 | | |
 (__)_)

 僕は再度、騒音をかきならしたのだ。
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          スコココバシッスコバドドドンスコバンスコ 
            从 `ヾ/゛/'  "\' /".    
        ≡≪≡ゞシ彡 ∧_∧ 〃ミ≡从≡=
.          '=巛≡从ミ.(´∀`# )彡/ノ≡》〉≡
.         ゛=!|l|》リnl⌒!I⌒I⌒I⌒Iツ从=≡|l≫,゙  
          《 l|!|!l!'~'⌒^⌒(⌒)⌒^~~~ヾ!|l!|l;"
.          "l|l|(( (〇) ))(( (〇) ))|l|》;
           `へヾ―-―    ―-― .へヾ
          ドドドドドドドドドドドドドドドドドドド
 すると、
A 台所の方から「ご飯よ〜」という声が聞こえたのだ
B アラケスの本体が憤怒の形相で現れたのだ
C 騒音でペンションの2階が崩れたのだ

411 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/15 18:05 ID:ZM3G+e8C


412 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/15 18:17 ID:hEceevSg
Aですな


413 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/15 18:21 ID:BQ8196KU
A 台所の方から「ご飯よ〜」という声が聞こえたのだ

              ∧_∧       >ご飯よ〜
            煤i´∀` )
             (    )
              l  |  |
             (_(__)

僕はすぐに食堂に行ったのだ。行ってみると、皿の上に山盛りになった
白いものがあったのだ。「そこの人、これは何なのか、なのだ」と尋ねたら
今日子おばさんという人が、「ああ、あなたの大好物、雪よ」と言った。
 「雪じゃ満腹にならないのだ。もっと他のものを食べさせるのだ」と僕は
喚いた。すると、槍技の構えを見せてきたので、
             
                        ∧∧
メシ作れオラオラ ∧_∧  ≡○⊂≡ /中\ 夫を帰せアル
オラオラオラオラオラ( ´∀`)≡ ○⊂ ≡(`ハ´; )シナシナシナシナ
オラオラオラオラオラ( 三≡○ ≡○⊂≡⊂≡三  )シナシナシナシナ
オラオラオラオラオラ  Y  ≡○⊂≡   Y  人 シナシナシナシナ…
          (_) し…      (_(__)
        
 連打で反撃した。そして、
A 時を止めたのだ
B ハッと気づくと再起不能になっていたのだ。
C 再度、ドンブリ叩きを始めたのだ

414 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/15 19:10 ID:0lpfGdnL
Aだね
ザ・ワールドッ!!

415 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/15 19:40 ID:BQ8196KU
A 時を止めたのだ
;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;|\\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;|  \|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;| ゚_゚|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;_|ノ Д|____;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/|_|\_0/ |__|ヽ ドドドドドドドドド;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ヽヽヽ    |__| );;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;| |__|   |__| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/ |__|  |__| \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ヒv|__|__|__|\/\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;/ \/ \ヽ_\ /ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;|  \ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;ヽk );;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;/\ゝ|\;;;;____    __;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;|= L=w=G || \   \. ̄|   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;ノノ ・∀・) || | ̄ ̄||: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;┌(  つ/ ̄||/  ̄ ̄/ |=|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;| ヽ |二二二」二二二二二二二二」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;; ̄]|__);;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;/ ̄\;;;;;/  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;◎;;;;;;;;;◎[__」;;;;;;;;;;;;;;;;;;[__」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ザ・ワールド!時よ止まれッ!
\_____________
 時の止まっている間におばさんを再起不能にし、竜槍ゲイボルグを持って、
2階に行ったのだ。そして、時が動き出した瞬間、
「あ〜〜〜〜〜〜〜いやいやいやいや、飯作らないとこのペンション壊すのだ」
と叫んだ。すると
A アラケスの本体が現れたのだ
B 炎のマントをまとった小林さんが現れたのだ
C メイルシュトロームをくらったのだ。

416 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/15 20:02 ID:ZM3G+e8C


417 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/15 20:39 ID:0lpfGdnL
Bかな
うわっちぃ

418 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/15 20:49 ID:hMdN/kGP
なんか面白い
Bで

419 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/15 21:03 ID:BQ8196KU
B 炎のマントをまとった小林さんが現れたのだ
          )\
       <⌒ヽ ヽ_
       ∠( ´ー`)/  フハハハハハ このアウナスを見縊ってもらっては困る
         ) >/⌒ヽ
          〈 /   ,〈
    ___ノ     / ヽ
    \  ^) ⌒      \
     ⌒)^)ノ^   } 〈  (^
       ^⌒)/ / 」 (^
          ⌒⌒⌒⌒
(; ´∀`) 「こ、これは困ったのだ。永久水晶を、だ、駄目なのだ。僕が
     死んでしまうのだ。仕方ない、奥の手、モナービームだ。」


モモモモモモモモモ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
モ モモ∧∧モ  _/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
モモ(......´∀)つ オマエモナービーム;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
モモ(     つ\ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
モ //〉 〉  \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
モ(__)(__)モ  \__________________

すると、
A 小林=アウナスは死んで、素の小林さんになったのだ
B 後ろから黄龍剣を2発くらって、重傷になったのだ
C 俊夫さんが火病(ファビョーン)を後ろからしてきたのだ


420 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/15 21:10 ID:ZM3G+e8C


421 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/15 22:42 ID:BQ8196KU
C 俊夫さんが火病(ファビョーン)を後ろからしてきたのだ

        \,;⌒ヾ/
  ドッカー―((::;;:::;;))――ン!!
           / |l!i|ヾ
          |!il|  
 .        ∧_∧
        ∩#`Д´>) ファビョーーーーン
        ヽ    ノ  調子に乗るなニダ
         (,,フ .ノ
           .レ'

(; ´∀`)「う、うわ、弱ったなのだ。そ、そうだ、キムチがあったっけ。
      俊夫さん、これで勘弁してほしいのだ。」
<  `Д´> 「よーし、よし。それならいいだろう。透君、君は将軍様から表彰される
      だろう」
そして、俊夫さんは1階に降りていったのだ。僕も降りるのだ。玄関の方から
「こんにちは」という声がした。そこにいたのは、

A 山男風の人、美樹本さんだったのだ
B 雪だるまだったのだ
C 奇抜な格好をしたオカマ、田中さんだったのだ

422 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/15 22:47 ID:hMdN/kGP
Cで行ってみる

423 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/15 22:53 ID:BQ8196KU
C 奇抜な格好をしたオカマ、田中さんだったのだ。
 こんにちは、田中です。オホホホホ
―――y―――――――――――――――――――――
  ∧w∧
  ミ,, ゚д゚彡
  (| y |) 
 〜|===|
   し`J

 (; ´∀`)「うわ、なんでこんなところにオカマが来るのだ。」
 田中「ちょっと、そこのキミ、何か食べ物ないかしら?」
 (; ´∀`)「雪がたくさんあるのだ。それを食べる、げふぅ」
僕は、田中の衝撃波に吹っ飛んでいたのだ。
 (; ´∀`)「な、何するのだ。」
 田中「そんなもん食えるわけないでしょ。あら、レトルトカレーがあるじゃないの。
    ちょっと作ってくるわ」
 すると、田中さんは台所にダッシュしていった。そして、僕は痛む頬をさすりながら、

A 田中さんの後を追ったのだ
B 真理の様子を見に行ったのだ
C 地下室に行ってみたのだ


424 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/15 23:56 ID:ArS4OdeK
B NANODA!!

425 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/16 19:29 ID:vl00RSJh
誰か続き書くのだ。

426 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/16 19:43 ID:/guWmzXa
B 真理の様子を見に行ったのだ

( ´∀`)「真理!何所だ!返事をしてくれ!」
田中「真理ちゃんを探しているの?」
(;´∀`)「あんた真理が何所に居るのか知ってるのか?教えてくれ!」
田中「雪を喰えだなんて酷い事言っておいてただで教えるわけ無いでしょ」
(;´∀`)「・・・!」
田中「オカマが美少年に求めることってなんだと思う?」
. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::: A 「最初から身体が目当てだったのか?」
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::: B 「何だ?真理の為ならどんな要求でも呑んでやるよ!」
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: ::::: C 「お前の助けなど要らん。自分で探すよ」
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

427 :(ёдё):03/12/16 20:42 ID:c977hOzR
すいません ライフライン使わせて下さい!

428 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/16 21:08 ID:SMG8I5kG
Bで(゚∀。)アヒャ

429 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/16 22:10 ID:vl00RSJh
C なのだ。

430 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/16 22:53 ID:JJnqlvc0
Aなのだなのだ


431 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/16 22:54 ID:Mf+BDZuR
ん〜と、Aでいk

432 :(ё∀ё):03/12/16 23:58 ID:Ov1Csk7l
みのさんの顔をみつめ・・・・
いっいや、観察してきめる

433 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/17 00:01 ID:4y1c7YY0
A 「最初から身体が目当てだったのか?」

(;´∀`)「最初から体が目当てだったのか、のだ?」

田中「当然よ それじゃ、とりあえず…コレ」

そう言って変なオカマは、妙な虫を取り出したのだ

田中「君はコレで悪魔になるの」

(;´∀`)「微妙にゲームが違うと思うのだ」

仕方が無いので僕は

A 妙な虫を踊り食いして悪魔になってみる

B オカマに妙な虫を飲ませる

C とりあえず踊る

434 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/17 15:52 ID:hjQBj+bG


435 :sage:03/12/17 17:51 ID:n/2EDkCk
B


436 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/17 19:02 ID:nBRl9OmT
んじゃBで

437 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/18 17:11 ID:rQ16iFiS
part1から居るし何度か書いた事あるんだが・・・
確かに最近つまらなくなってきてると思う。
やっぱ書けばいいって事じゃないんだよね、
素人がただ書いても面白くない。
小説読みまくったりサウンドノベルやりまくったりして文才を磨こう
多分このスレにもう職人さんは戻ってこないと思う、
それなら自分が職人になればいいんだ。

意味不明文章でスマソ
だが、このままではだめぽ

438 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/18 18:45 ID:u0iga6N7
>>437
 時間がないんだから、文才磨いている暇なんてない。文句あるなら、
 あなたが書けばいいではないですか。それだけ言うなら、文才があるの
 でしょう?つまらないのは書いている私も自覚してますよ。批判するのですから、
 書いてみてくださいよ。

439 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/20 06:39 ID:iqcX5JuA
保守

440 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/22 12:35 ID:E5Y/Mtid
保守

441 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/22 12:56 ID:VMvxUBRw
  \     毛       /
  腿  \_  |   _/
          彡彡彡
          ミミミミ クリトリス
         ミミミミ / ̄ ̄ ̄ ̄
         ノ σ ヽ 尿道
       / / ゜ヽ ̄ ̄ ̄ ̄
大陰唇 / //\\ \ 
 ̄ ̄ ̄ ̄  ( ( 膣 ) ── 小陰唇
      \ \\// /
         `   \/  '
\         *──アナル      
  \_____/\_____/ 女性の正しいオナニーのやり方【あなたのオナニーはもっと気持ち良くなる】
        http://chance.gaiax.com/home/ggh4398

442 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/23 01:14 ID:TmTfoGu5
リレーの必要は皆無。

949 ◆VX88qEczPY

彼が戻ってきて一人で最後までやってくれれば
他に望むものはない。

443 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/23 17:27 ID:MGgmITSP
>>438
つまらん物とわかってるなら書くな、と。
俺も>>437と同意見でつまらん物書くなら
時間掛かってもいいから文才磨いてほしいな
>>437はどんなものを書くのか期待age

444 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/23 17:44 ID:nAzCWG8Q
よく覚えたボーゲンでなんとか麓レストハウスまで
辿り着き、僕は一息付いていた。
真理はそんな僕の目の前で、雪をけたてて
鮮やかに止まった。

ゴーグルが粉雪にまみれになって、何も見えない。




,´~^゙'i
    '`';;,’ `' '.;''';;
           ` '‐- .、.._.
   ` '‐- .、.._.    l||ll||ll||l  l||ll||ll||l
           l||ll||ll||l l||ll||ll||ll| |ll||ll||l
   l||ll||ll||l l||ll||ll||l     __,,,,、、--''''^^
 l||l||l l||ll||l_l||l,,,,、、--''''^^
__,,,,、、--''''^^
        O     O
       /∧\  /∧\



「あはっ、透ったら、雪だるまみたい」
僕はゴーグルを外しながら体に付いた雪を払い落とした。


,´~^゙'i
    '`';;,’ `' '.;''';;
           ` '‐- .、.._.
   ` '‐- .、.._.    l||ll||ll||l  l||ll||ll||l
           l||ll||ll||l l||ll||ll||ll| |ll||ll||l
   l||ll||ll||l l||ll||ll||l     __,,,,、、--''''^^
 l||l||l l||ll||l_l||l,,,,、、--''''^^
__,,,,、、--''''^^
        O     O
       /∧\  /∧\


A「どうせ僕はすべるより転がる方が似合ってますよ」

B「そんなに太ったかな?」

C「真理は人を小馬鹿にして楽しい?嫌味なヤツだゴルァ!!」

D「くそ、馬鹿にしやがって・・・・・・・・マジンガーZ
でふみつけてやる、パイルダ〜〜オン!!」

445 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/23 19:43 ID:7mrOk/iQ
>>444 Bでよろしく。


446 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/23 20:10 ID:C7DjfRX2
せっかくだからDで。

447 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/24 11:44 ID:jLxmIKqt
Dがコロコロ変わりはじめたら危険信号

Bで

448 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/25 11:56 ID:P9xymnn4
ロマサガネタはストーリーが破綻しますからね〜。Bで。

449 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/25 17:41 ID:dRFMW95D
Cでもいいんじゃない?


450 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/25 23:17 ID:Nd0xSjcv
なんでみんな無難なやつ選ぶの?

451 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/26 10:24 ID:C4iDNPUo

 面 白 く な り そ う に な い か ら 



職人さん帰ってきたら話は別だけどな

452 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/26 14:28 ID:MvQD53Fw
じゃあそもそも続ける意味がない。

453 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/26 18:06 ID:SjRwzvGz
他にこのてのスレない?


454 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/27 16:07 ID:cnkSzKTD
>>452
俺は正直もう続けなくて良いと思う。
Part1〜3まで職人さん達はよく頑張ったよ。


455 :昔書いてた人:03/12/28 22:08 ID:YpGHh2z6
ほかの場所に立て直すことってできないのかな?
どうにもAAで時間がかかってしまって・・・
AA抜きならなんとかなるんだけど・・・

456 :昔書いてた人:03/12/28 22:11 ID:YpGHh2z6
連続カキコすまん。

おいらとしては、ほかの場所に
あなただけのかまいたちの夜みたいに、
「2ちゃんだけのかまいたちの夜」
なんて感じで立てたいんだけど・・・
リレーとかそういうのはその場の流れで、
最後まで書きたい人は最後まで書くと。

どうだろう?

457 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/29 18:05 ID:sQ29Ge1V
>>456
秩序回復のために新しいルールを決めて新スレたてるのもいいかもしれん。
でもサーバーの負担の事も考えてみると、とりあえず今のスレ埋めてから立てる方がいいかも。
スレが埋まるまでに新ルール考えてみますか。
このスレを続けたい人々で意見を出し合って。

458 :457:03/12/29 18:06 ID:sQ29Ge1V
sage忘れたゴメン…

459 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/29 22:43 ID:g8IPKjxJ
新スレミステリー板に立てました!!!!!!!!
2ちゃんだけのかまいたちの夜
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1072705225/
みんなこっちに移動して行きましょう!
(AAはいりません)

460 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/30 08:28 ID:fY4PnSNl
浮上

461 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/31 09:12 ID:wKBO8uP7
浮上

462 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/12/31 20:32 ID:wKBO8uP7
浮上

463 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/01/01 01:11 ID:yLR8+p8F
浮上

464 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/01/16 18:06 ID:jr1aug04
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/9826/kamaaaonline.html

かま夜AA フラッシュ キター(AA略)

465 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/02/09 01:32 ID:Eh6lvzOz
>>464
乙カレ様です。面白かったよ。

466 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/02 17:16 ID:G6zVkCsx


467 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/05 14:46 ID:Wfz96akL

             Λ_Λ
  ユラァァーーッ Λ_Λ(,,゚Д゚)') スレスト?
     Λ_Λ_ (   と   ノ
     (  (  と   (  O  
   と/ (G (  O(ノ 
    (   ). ) (ノ
    (/´. しU

468 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/08 14:59 ID:8sfCpCWp
                       _ _     _
    , ''""',       ,.-.-、      ,:'::゙:::':,   ヾ、;'i  ,-‐、,.      ,-:-、
    l,:::::::::i'      ',:::::::,'      ':、:::::,:'     i:::! i':::::::!      i,:::::::,!      ,:'''-、
  , ''"´:::::::::"'ヽ    ,-'::::'- 、    ,.:‐':::::`:‐.、   l:::i-'::::::::::!、,    ,. -':::::ヽ-、.    ,',:::::::,'、
  ,':::::::::::::::::::::::::::',   l:::::::::::::::::!   .!:::::::::::::::::::::i   `-,:::::::::::::::::i   ,'::::::::::::::::::::'i   ,:-'::::'-、
 ,'::::::::::::::::::::::::::::::',   i:::::::::::::::::,!   ,'::::::::::::::::::::::l    `i::::::::::::::l   .i:::::::::::::::::::::::!  ,':::::::::::::::ヽ
 ',::::::::::::::::::::::::::::::::!   'i:::::::::::::,'   !::::::::::::::::::::::::!    ,':::::::::::,:::',   l::::::::::::::::::::::::l  !:::::::::::::::::::',
  ヽ,:::::::::::::::::::::'l:::,'   i::::::::::::i    ',:::,::::::::::::::::,:'    .i:::::::::::::i:、ヽ  ',::,:::::::::::::::::,'  !::::::::::::::::::::::',
   l:::::::::::::::::::::::i'    l:::::::::::l    i,::'::::::,::::::「     i::::::::::::::l '、>  l,:':::::::::::::::,'   !::::::::::::::::,:::,'
  .i:::::::::::li:::::::::::l     i::::::::::l    `i:::::::ll::::::!     l::::::::::::i     !::::::ii::::::l.    'i::::::::::::::l,:'
  l:::::::::::i i:::::::::::!    .l,:::::::::,!    l:::::::l.!:::::l      l::::::::::l     i:::::::ll::::::l    l:::::::::::::::i
  !::::::::::i !::::::::::l     .i:::::::i     'i:::::::i.l::::::i     .i:::::::::i     .l:::::::!::::::i    l::::::::::::::::!
  ',::::::::::l ,':::::::::,'     !::::::i     .l:::::::l i::::::i     .!::::i::::l     l:::::::!l::::::l    '!:::::ii:::::「
   i::::::::::,::::::::::i'      .i:::::l     l:::::::i l::::::l     l::::i!:::l     .l:::::::il:::::::l    l:::::ll:::::i
  i':::_,,,-ヽ、::::::ヽ    ,::'';;、:::',    ,''::::,'' .',::ヾ、    ,':::i''l:::'、    ,'::::,:'ヾ,::〈,    ,ゞ::,!l,::ヽ,
  `"    `''-"   `"゙ '-'    !、;:/  '、_,!     ヽ' `-'     '- '  ヽ-'    ''"  "'''

469 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/08 18:41 ID:74GUJj3B
かまいたち懐かしいなぁ

てな訳でage

見覚えのある選択枝があって笑っちまったよ

470 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/08 21:33 ID:JEh0V30u
なぜメール欄にageと書く?

471 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/08 23:17 ID:74GUJj3B
なんなとくとしか言いようがない

472 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 01:58 ID:YumrdnlF
C「真理は人を小馬鹿にして楽しい?嫌味なヤツだゴルァ!!」

「ゴルァ!?何それ?変な口癖。
 別に小馬鹿になんてしてないわよ?」

うっ…しまった、重度の2ちゃんねラ‐である僕は
昨日の白熱した議論モードのまま「ゴルァ」という言葉を使ってしまった…
いけない…真理が後日この意味を知ったらどう受け取るだろうか…





  ∧_∧       ∧_∧  ?
 ( ;  )      ( ー*)
 / \       /  \
     \     /  ||  | ||
      |     ニニOニO
      |     ヾ  ||  | ||
 |   /      |:  ||  | ||
 |   |
 |   |


473 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 01:59 ID:YumrdnlF
僕は何事も無かった様に

「あはは、冗談だよ冗談。さ、そろそろ帰ろうよ?



,´~^゙'i
    '`';;,’ `' '.;''';;
           ` '‐- .、.._.
   ` '‐- .、.._.    l||ll||ll||l  l||ll||ll||l
           l||ll||ll||l l||ll||ll||ll| |ll||ll||l
   l||ll||ll||l l||ll||ll||l     __,,,,、、--''''^^
 l||l||l l||ll||l_l||l,,,,、、--''''^^
__,,,,、、--''''^^
        O     O
       /∧\  /∧\

                次のヤシ選びなさい



474 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 02:00 ID:YumrdnlF
僕達は真理の叔父さんに借りた
4WDに乗り込んだ。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \ ;;;;;;;;;;; ∧_∧ ;;;;;  ∧∧ ;;;;;;;;;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;  \;;;;;;; (    );;;;;;;;;;; (   ) ;;;;;;;;;;;
   ____\ /    `i、;;;;;;; ノ   `i、;;;;;;;;;;;

真理とは今年の四月に大学で知り合った。
果敢かつ執拗なストーカー行為により何度かデートする関係まで
こぎつける事が出来たのは、この秋の事だ。

しかし、押しても脅しても手応えが無く、
いい加減、僕の一人相撲のような感じさえしていた。

だから、一緒にスキーに行かないかと彼女の方から誘われた時には、
正直言って驚いた。



475 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 02:00 ID:YumrdnlF
彼女の叔父さんの小林二郎さんという人が、
信州でペンションを経営しているのだと言う。

しかしゲレンデから少し離れていて不便な事も有り、
シーズン中もあまり客が来ないらしい。

それで格安の値段で泊めてもらえる、と言う事で
真理に誘われたのだ。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \ ;;;;;;;;;;; ∧_∧ ;;;;;  ∧∧ ;;;;;;;;;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;  \;;;;;;; (    );;;;;;;;;;; (   ) ;;;;;;;;;;;
   ____\ /    `i、;;;;;;; ノ   `i、;;;;;;;;;;;

僕はもちろん喜んでOKし、昨日、つまり12月21日、
ここ信州へとやって来たのだった。


476 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 02:01 ID:YumrdnlF

ペンションに帰りつく頃には、
もう日はとっぷりと暮れ、雪が降り始めていた。

小林夫妻の経営する「シュプール」は、
外観はログキャビン風で、内装は白を基調とした
おしゃれなペンションだった。

料理のメニューも多国籍というか無国籍というか、
とにかく多彩で、その上、満足の行くものばかり。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; :::;;;;;;;;;;;;□;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;□;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; :::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::;;;;;;;;□;;;;;;;;□;;;;;;;;;::;;;;□;;;;::;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; :::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;::;;;;::;;::;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,,,,,, ,,,,  ,.,,,,、       ,,,,,,,,,,,‐''"´ヽ.;".;",,.,,
        `ヽ    ,,;;;;;` '‐- .、.._.,,,,,,、、.,, ‐''"´
          `、  ;;;,,
          ;;:; ゙'゛゙'゙;;;,,,.......;".;": ..;.;".;
          ;;;::::: : ::: :: :: :: ::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ;;::....:::: :: :: : : : : : ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : :: :: :: :: :: : :: : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
閑古鳥が鳴くどころか、2ちゃんなどにも晒されて
人気も出てきているらしい。
暇だから格安で…

と言うのは、小林さんが僕達に気を使わせまいとして言ったのだと、
昨日到着してから気が付いた。


477 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 02:01 ID:YumrdnlF
僕と真理の部屋は残念な事に、というか当然、
というべきか、別々にとってある。
│ │;;;;;;;l:::::     //;;;;;;;;;;    | ̄|
│ │;;;;;;;l:::::    //;;;;::      |_|   □ ■
│ │;;;;;;;l:::::::   //;;::          ____
│ │;;;;;;;l:::::::   //;;;;          |     |
│ │;;;;;;;l:::::::  //;;;:           |     |
│ │;;;;;;;l:::::::  ||;;::         | ̄|      |
│ │;;;;;;;l::::__,||;;:        ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
│ │;;;;;;;l___||;;:::
│ │____ ||;;;;;;:
│ │____,,,,||;;;;::;;;______
│ │
│ │
僕達は
 一旦部屋に戻って着替えると、
  玄関脇の談話室で落ち合った。


478 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 02:02 ID:YumrdnlF
 一旦部屋に戻って着替えると,
玄関脇の談話室で落ち合った。

大きな茶色のテーブルを囲んでソファが置かれている。
僕達は、夕食が始まるまでの間そこに座って待つ事にした。

            ___  ___
           ||  /  ||||  /  ||
           ||∧__∧ |||| // ||
            (   ,)   ̄ ̄ ̄
    ∧∧    /   ヽ
    (*,, ) ,r'⌒ | l ・ ・l |⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''
    /  ヽ   | l   l |
  ,r'⌒| l 丿   | l  l |
⌒   | ly─,,,r'  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  
    (,,,_,r'                    ,,,r'/
     /                     //
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / 
     | ||────────────|| | |
     | ||                  || | |


479 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 02:03 ID:YumrdnlF
ちょうど、僕等が腰を掛けた時、
2階からガヤガヤと女の子の声が聞こした。
OL風だが、多分僕達と同じか、一つ二つ年下だろう。

三人で喋りながら
階段を下りて来ている。



                       /
         fソノ)ヾ        /
         f)l ,,)       /
         )/  ヽ    /
         ヾニニO /
          |  | /
           l /
           /
          /                ______
        /                 |         |
      /                   |         |
      | |                     |         |
      | |                    |         |
「こんなにゲレンデから、
遠いなんて思わなかったわ」

「そう言ったのは、やせて髪の長い女の子だった。
ちょっときつい顔をしているが
まぁ美人と言ってもいい顔つき。

淫乱そうな印象だった。


480 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 02:03 ID:YumrdnlF

「でも〜お料理おいしぃって、
ほら、ココに書いてあるでしょ」

丸めて持った情報誌のページを
右手のペンで指した子は、
いかにもスキーより、食い気、という愚かな体型。


               ∩_∩
               ( -(,,)    /
         fソノ)ヾ /    \/
         f)l# ,,)  | (,,,y,,丿/
         )/  ヽ \O/
         ヾニニO /
          |  | /
           l /
           /
          /                ______
        /                 |         |
      /                   |         |
      | |                     |         |
      | |                    |         |
今も、脇にスナック菓子を抱え、
貪る様に食べている。

少し太りすぎの様に思えたが、
本人はそれを納得して、人生を歩んでいるのだろう。
僕は心の中で合掌した。

「だからケイコに任せるのはイヤだったのよ。
美味しい物なら東京に幾らだってあるでしょう?まったく・・・」
髪の長い淫乱娘はプンプンと怒る。
僕はその腰がパンパン揺れ…


481 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 02:05 ID:YumrdnlF
「どの娘が好みなの?」

            ___  ___
           ||  /  ||||  /  ||
           ||∧__∧ |||| // ||
            (   ,,)   ̄ ̄ ̄
    ∧∧    /   ヽ
    (*,, ) ,r'⌒ | l ・ ・l |⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''
    /  ヽ   | l   l |
  ,r'⌒| l 丿   | l  l |
⌒   | ly─,,,r'  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  
    (,,,_,r'                    ,,,r'/
     /                     //
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / 
     | ||────────────|| | |
     | ||                  || | |

A「何言ってんだよ!そんなつもりじゃ・・・」
  そのつもりだったんで、僕は面食らった情けない表情を
  真理に晒してしまった。

B「愚問だよハニー。僕の好みは、ベイビー、君だけさ」
  僕は及川光博に迫る程の、電波コメントで窮地を脱した。

C「待ってて、今じっくり吟味するから」
 僕はニュータイプ能力を発揮した。



              「アムロ、いきまーす」

482 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 02:10 ID:YumrdnlF
B「愚問だよハニー。僕の好みは、ベイビー、君だけさ」
  僕は及川光博に迫る程の、電波コメントで窮地を脱した

「はぁ?なにいってんの?あんたバカ?」
真理の容赦ない突っ込みがはいる。
気まずい空気になってしまった…
僕は自分自身を諫めた

            ___  ___
           ||  /  ||||  /  ||
           ||∧__∧ |||| // ||
            (l||l  ,)   ̄ ̄ ̄
    ∧∧    /   ヽ
    (*,, ) ,r'⌒ | l ・ ・l |⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''
    /  ヽ   | l   l |
  ,r'⌒| l 丿   | l  l |
⌒   | ly─,,,r'  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  
    (,,,_,r'                    ,,,r'/
     /                     //
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / 
     | ||────────────|| | |
     | ||                  || | |



483 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 02:12 ID:YumrdnlF
その時窓の外でエンジン音が近づいてきてペンションの表で止まった。
新しい客が到着したようだ。

やがて、玄関に取り付けられたベルが乱暴に鳴ったかとおもうと
大きな関西弁が聞こえてきた。
「ひゃあ。助かった。死ぬかとおもたわ。」
薄汚れて垢の染み付いたコートの上に雪を積もらせながら
男女の二人ずれが入ってきた。
五十前くらいの肉体労働者風の男と水商売風の女。

     ∧_∧        ∧_∧   
     <丶`∀´>      ( ´∀`) 
     (    )      (    ) 
     | | |       | | |
     (__)_)      (__)_)




小林さんが奥から出てきて迎えた。
「ああ。香山さんいらしゃい。遅かったですね、心配しましたよ。」

心配した、という見えすいた嘘が癇にさわったのか
関西弁の男は大きな声でがなり始めた。
「なんや。来て見ればここ、ログハウスっちゅうんかなんか知らんがえらいチンケな所やなあ。
この茶色い床、何の木使っとんねん。ヒノキやないんか?ゴルァ」

柄の悪そうな男だと思った。
僕達はなるべく関わらないように目を伏せた。
小林さんはかわいそうなくらいに下手の態度で「香山さん」
に対応している。何か弱みでも握られてるのだろうか?


484 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 02:15 ID:YumrdnlF
やがて、ひととおり話し声が静かになったので
僕は、つい顔を上げてしまったことを後悔した。





     ∧_∧ 
     ( ゚д゚ )
     (    )
     | | |
     (__)_)


         
    ∧∧   !
    ( ,,;)
    /  ヽ   

    
     
     
「香山さん」は僕達の方を真っ直ぐ見つめていた。
ストレスのはけ口を求めて何か適当なものを探している目だ。
僕は目が合ったが、向こうには視線をそらそうとする気など
少しも無いらしい。小林さんは食事の準備のためと言って
奥に引っ込んでしまった。

戦慄が走る。

僕は…

A 「落ち着いてください!」
  こういう奴に一番言ってはいけないことを言った。

B  真理をかばおうと一歩後ろに下がった。

C  灰皿を後ろ手に隠した。


485 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 02:28 ID:YumrdnlF
C 灰皿を後ろ手に隠した

「殺らなければ犯られる」
とっさにそう思った。そのときすでに僕は動いていた。

               _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     (    )
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

灰皿でぼくは「香山さん」をのしてしまったのだ。

「いっていいことと悪いことがある!透がありきたりな名前とはなんだ!
もういちどいってみろ!このォ、恥を知れ俗物!」
「いっいってない…」

香山さんはずるずると倒れていく

「人がごみのようだ」



486 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 02:36 ID:YumrdnlF
僕は我に帰った。
「す、すいません!なんてことを!」
ぼくは倒れた香山さんを抱き起こした。
すると香山さんは僕の手を払い、
「ええ、わしも悪かったんや…持病の発作が起こるとこやった」
僕は何とかその場をきりぬけた


∧ ∧
(l|-д-)   フゥ

さて、待ちに待った食事の時間だ!!
真理に席に着くように促し、僕も隣に座る。



487 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 02:39 ID:YumrdnlF
「いただきまーす」
僕は、待ちきれず急いで食べた。
「ここのオーナーは前にレストランのシェフをやっていたの」
真理は言う。

            ___  ___
           ||  /  ||||  /  ||
           ||∧__∧ |||| // ||
            (   ,,)   ̄ ̄ ̄
    ∧∧    /   ヽ
    (*,, ) ,r'⌒ | l ・ ・l |⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''⌒'''
    /  ヽ   | l   l |
  ,r'⌒| l 丿   | l  l |
⌒   | ly─,,,r'  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  
    (,,,_,r'                    ,,,r'/
     /                     //
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / 
     | ||────────────|| | |
     | ||                  || |

し、しかしまずい・・・。
なんて、まずさだ。
オーナーに抗議してやる

そこで僕は・・・

 真理を連れて、二階へ引き上げた。


488 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 02:40 ID:YumrdnlF
その時、階段の上でさっきのOL3人組の声が聞こえた。
「こんなものが私の部屋にあったのよ!気味が悪い!」
                   fノノ))ソ
                      (  ,,)ヾ
                      /⌒ヽ 
               ∩_∩  // |/
               ( -(,,) O  l/
         fソノ)ヾ /    \/
         f)l ,,)  | (,,,y,,丿/
         )/  ヽ \O/
         ヾニニO /
          |  | /
           l /
           /
          /                ______
        /                 |         |
      /                   |         |
      | |                     |         |
      | |                    |         |


どうやら、脅迫状のような物が部屋においてあったらしい。
その紙にはこんな事が書いてあった。



489 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 02:42 ID:YumrdnlF
───           ¬ ヘ
         /   \/
       /    / \
─── /\/       \

│    /\  │  ヽヽ
│  /  /  │
│    /    │
│   /      \/
     ̄ ̄
  │  ヽヽ │         /   \    / \ ヽヽ
────  ─/ /│  ────     ───
  │  / /│/ │   /  /     /  /
  │      │  │  /  /     /  /
  │  \      

│   
│   \___ /
│    /\  /\
│   │ \/  │
 \/ \_\  〆

まじかよ・・・
僕は真理と顔を見合わせて一瞬動揺した。

「多分いたずらでしょう。なんだったら部屋変えますか?」
という小林さんの一言に対して、OL3人組の太目の女性がこう答えた。

「えー、でもこの部屋じゃないとテレビ見れないし。トミノえもんみたいから・・・」
この言葉で場は和んだ。とりあえず、部屋は変わりたくないらしい。


490 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 02:49 ID:YumrdnlF
         ,,.-‐''""""'''ー-.、
        ,ィ"          \  
         /              `、
        ,i              i
      r'-=ニ;'_ー-、___,,.ィ‐‐-,,_  _|
       | r,i   ~`'ー-l;l : : : `l-r'"メ、
      ヾ、       `ー‐'": i!_,l_ノ`
       |         ,:(,..、 ;:|/
       |        ,,,..lllllll,/
       /  `::;;.   '"`ニ二ソ 
     /7    ゙゙:`-、;:;:;;;:;:;:;;/
   ,,.ィ"`:、        "/;:`ー-:、.._
 ‐'":;:;:;:;:;:;:;:\   . : :;: .  ;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:~`'''ー--:、,,_

ちなみに、「トミノえもん」は最近流行ってるアニメである。
スキンヘッドの監督がガノタをガンダムから解き放つ為に奔走し、
丁度最終話の今日、ガノ太をリアルワールドへエクソダスさせるはずである

そういえば、エヴァや駿には触れてないがするがそこは
突っ込んではいけない。スポンサーへの配慮が感じられる。


491 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 03:05 ID:YumrdnlF
 ブルルー・・・、車の音が聞こえてきた。
こんな吹雪の中、誰か来たのだろうか?
「もう一人予約客がいたんだ」
オーナーは言う。
「こんな吹雪の中、どうぞはるばる」とオーナー。
「いやー、まさかこんな吹雪になっているとは思いませんでしたよ」
と話す男はの口ひげが濃いスポーツマンのような男だった。
「お茶どうぞ」
オーナーが差し出した緑茶をかみ締めるように飲んだ。
「ぷはぁー!!生き返る。いやーひどい吹雪でしたよ」

つい僕は視線を合わしてしまった。するとすっと立ち上がり
「ああ、僕はこういうものです」と自己紹介を始めた。なにやらメモをいつももっている
「雑誌かなにかのライターさんですか?」
「ええ。僕の名前は美木本、君たちはずっとここに?」
「ええ、昨日からですけど・・・」
「で、何かおかしなことはなかったのかい?」
「えっ?」

何でこの人はそんなことを聞くのだろうと思いながら僕は
どぎまぎしながらこう答えた

A 実はこのペンション、ゾンビが出るんです

B いやさっき、変な手紙がドアにはさまってましてね…

C このペンションにはホ×が出るんです










492 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 03:19 ID:YumrdnlF
A 実はこのペンションゾンビがでるんです。

「ゾンビ?あの映画の?」
「いいえ、映画ではありません。ほんとうにでるんです」
僕はでまかせをまくし立てた。
│ │;;;;;;;l:::::     //;;;;;;;;;;    | ̄|
│ │;;;;;;;l:::::    //;;;;::      |_|   □ ■
│ │;;;;;;;l:::::::   //;;::          ____
│ │;;;;;;;l:::::::   //;;;;          |     |
│ │;;;;;;;l:::::::  //;;;:           |     |
│ │;;;;;;;l:::::::  ||;;::         | ̄|      |
│ │;;;;;;;l::::__,||;;:        ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
│ │;;;;;;;l___||;;:::
│ │____ ||;;;;;;:
│ │____,,,,||;;;;::;;;______
│ │
│ │
カリバニズムのこと、ロメロのこと(いやそれは映画)、そしてその伝説がこの地にあること…
しらふなのにぺらぺらとぼくはでまかせを言い続けた。
もちろん冗談半分で喋っていたのだが、美木本さんの目の色が変わっくるのを感じた。おどろく演技のうまいひとだ。


493 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 03:36 ID:YumrdnlF
「やはりそうですか…」
美木本さんは深刻そうにそう呟いた。
僕はあわてて言った。
「いや、冗談ですよ、うそうそ。」
「うそじゃありません!!」
すると美木本さんは腕をまくり、その腕にある大きな擦り傷の後のようなものを突きつけた
「さっきここにくる途中、吹雪の中を歩いてる人がいまして、どうしたのか降りて尋ねようとしたら
その人が僕の腕を引っかいたんですよ!いきなり…。あ、あれはゾンビだったんだ、ス、スクープだ!
本物のゾンビはいたんだ!ひははは、これは今月の『ムー』のトップにもってこれる…」

どうやら美木本さんはどうやらそれ系雑誌の記者らしい…。
僕は彼のリアクションのよさに感嘆とため息を覚えた・・・



494 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 03:41 ID:YumrdnlF
そのとき、
嘆くような、だがけたたましい呻り声が外から響くのを感じた。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=ヽ、::::::::::::::::::::::::::::,、::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞヾ:| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,、,,:::::::::::::ミヽ:::::::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡≪ミ| |ヾ::::::::::::::::::::::::::::>彳::::||\.`<⊃ヽ:::::::::::::::::::::::||::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::ミヘ:::::彡ミ//::,,:::::::::::::::::::::>彳::::::::::::||:::::::\::`ヾ・,:::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::ゞ彡ミソ、//:::彡::::::>彳´::┌−┐::::||:::::::「 \/:::¨`ミ<、||/::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::ミソ彡|::|ノノ彡<─━━━━┌‐┐= ̄::::||::::::::::::::| /||※:::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::※♯ミ|::|ζ巛ミ::|:::::::::::: | ̄ |:::::::::::::::::::. |  ̄ |:::::::::::::|´:::ゞ||ソ:::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::巛ゞミ|::::|彡《゙::::::|::::::::::::..└-┘ ::::::  .└ ‐┘  ::::::|::ミミ||》::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞミノ:: /巛::::::::::|┌――――┬――     ―‐ .|:::::::||::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::: |:::::::::::::::::|│ロ  ┌┬┐_|         |::::://::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::___L____└┴┘___   __::|:-| |--:::::::::::::::::
―--―-─----、:::::::: /::::::::_,,..|,,,,三:::::::::::::::_:::,,>    −ミ::::::::: :: :: ::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒::<   <  \ :::::::::/<           ::::::::::::::::---―
⊂::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 丿::::ミ ;::   ::::::/::::::       _    __,,-ー   ::::
ー-=、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::::: : : ミ   ヽ::       :::::::  :::::  :::::  ::   ::::
::::::::::::::::::::::: :::::::::-:::::  ::::: /::::::::::::λ      ::     ::::   ::::::::  ::  ::::  :::::
:::::::::::::::::::::::::::: :::::::::    /:::::::::::::|:::       ヾ―---∠_ ::   へ  ::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(――-、:::::::::::::|:::                |:::   ::      ::::
:::::::::::::::::::::::::ー、_-:::::     :::::: ミ                |::      :::....:::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::―-´ヽ ....   ミ ::      ⌒        |::   .....:::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::: /::  ::         ⌒     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ::/                 .....:::::::::ミ ::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... :::::.. ./.          ::::  ⌒  ::::    ヾ:::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ::/          :::::::             \:::::::::::::::::::::::

ウオォォォオオオオオオォオオオオオオオオオオオオオ

495 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 03:43 ID:YumrdnlF
二つ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; :::;;;;;;;;;;;;□;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;□;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; :::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::;;;;;;;;□;;;;;;;;□;;;;;;;;;::;;;;□;;;;::;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; :::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;::;;;;::;;::;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,,,,,, ,,,,  ,.,,,,、       ,,,,,,,,,,,‐''"´ヽ.;".;",,.,,
        `ヽ    ,,;;;;;` '‐- .、.._.,,,,,,、、.,, ‐''"´
          `、  ;;;,,
          ;;:; ゙'゛゙'゙;;;,,,.......;".;": ..;.;".;
          ;;;::::: : ::: :: :: :: ::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ;;::....:::: :: :: : : : : : ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : :: :: :: :: :: : :: : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  ウオォォォオオオオオオォオオオオオオオオオオオオオ

496 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 03:45 ID:YumrdnlF
みっつ、
│ │;;;;;;;l:::::     //;;;;;;;;;;    | ̄|
│ │;;;;;;;l:::::    //;;;;::      |_|   □ ■
│ │;;;;;;;l:::::::   //;;::          ____
│ │;;;;;;;l:::::::   //;;;;          |     |
│ │;;;;;;;l:::::::  //;;;:           |     |
│ │;;;;;;;l:::::::  ||;;::         | ̄|      |
│ │;;;;;;;l::::__,||;;:        ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
│ │;;;;;;;l___||;;:::
│ │____ ||;;;;;;:
│ │____,,,,||;;;;::;;;______
│ │
│ │

 ウオォォォオオオオオオォオオオオオオオオオオオオオ

497 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 03:47 ID:YumrdnlF
よっつ、
     _人人人人人人人人人人人人人人_
        >    うおぉおおおおぉおおおお    <
        ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
        _,,.-‐-..,,_       _,,..--v--..,_
    /     `''.v'ν Σ´        `、_,.-'""`´""ヽ
    i'   / ̄""''--i 7   | ,.イi,i,i,、 、,、 Σ          ヽ
.     !ヘ /‐- 、u.   |'     |ノ-、 ' ` `,_` | /i'i^iヘ、 ,、、   |
    |'' !゙ i.oニ'ー'〈ュニ!     iiヽ~oj.`'<_o.7 !'.__ ' ' ``_,,....、 .|
.   ,`| u       ..ゝ!     ‖  .j     (} 'o〉 `''o'ヽ |',`i
_,,..-<:::::\   (二> /      !  _`-っ  / |  7   ̄ u |i'/
. |、 \:::::\ '' /        \ '' /〃.ヽ `''⊃  , 'v>、
 !、\  \. , ̄        γ/| ̄ 〃   \二-‐' //`


498 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 03:55 ID:YumrdnlF
「・・・・・・今何か聞こえませんでした・・・」
「聞こえたね・・・・」
しばらく動けないほど僕はちじみ上がった。
美木本さんはガクガクと肩をいからせ、顔は蒼白だ。
僕はふとあることに気づいた。音がしない。
そして、いつの間にかロビーには
僕と美木本さんしかいなくなっている…!
真理はどこへ?

そう考えた瞬間、ロビー一帯の電気がパッと消えた


499 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 04:05 ID:YumrdnlF
                       _ _     _
    , ''""',       ,.-.-、      ,:'::゙:::':,   ヾ、;'i  ,-‐、,.      ,-:-、
    l,:::::::::i'      ',:::::::,'      ':、:::::,:'     i:::! i':::::::!      i,:::::::,!      ,:'''-、
  , ''"´:::::::::"'ヽ    ,-'::::'- 、    ,.:‐':::::`:‐.、   l:::i-'::::::::::!、,    ,. -':::::ヽ-、.    ,',:::::::,'、
  ,':::::::::::::::::::::::::::',   l:::::::::::::::::!   .!:::::::::::::::::::::i   `-,:::::::::::::::::i   ,'::::::::::::::::::::'i   ,:-'::::'-、
 ,'::::::::::::::::::::::::::::::',   i:::::::::::::::::,!   ,'::::::::::::::::::::::l    `i::::::::::::::l   .i:::::::::::::::::::::::!  ,':::::::::::::::ヽ
 ',::::::::::::::::::::::::::::::::!   'i:::::::::::::,'   !::::::::::::::::::::::::!    ,':::::::::::,:::',   l::::::::::::::::::::::::l  !:::::::::::::::::::',
  ヽ,:::::::::::::::::::::'l:::,'   i::::::::::::i    ',:::,::::::::::::::::,:'    .i:::::::::::::i:、ヽ  ',::,:::::::::::::::::,'  !::::::::::::::::::::::',
   l:::::::::::::::::::::::i'    l:::::::::::l    i,::'::::::,::::::「     i::::::::::::::l '、>  l,:':::::::::::::::,'   !::::::::::::::::,:::,'
  .i:::::::::::li:::::::::::l     i::::::::::l    `i:::::::ll::::::!     l::::::::::::i     !::::::ii::::::l.    'i::::::::::::::l,:'
  l:::::::::::i i:::::::::::!    .l,:::::::::,!    l:::::::l.!:::::l      l::::::::::l     i:::::::ll::::::l    l:::::::::::::::i
  !::::::::::i !::::::::::l     .i:::::::i     'i:::::::i.l::::::i     .i:::::::::i     .l:::::::!::::::i    l::::::::::::::::!
  ',::::::::::l ,':::::::::,'     !::::::i     .l:::::::l i::::::i     .!::::i::::l     l:::::::!l::::::l    '!:::::ii:::::「
   i::::::::::,::::::::::i'      .i:::::l     l:::::::i l::::::l     l::::i!:::l     .l:::::::il:::::::l    l:::::ll:::::i
  i':::_,,,-ヽ、::::::ヽ    ,::'';;、:::',    ,''::::,'' .',::ヾ、    ,':::i''l:::'、    ,'::::,:'ヾ,::〈,    ,ゞ::,!l,::ヽ,
  `"    `''-"   `"゙ '-'    !、;:/  '、_,!     ヽ' `-'     '- '  ヽ-'    ''
暗い闇の中に、僕は人の気配を感じた。なんだ真理、すぐそばにいたんじゃないかなんで声かけてくれないいんだ?
それより電気をつけよう、こう暗くちゃなにもできないよ・・・・
え?みんなどうしたんだ?なんでものひとつ言わないんだ?皆が僕に対して迫ってくる。な、なに?どうしたんだ?
やめてくれ、どうしたんだ!うわ、うわ
かじられた、な、何するんだ真理。オーナー。香山さん!み、美木本さんまで…!
いやだ、たすけてくれ手が 腕が 足に食いつくのはやめてくれ!
は、腹を掻き出される!ひ、ひぃぃぃぃぃいいいいぃいいぃい!

ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!

ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!










                                                                       



500 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 04:10 ID:YumrdnlF
変な終わり方すまそ、逝ってくる…
選択肢からだれか話つくってちょ

501 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 16:11 ID:sVNFqkIe
                                 __                  ,-,.-、
     ,.、‐、               _ ,,        ,'i'"::ヽ、        .,,,         ',:::::::,'
    i'::::::::;i      ,-:-、      ,'::''::ヽ        ',::::::ii:i       ,i''"`:`i.     _.:- ':::::':-::、 
    ,i':::::::::::i,     l_:::::::」      ,'_:::::::_'、     ,-:'´::::::::`:‐、      '!:::::ル'     ,':::::::::::::::::::::::i,  
   ,',::::::::::::::i,   ,:'"::::::::"'ヽ   ,.-'::::::'-:.、    !::::::::::::::::::::::::!    ,.:':´::::`ヽ、   !:::::::::::::::::::::::::i
   i:::::::::::::::::,l  ,':::::::::::::::::::::::!  i':::::::::::::::::::',   ,':::::::::::::::::::::::::i    ,'::::::::::::::::::::i.   !::::::::::::::::::::::::::',
   !:::,、::::::::!::〉  l:::::::::::::::::::::::::',  !::::::::::::::::::::i.   !::::::::::::::::::::::::::l    i::::::::::::::::::::::l   i'::::,::::::::::::::::i::::i
   ',:::':::::::::::,'   i:::::::::::::::::::::::::l  .!:::::::::::::::i:::::',  ',::::::::::::::::::::::::::i.   ,'::::i::::::::::::::::::',   i:::i,':::::::,::::::il::,:'
    i:::::::::::::l.   ',::::::::::::::::::'::ノ   !::::::::::::::',',::::',  i:::::::::::::::::::::::::!  i:::ノ,':::::::::::::::::i'   ヾ、:::::::i:::::::i''  
    'l:::::::::::i    .l:::::::::::::::::::::i    i:::::::::::::l i_,「   ."',::::::::::::::::ノ"  ''iノ .i::::::::::::::::,:'      .i:::::::ll:::::::i
    l:::::::::,'    .!:::::::::::::::::::::l    l:::::::::::i'      i::::::::,:::::::i     !::::::::::::::!     .l:::::::ii::::::::l
    !::::::::i    i::::::::::::::::::::::i    l:::::::::::!       .!:::::::ii:::::::l     .''l:::::i:::::i'      l::::::::!!:::::::l
    l:::::::l     L::::::::::::::::::」    ',:::::::::,'      l:::::::::!l:::::::!     l::::ii:::::l      l:::::::::ii::::::::l
    .l:::::l      ,l::::::il::::::l,     l:::::::::i       !::::::::l.l::::::i,     l:::::ll:::::i     i,::::::::l.l::::::i'
    ,':::l:::'、   i'::::,:┘ヽ,::ヽ,   ,-'::,!、::ヽ,     ,ゝ:::ノ 'i::::ヽ、    、'::::/ヽ,::'、    ,ゝ:::i' i:::ヽ
    i、,'`''-'    ""   `'''    ''''  "'''"    i';;;:/  "''''-'     '''"  "'''    !;;;/  ヾ;;;i

502 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/11 19:42 ID:Ty+/dAlE
   ,,/                                         :l,:      
      .ii、                                            :ll″     
     .ll゙:                                          :l゙`     
     : l!:                          .,,llllllllllll,,,,、             :l:       
     : ,、                            '゙:゙llll,,: : ゙゙!ii,.             :l.     
     : !l:                               :゙l:   .゙lll、            ″     
     .]                           :,,,,,il丶  :.l°           li:       
     .l°        : .,,,,.               `゙゙゙!liiy  :,li、            :゙:       
     .'!li、      .,,,illll゙゙゙゙li,、                   :,il;:  ;l|          :,:       
      .:,,_:      :l!゙゜   :゙li,,、                  :lll! .:,l"         :ll:       
      : ゙゙゙゙lll,,、   .:|、 : : : .゙゙!!li,,,:            : ..,,,ill!゙` ..,ill:          :l,、     
           ゙゙lll,,.  :ll: .:liil"゙゙l∵`゙゙l!i,,、            :,iil!゙`  .,,il!ll、         : ゙ll:      
             ゙゙llii,,,,i!lli、:!!l,,lll゙゜   .゙゙!l,,、       : ,il!° .,,,l!’:ll;:           'li:      
           `~.”: :、 : :       :゙゙!i,、      ,,lll、 ..,ill°..,ll:              ;l、     
              :ll:         : ゙!l,     :,il゙゙゙lll*ll゙゙: ..,,,ll゙゙:              :ll′    
              :ll:             :!,:    : ,,il゙°   : ,,ll!゙゜           :ll':     
                :l″  .,,,.       ;l"  : ,,ill°    :lil゙゜               :ll:      
                :l"   ゙ll:       : 'll,,,,,lll!゙゜     `゙゙゙llぁl*'li,,.        .,i°    
              '゙lll,,,,_,,,li、                   : : ::゙!!ii,,,,,llllli!    :,l!      
               : .”`゙,lr                      : : ``: ll,:   : ,,ll′     
                .,,ll゙゙`                         :゙゙!liiii,iiiil!゙:       
                :゙lll,,,: .i,,                         `゙゙!!l、       
                 : 'll,,、                           : '!i,,       
                     ”゙゚li:                            `゙li,.      
                   :lli,.                            '!l,:      
                       ゙!i,,:          : ,,,:                    :!ll,:     
                     ゙゙!ii,_      : ,,,,,illl゙:                 : ゙li,、    
                         ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙llllllllll゙゙゙゚,,ll°                 `゙li,.,,iillll,,,
                             .,i!゙:                  : .,,,,llll゙゙゙゙゜ `:
                            : ,,ll:               : .,,,,,,,llll゙゙゜     
                         : .,,,,,,llll゙゙゙゙lllll,,,,,_、       : _,,,,,,,llll゙゙~`        
                       : ,,illl゙°    : ゙゙゙゙゙゙llllllllllllllllllllll!lll゙゙゙゙″           

503 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/12 11:23 ID:3Eq60tc+
よく覚えたボーゲンでなんとか麓レストハウスまで
辿り着き、僕は一息付いていた。
真理はそんな僕の目の前で、雪をけたてて
鮮やかに止まった。

ゴーグルが粉雪にまみれになって、何も見えない。




,´~^゙'i
    '`';;,’ `' '.;''';;
           ` '‐- .、.._.
   ` '‐- .、.._.    l||ll||ll||l  l||ll||ll||l
           l||ll||ll||l l||ll||ll||ll| |ll||ll||l
   l||ll||ll||l l||ll||ll||l     __,,,,、、--''''^^
 l||l||l l||ll||l_l||l,,,,、、--''''^^
__,,,,、、--''''^^
        O     O
       /∧\  /∧\



「あはっ、透ったら、雪だるまみたい」
僕はゴーグルを外しながら体に付いた雪を払い落とした。

そこで僕は……

A「お前が欲しいぃぃぃぃぃ!」
 僕は某熱血の人の如く叫んだ。

B「そんなに触覚が伸びてたかなぁ?」
 僕は帽子を脱いで触覚を出してみた。

C「真理は人を小馬鹿にして楽しい?僕は楽しくてしょうがないんだ!」
 意味も無く熱く語ってみた。

D「 や ら な い か ? 」
 僕は何時の間にか作業つなぎになっていた。

504 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/12 11:51 ID:JTzCMPrA
mailto:ma_saito2003@yahoo.co.jp

505 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/13 13:48 ID:uoAeiuY4
まだこのスレあったんだ

506 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/13 14:01 ID:6AmfMMUO
あげーる

507 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/13 17:20 ID:ZtPQQmnt
>淫乱そうな印象だった。
>僕は心の中で合掌した。

ワラタ……w

508 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/16 14:16 ID:WQs1wBm9
  通報しますた  通報しますた  通報しますた       
                       _ _     _    しますた   ますた
    , ''""',       ,.-.-、      ,:'::゙:::':,   ヾ、;'i  ,-‐、,.      ,-:-、        マスタ
    l,:::::::::i'      ',:::::::,'      ':、:::::,:'     i:::! i':::::::!      i,:::::::,!      ,:'''-、
  , ''"´:::::::::"'ヽ    ,-'::::'- 、    ,.:‐':::::`:‐.、   l:::i-'::::::::::!、,    ,. -':::::ヽ-、.    ,',:::::::,'、
  ,':::::::::::::::::::::::::::',   l:::::::::::::::::!   .!:::::::::::::::::::::i   `-,:::::::::::::::::i   ,'::::::::::::::::::::'i   ,:-'::::'-、
 ,'::::::::::::::::::::::::::::::',   i:::::::::::::::::,!   ,'::::::::::::::::::::::l    `i::::::::::::::l   .i:::::::::::::::::::::::!  ,':::::::::::::::ヽ
 ',::::::::::::::::::::::::::::::::!   'i:::::::::::::,'   !::::::::::::::::::::::::!    ,':::::::::::,:::',   l::::::::::::::::::::::::l  !:::::::::::::::::::',
  ヽ,:::::::::::::::::::::'l:::,'   i::::::::::::i    ',:::,::::::::::::::::,:'    .i:::::::::::::i:、ヽ  ',::,:::::::::::::::::,'  !::::::::::::::::::::::',
   l:::::::::::::::::::::::i'    l:::::::::::l    i,::'::::::,::::::「     i::::::::::::::l '、>  l,:':::::::::::::::,'   !::::::::::::::::,:::,'
  .i:::::::::::li:::::::::::l     i::::::::::l    `i:::::::ll::::::!     l::::::::::::i     !::::::ii::::::l.    'i::::::::::::::l,:'
  l:::::::::::i i:::::::::::!    .l,:::::::::,!    l:::::::l.!:::::l      l::::::::::l     i:::::::ll::::::l    l:::::::::::::::i
  !::::::::::i !::::::::::l     .i:::::::i     'i:::::::i.l::::::i     .i:::::::::i     .l:::::::!::::::i    l::::::::::::::::!
  ',::::::::::l ,':::::::::,'     !::::::i     .l:::::::l i::::::i     .!::::i::::l     l:::::::!l::::::l    '!:::::ii:::::「
   i::::::::::,::::::::::i'      .i:::::l     l:::::::i l::::::l     l::::i!:::l     .l:::::::il:::::::l    l:::::ll:::::i
  i':::_,,,-ヽ、::::::ヽ    ,::'';;、:::',    ,''::::,'' .',::ヾ、    ,':::i''l:::'、    ,'::::,:'ヾ,::〈,    ,ゞ::,!l,::ヽ,
  `"    `''-"   `"゙ '-'    !、;:/  '、_,!     ヽ' `-'     '- '  ヽ-'    ''

509 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/17 14:41 ID:ITKRvsm2
>>508
全員横じまはいってるから逮捕されるのお前等だろ

510 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/23 14:14 ID:kQY08AD4
同人女死ね 同人女死ね 同人女死ね 同人女死ね 同人
女死ね 同人女
死ね 同人女死ね 同人女死ね 同人女死ね
同人女死ね 同
人女死ね 同
人女死ね 同人女死ね 同人女死ね
同人女死ね 同人
女死ね 同人
女死
ね 同人女死ね 同人女死ね 同
人女死ね 同人女死ね 同人女死ね 同人女死ね
同人女死ね 同人女死
ね 同
人女死ね 同人女死ね 同人女死ね 同
人女死ね 同人女死ね 同人女死ね 同人女


死ね 同人女死ね 同人女死ね 同人女死ね 同人女死ね
同人女死ね 同人女死
女死ね 同人女死ね 同人女死ね

同人女死ね 同人女死ね
同人女死ね 同人女死ね 同人女死
ね 同人女死ね 同人女死ね 同人女死ね


511 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/03/24 15:06 ID:2U3UaFfs
ここでりせっと

512 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/02 16:05 ID:+2JlYFVY
かまいたちは同人女とは無縁だよ

513 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/13 22:08 ID:uNrAckDD
よく覚えたボーゲンでなんとか麓レストハウスまで
辿り着き、僕は一息付いていた。
真理はそんな僕の目の前で、雪をけたてて
鮮やかに止まった。

ゴーグルが粉雪にまみれになって、何も見えない。




,´~^゙'i
    '`';;,’ `' '.;''';;
           ` '‐- .、.._.
   ` '‐- .、.._.    l||ll||ll||l  l||ll||ll||l
           l||ll||ll||l l||ll||ll||ll| |ll||ll||l
   l||ll||ll||l l||ll||ll||l     __,,,,、、--''''^^
 l||l||l l||ll||l_l||l,,,,、、--''''^^
__,,,,、、--''''^^
        O    O
       /∧\  /∧\


514 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/13 22:12 ID:uNrAckDD
「あはっ、透ったら、雪だるまみたい」
僕はゴーグルを外しながら体に付いた雪を払い落とした。


,´~^゙'i
    '`';;,’ `' '.;''';;
           ` '‐- .、.._.
   ` '‐- .、.._.    l||ll||ll||l  l||ll||ll||l
           l||ll||ll||l l||ll||ll||ll| |ll||ll||l
   l||ll||ll||l l||ll||ll||l     __,,,,、、--''''^^
 l||l||l l||ll||l_l||l,,,,、、--''''^^
__,,,,、、--''''^^
        O    O
       /∧\  /∧\


A「どうせ僕はすべるより転がる方が似合ってますよ」

B「そんなに太ったかな?」

C「雪だるま?どうして僕が雪だるまなんだ?」
僕は、小一時間問い詰めなければならないと思った。

515 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/14 18:31 ID:brAdJqzG
c

516 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/14 18:41 ID:I3dfjBKg
ギコ板
 (( ∩ ))
  γ'⌒ヽ∧ ∧
  し'ゝつ( ゚Д゚)つ
http://www.2ch2.net/bbs/giko/index2.html


517 :189:04/04/23 16:04 ID:pc5oc5uj
「雪だるま?どうして僕が雪だるまなんだ?」
僕は、小一時間問い詰めなければならないと思った。

  ∧_∧       ∧_∧  ?
 ( ;  )      ( ー*)
 / \       /  \
     \     /  ||  | ||
      |     ニニOニO
      |     ヾ  ||  | ||
 |   /      |:  ||  | ||
 |   |
 |   |


518 :189:04/04/23 16:07 ID:pc5oc5uj
僕は真理に対して、小一時間問い詰めた。
いい加減真理もあきらめたらしく、

       、''"''''''丶ヽ、.,、
        .、、: : : : : : : : :`'',,、
    、 .,.,.,: : : ゙':、   : : : : : : : ゙'.、,,,
    .゙″ `゙^''ー-,`‐  :   : : : : : : `;;.、、
     `、 : : : ::,,:'′       : : : : : : `;;、   
      ヽ  :,,:'´           : : : : : `;  
      ` 、,:'             : : : : :: .';
       : ,"              : : : : : :;;
      : .;       ○       : : : : ;;   
      : ."                 : : : : : :
       : ;; ○         *    : : : ::`:、 
       : .ヽ、               : : : : : 丶 
         ` .,,、 _/          : : : : : : :゙;;
           `"'‐-、.,,、、,、‐''        : : : : :: ゙;、
                :;;              : :: ;;
                :;;;


実は・・・

A・ あなたの事が・・・

B  スキー滑れないくせに・・・、あたしの体が

C  なんでもない・・・

519 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/25 19:43 ID:xH3ECeph
B・・・と見せかけてC

520 :名無し:04/04/25 19:50 ID:trcLU0uz
ここ来て
http://www25.big.or.jp/~saturn6/uwasa2/readres.cgi?bo=log16&vi=1082875370
http://www25.big.or.jp/~saturn6/uwasa2/readres.cgi?bo=log16&vi=1082875370

521 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/28 22:22 ID:VlGi+m5a
このスレに感動して見てかまいたちの夜かりたぞ。

ってかゲーム版ってマジ幽霊もありかよ。


522 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/28 23:02 ID:8QB66O6A
>>521
あり
っていうかかまいたち2なんかありえねぇことだらけw

523 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/29 13:49 ID:xdgaUOST
>>522

俺借りたのも2だ。
あの陰陽のやつが焦った。ってゆうか非現実的しぎだろおい

524 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/29 14:56 ID:6+iIibbv
「1」が大好きで
発売日をいまかいまかと待った「2」
やりおえた瞬間、自分の記憶から抹殺したくなった。

525 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/29 15:32 ID:aVNn9Z2d
そうなのか!?_「1」の方がおもろいのか?
今度中古で買おう。

ってかサイキック篇のきよさんに激ワロタ

526 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/29 18:14 ID:6+iIibbv
ビュオオオオオオオオオオオオオオオオオ
突然の強風に僕達はバランスを崩しそうになった。

,´~^゙'i
    '`';;,’ `' '.;''';;
           ` '‐- .、.._.
   ` '‐- .、.._.    l||ll||ll||l  l||ll||ll||l
           l||ll||ll||l l||ll||ll||ll| |ll||ll||l
   l||ll||ll||l l||ll||ll||l     __,,,,、、--''''^^
 l||l||l l||ll||l_l||l,,,,、、--''''^^
__,,,,、、--''''^^
        O    O
       /∧\  /∧\


「すごい風ね……透?どうしたの?」

A「もう帰ろうか……」

B「君の美しさに見とれてたのさ、ベイベー!」

C「今、怪魚が目の前を!!!」


527 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/29 18:14 ID:Q1xsYOaB
http://kazuya0506.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/bbs1/yybbs.cgi←荒らしてね

528 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/29 19:32 ID:s4YI3PJk
>>1
     | ̄|       | ̄|
  ___| |___  ___| |__
  |_____  | | __  __ |
       |  | | |__| |__| |
      / / | __  __ |
     / /  | |__| |__| |
    /    ̄\ |___  ___|
   / /| |\ \   | |
  / / | |   ̄   | |
   ̄   | |      | |
      |_|      |_|


529 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/29 21:01 ID:cZeYo5JK
B

530 :sage:04/04/29 21:04 ID:m01CggTD
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●不合格●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
これを見た人は確実に【不合格】です。これをコピペでどこかに1回貼れば回避できます。
これは本当です。やらないと一年無駄になります.

私も最初は嘘だと思ったんですが、一応コピペしました。それでセンター私大に合格出来ました。
けどコピペしなかった友達がA判定とっていたのに、おちたんです。(慶応合格h.sさん)

俺はもうE判定で記念受験だったんだけど、コピペを10回くらいした途端に過去問が
スラスラ解けるようになって、なんと念願の早稲田に受かりました。(早稲田3学部合格r.kくん)

これを今年のセンター前に見てシカトしたら、センターミスって最悪です。(n.aさん)

信じられますか?この威力。


531 :君はマンコ ◆No3KvAxO/g :04/04/29 21:05 ID:AYyrYTD2
    /        \
   /           ヽ
   │ ━━ _  ━━ |
  / ─|( ・)| =|(・ )l-|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (の|   ̄   `ヽ ̄  |   <    今日はもう寝るz!お前らはさびしいのが労がわしはもう寝る!いいな?
  し     (__) ・ |    | 
   |   /___\   |    \__________________
   |  //|___ 」│ /
_/|\______ /\_
※※\    ー    /※※
※※※ \       /※※※


532 :君はマンコ ◆No3KvAxO/g :04/04/29 21:07 ID:AYyrYTD2
                  /        \
    /        \
   /           ヽ
   │ ━━ _  ━━ |
  / ─|( ・)| =|(・ )l-|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (の|   ̄   `ヽ ̄  |   <    わしそのコピペシカトしたらセンター230点じゃったわい!が母!
  し     (__) ・ |    | 
   |   /___\   |    \__________________
   |  //|___ 」│ /
_/|\______ /\_
※※\    ー    /※※
※※※ \       /※※※


533 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/29 21:29 ID:NgIuTt4a
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●不合格●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
これを見た人は確実に【不合格】です。これをコピペでどこかに1回貼れば回避できます。
これは本当です。やらないと一年無駄になります.

私も最初は嘘だと思ったんですが、一応コピペしました。それでセンター私大に合格出来ました。
けどコピペしなかった友達がA判定とっていたのに、おちたんです。(慶応合格h.sさん)

俺はもうE判定で記念受験だったんだけど、コピペを10回くらいした途端に過去問が
スラスラ解けるようになって、なんと念願の早稲田に受かりました。(早稲田3学部合格r.kくん)

これを今年のセンター前に見てシカトしたら、センターミスって最悪です。(n.aさん)

信じられますか?この威力。


534 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/30 02:02 ID:FmIJeqgx
>>525
2はクソゲーに近いよ、、、1から見たら。
1は名作。

535 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/30 12:07 ID:oKKTZ2+S
<774氏の補完&KAG版サイト>さん文字化けしてるの自分だけ?
いくらやっても直らないのだが……

536 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/30 12:12 ID:aSHFyEM2
>535
文字のエンコードを変えれば見えるようになる

537 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/30 14:53 ID:oKKTZ2+S
>>536
ありがとん、直りました
でも今KAG版ダウンロードできないのねん(´・ω・`)ショボーン


538 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/30 17:18 ID:cUlB+Gyq
http://jbbs.shitaraba.com/sports/8769/←荒らしてね
C:「今、怪魚が目の前を!!」
僕は状況を飲み込めないまま真理に言った。

539 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/30 21:18 ID:qLBTUgAh
「今、怪魚が目の前を!!」
僕は状況を飲み込めないまま真理に言った。

「・・・」

「・・・・・・」

「・・・・・・・・・・」

反応がない。
何故かゲレンデに流れていた音楽まで止まっている。

僕は何かヤブァイことを言ってしまったらしい。

重い空気を変えるために僕は言った。

A 「よ―し、パパ古い洋館に逝っちゃうぞー!」

B 「黄金のコンドル探しに逝くぞゴルァ!」

C 「オンドゥルウラギッタンディスカー!!」



次の香具師、さっさと選べゴルァ
 (( ∩ ))
  γ'⌒ヽ∧ ∧
 し'ゝつ( ゚Д゚)つ

540 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/30 21:36 ID:dflM17fy
A

541 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/30 22:01 ID:qLBTUgAh
「よーし、パパ古い洋館に逝っちゃうぞ―!
 奈美、いや、真理!落雷がくる前に、田舎道まで走るんだ!」

僕は嫌がる奈美にジャイアントスィングかまして車にぶちこんだ。

「閑古鳥が鳴くから格安で・・・」
「そんなとこ、逝くわけねぇだろゴルァ!」

ペンションクルヌプなんて知ったこっちゃねぇ!
今、俺が逝かなきゃいけないのは古い洋館!

―だが、地図を広げてもどういっていいかわからない。
こうなったら直感に頼ってこうしよう。

A 「渋谷にあるスクランブル交差点で、<日曜日>を拉致しつつ洋館を探す!」

B 「こばみ谷の黄金のコンドルに、古い洋館まで乗せてもらうように頼む!」

C 「新宿にあるチ●ンソフトへ逝って、中●光一に道案内を頼む!」

D 「ラーミア復活のために、七つのオーブを探すことから始める!」


次の香具師、さっさと選べゴルァ
 (( ∩ ))
  γ'⌒ヽ∧ ∧
 し'ゝつ( ゚Д゚)つ

542 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/30 22:13 ID:qLBTUgAh
10分書き込み無かったら、俺様がさっさと進めちゃうぞゴルァ!

 (( ∩ ))    ジタ バタ ジタ バタ
  γ'⌒ヽ∧ ∧
 し'ゝつ( ゚Д゚)つ

543 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/30 22:18 ID:aSHFyEM2
c

544 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/30 22:37 ID:qLBTUgAh
「新宿にあるチ●ンソフトへ逝って、中●光一に道案内を頼む!」
これしかない!
俺は時速300`で中央高速をかっ飛ばした。

「中村光一さんはいらっしゃいますか?」
「中村はただいま、新作の発表会で大阪へ逝っております。」

―はぁ?大阪?なんで大阪ですか?

「金八なんぞ作る前に、街2作れよ、タコ!」

―しかし、困った、これでは古い洋館へいけないじゃないか。
起死回生の策があるわけでもない。次に僕がしなきゃいけないのは・・・

A 「受付で発表会の場所を聞き、大阪へ向かう!」

B 「困った時の七曜会!こうなったら某女子高の前で<水曜日>をナンパだ!」

C 「素直に白馬村へ戻り、従順に話の本筋へ戻る!」

D 「中村が駄目なら、すぎやまだ!
  すぎやまこういちにDQ2最強の復活呪文を聞きに逝く!」

次の香具師、さっさと選べゴルァ
 (( ∩ ))
  γ'⌒ヽ∧ ∧
 し'ゝつ( ゚Д゚)つ

545 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/30 23:39 ID:aUAKUTvC
Bっきゃない

546 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/01 02:12 ID:IVgtUaoj
僕は受付に罵りの言葉を浴びせると、
股間に接続された超人(変態)センサーで、
<水曜日>のいる高校の前で待ち伏せした。

だが、待てども待てども女子高生一人来やしない。
それも当然、もう夜じゃないか。
こんなことなら、素直に歌舞伎町へでも逝くべきだった。
いや、今からでも遅くは無い。愛と冒険の世界へ旅立つ準備を・・・。

―そこへ一人の人間が現れた。それは

A いい加減、勝手な行動に呆れ、
  ぶちきれてストックを持った奈美(真理)だった

B 白いスーツに身を包み、さっそうと篠田を誘う。
  でもそんなに美人か?怪しげな笑みを浮かべる七曜会の長、<日曜日>だった。

C 大阪から中村●一をエスコートしてやってきた
  大阪道頓堀の企業人、香川夫妻だった。

D あからさまに怪しい僕を尋問しに来たオタク刑事
  雨宮桂馬だった。

次の香具師、さっさと選べゴルァ
 (( ∩ ))
  γ'⌒ヽ∧ ∧
 し'ゝつ( ゚Д゚)つ

547 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/01 08:46 ID:JzQLLkwi
A

548 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/01 12:28 ID:3PWOeKrN
つまらねぇから終わりw

549 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/01 15:48 ID:5jk/nojf
>>525
1の体験版と製品版(PC用)あるよ。
画質がいい。
ttp://www.kama-f.jp/

550 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/01 16:27 ID:3rPVTzpF
>>549
懐かしい……。

551 :525:04/05/01 16:54 ID:l6IeuCxX
>>549

おぉ!ありがとうございます!
早速やらせてもらいまつ( ´∀` )

552 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/02 02:07 ID:6sqDl7t9
       _,,,..   -   .,,_
           ,,.. - "´          、`  、
          /               )、、 \
        /                ノ ヽ   ヽ、
        /                ル'   ヾ   ヽ
       /                /      ゙i,   ゙i
       j              ,ィ/      ゙i,  |
      lィ'             ,ィ/j/          |  iリ
       |        /l /          '"` |  |l
       リ!     ./,ノ           _,、=''''`ヘ ,リ
        ゙!     l/   ,:-ー=‐-ミ、,,_,.ノ /(∩ -)‐V´
       ヽ,/`ヽヽ .ト、   (,∩ ‐)- 、,.-トi´    ,ノ
       , ヘ  ゙iヽl `ヽ,r'´      ノ ヾー--‐''゙|
      ,,.く  ゙i   ゙i    ヽ、 __,,、-'"    〉    i
   ハ'´  ゙!   ゙i  ,!           ´ ´     i.......,,,,,,,,____/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ゙、゙i,__r'゙゙>ー┬-!       _______ ,   ,!;\;;;;;;;;;;;;;;;;|  はい、とおるですが?
      ,゙V" ゙ヽ;;;!::::::ヽ      `ー─''''"´   /;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;<あ、真理?
   ,.、;;'";;;;ヽ. - ''^゙~ ゙ヽ\     ,,.、-─‐- .,〈;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;\__________________
,.、;;;'";;;;;;;/;;r'´  -‐‐'''"´~ヽ\   (.r‐'''""゙"''''y.);;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;|     _,,..、-‐^ヾ\ _,,,,ヽ    ,/'゙!;;;;;;;;;;;;∠、;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;j;;;;|           ,⊥,     ゙i    :レ' ゙!;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;:;|        -‐''"´  ゙)ゝ、、 !   !.  !;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


553 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/02 15:27 ID:svvQDRur
1スレ目読み終えて他のかまいたちスレないかなーとか思って見てたら、
まだやってたんか!?
すげーって。悪い意味では無く。

554 : ◆8IGaGz9WxE :04/05/02 17:49 ID:hww7RpyR
田中さんが死んでいる・・・
僕は
A:皆に伝えようと思った
B:笑った
C:小林さんを殴り倒した

555 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/03 06:32 ID:TIPPyQD7
C

556 : ◆8IGaGz9WxE :04/05/03 22:40 ID:JZ3TCkb2
僕は小林さんを殴り倒した。
「キャー!」
奥から誰か女の悲鳴が聞こえる。小林さんは頭から血を流し動かない。
「・・・死んだか?」
俺は異常とも言える発言をした
真理がヒステリックに言った
「透・・・何やってるの!?」
A:「透?違う、俺は西園浩だ」
B:「僕が一瞬のプロファイリングで小林さんが犯人だと割り出したんだ」
C:とにかく走り出した
D:真理を殴り倒した

557 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/04 00:57 ID:5adAJ9De
Bだとどうなる?

558 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/04 11:13 ID:/Jj/WdH8
Dも面白そう

559 : ◆8IGaGz9WxE :04/05/04 22:38 ID:8aNxMzT/
「僕が一瞬のプロファイリングで小林さんが犯人だと割り出したんだ。
まず田中さんは予め夕食に混ぜてあった睡眠薬で眠らされた。」
「でも料理を作っているのは叔母さんのはずよ?」
「オーナーなら混ぜるのなんて簡単だ。」
「でも叔父さんにあの田中って人を殺す動機なんて・・・」
「ないといえるのかい?」
「それは・・・」
真理が口ごもる
「僕は聞いたんだ。皆が上に言ってから田中さんと小林さんが下で話しているのを。それは」
A:「3年前の強盗事件を覚えているかい?」
B:「実はおばさんを二人で取り合って・・」
C:本当は当てずっぽうなので、勘弁する
D:真理を殴り倒す

560 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/04 23:26 ID:pdZhUL8I
ここはAだろ

561 : ◆8IGaGz9WxE :04/05/05 10:45 ID:5DmVK2PY
「3年前の強盗事件を覚えているかい?」
「ええ・・確か2人組みの男が銀行から6000万を奪って逃げたんでしょ?」
「ああ、そうだ。あの時の2人が――」
言いかけたその時真理が割り込んできた
「まさか叔父さんとその田中って人がやったっていうんじゃないでしょうね?!」
ああ、そうか。小林さんは真理の叔父さんだから信じたくないんだ。
だからさっきから反論ばかり・・。
何で今頃気づいたんだろう・・。
その時だった。
僕は1瞬の出来事で何があったか理解した頃には既に小林さんの腕が僕の喉に巻きつけられていた。

562 : ◆8IGaGz9WxE :04/05/05 10:49 ID:5DmVK2PY
「何故解った・・・?」
「こ、小林さん・・・」
その声は倒したこともあってかカスカスだった。
「まさか・・・本当に叔父さんが??!!」
真理の声がヒステリックに裏返る。信じられない、という感じだ。
冷静に判断するしかない、そう思い今は無抵抗のままでいた。
だが小林さんの腕は徐々に締め付けている。このまま行けば本当に殺されてしまう。
僕は
A:小林さんの腕に噛み付いた
B:小林さんの金的をかかとで蹴り上げた
C:叫んだ
D:無抵抗のままでいた

563 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/05 13:52 ID:i9cMj+iI
煽るつもりはないですが、所々文章おかしいですね。

564 : ◆8IGaGz9WxE :04/05/05 14:25 ID:5DmVK2PY
すいません、文章書き初心者なもんで・・・

565 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/05 15:29 ID:UXHle6Lt
……そろそろAAはらないか?

AA長編板の意味が……

566 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/05 17:37 ID:S5VwZGZT
とりあえずBを。




でもCはAA入れやすそう。

567 : ◆8IGaGz9WxE :04/05/05 20:39 ID:5DmVK2PY
僕は小林さんの金的を蹴り上げた
                   /\        /\
                   /:::::::ヽ____/::::::::ヽ、
                  丿 ::.__  .:::::::::::::  __  ::::ヽ_
                 / /。 ヽ_ヽv /: /。ヽ  ::::::ヽ
 -┼-   丿~~~|     / / ̄ ̄√___丶  ̄ ̄\  ::::|            ■ ■
 -┼-   /~~~~/ ━━━ | .:::::::::: / / tーーー|ヽ     ..::::: ::|━━━━━━  ▼ ▼
  .|       丿      | .:::::.  ..: |    |ヽ        ::|            ● ●
                | :::    | |⊂ニヽ| |      :::::| \
              / /| :    | |  |:::T::::| !      .::| \ \\
             / / \:    ト--^^^^^┤      丿 \\\ \\\
何がきたかわからないが、小林さんはそう叫んだ。
いまだ!そう思い走り去ろうとしたが、今逃げてどうなる?
他の人が人質になっては意味がない
僕は
A:小林さんのみぞおちを力いっぱい殴った
B:小林さんに叫んだ
C:逃げた

568 : ◆8IGaGz9WxE :04/05/05 20:45 ID:5DmVK2PY
僕は小林さんの金的を蹴り上げた
                   /\        /\
                   /:::::::ヽ____/::::::::ヽ、
                  丿 ::.__  .:::::::::::::  __  ::::ヽ_
                 / /。 ヽ_ヽv /: /。ヽ  ::::::ヽ
 -┼-   丿~~~|     / / ̄ ̄√___丶  ̄ ̄\  ::::|            ■ ■
 -┼-   /~~~~/ ━━━ | .:::::::::: / / tーーー|ヽ     ..::::: ::|━━━━━━  ▼ ▼
  .|       丿      | .:::::.  ..: |    |ヽ        ::|            ● ●
                | :::    | |⊂ニヽ| |      :::::| \
              / /| :    | |  |:::T::::| !      .::| \ \\
             / / \:    ト--^^^^^┤      丿 \\\ \\\
何がきたかわからないが、小林さんはそう叫んだ。
いまだ!そう思い逃げ出そうとした刹那、僕は思った
(今逃げ出したらどうなる?他の人が人質になっては意味がない)
そう思い
A:僕は小林さんのみぞおちを力いっぱい殴った
B:叫んだ
C:逃げた
D:秘孔を付いた

569 : ◆8IGaGz9WxE :04/05/05 20:46 ID:5DmVK2PY
すいません、>>567 は無しで

570 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/06 01:37 ID:VLFWPHk8
D

571 : ◆8IGaGz9WxE :04/05/06 16:51 ID:4spSfIYA
僕は小林さんの秘孔を付いた。
「・・・なにをした?・・・・どでれべいぶじゃば!!」
小林さんの顔はへこんだ後破裂した。    終

572 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/06 17:31 ID:6FTz9WDR
ダメだコリャ。次行ってみよー。

573 : ◆8IGaGz9WxE :04/05/06 19:07 ID:4spSfIYA
僕は小林さんの秘孔を付いた。
「・・・なにをした?・・・・どでれべいぶじゃば!!」
小林さんの顔はへこんだ後破裂した。    終

574 : ◆8IGaGz9WxE :04/05/06 19:09 ID:4spSfIYA
Back
何がきたかわからないが、小林さんはそう叫んだ。
いまだ!そう思い逃げ出そうとした刹那、僕は思った
(今逃げ出したらどうなる?他の人が人質になっては意味がない)
そう思い
A:僕は小林さんのみぞおちを力いっぱい殴った
B:叫んだ
C:逃げた
D:秘孔を付いた


575 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/07 17:48 ID:iHZGnxEx
b

576 : ◆8IGaGz9WxE :04/05/07 19:47 ID:luwf3bjc
「うがぁーーー!!!」
僕は叫んだ。
ビクッ 小林さんが一瞬動揺したのを、僕は見逃さなかった。
「今だ!」という僕の声を合図に(僕を含む)みんなで小林さんに覆いかぶさるように飛び込んだ。
続き誰かお願いします・・・

577 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/07 20:31 ID:1fiQ5aA1
小林「わっ!なにを…」
ぼくはあわてているのを見逃さなかった。そして…
A 爆裂拳で小林さんを殴り殺した
B 真理に突進した
C ダイナマイトをペンションに設置した
D 糸冬せた
(・∀・)ダレカエランデクダサイ!

578 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/07 20:35 ID:lTmPruba
ytest

579 : ◆8IGaGz9WxE :04/05/07 20:57 ID:luwf3bjc
ここは普通にA

580 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/08 23:01 ID:pVekYbGc
爆裂拳で小林さんを殴り殺した。
「だぐはっ」
小林さんは気絶した。
僕達は小林さんをロープで縛り、地下室に閉じ込めておいた。
・・・これで全てが終わったはずだった・・・。
「あれ、美樹本さんは?」
みどりさんの何気ない質問が、新しい事件への幕開けだったと言えるかもしれない。
「そういえば・・・香山さんもいない」
僕達はまず美樹本さんの部屋へ行った。
「美樹本さん?いますか?」
・・・。
「あれ、返事がない。寝ちゃったのかな?」
その刹那、美樹本さんの悲痛な叫び声がペンション全体に広がった。


581 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/08 23:05 ID:pVekYbGc
「美樹本さん!!」
俊夫さんが先頭に立ち、美樹本さんの部屋に飛び込んだ。
・・・!
死んでいる・・・。
その姿はとても悲惨だった。
切られた喉から血がまだどくどくと流れ落ち、床に広がっていく。
切られているのは喉だけではない。
腕、脚、胴も切られているらしく、体全体が血まみれだ。
「きゃー!!!」
後ろからみどりさんの悲鳴が聞こえた。
「うっ・・・」
俊夫さんが口を押さえている。

582 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/08 23:12 ID:pVekYbGc
正常な思考が出来るようになった僕の口からある言葉が零れ落ちた。
「香山さん・・・」
その言葉に反応したように俊夫さんが口を開けた。
「そうだ、香山さんだよ!あいつが美樹本さんを殺ったんだ!」
今の状況から考えられることは、それしかない。
「・・・香山さんの奥さんは?」
「ああ、あの人なら疲れているから、部屋で寝るって・・・。!!
奥さんが危ない!!」

583 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/08 23:19 ID:pVekYbGc
ばたん!
「奥さん!!」
またもや俊夫さんが先頭に立ち、香山さんたちの部屋の扉を開けた。
「・・・誰も・・いない?」
背中にゾクッとしたものが走った。
(殺される・・・!)
そう思った次の瞬間真理が叫んだ。
   ____________
 /                   \
|  逃げたい逃げたい逃げたい   |
 \    早くゥ逃げたいっ!!    /
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ビクッ ∧ ∧ ∧ ∧
          Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
             ./ つ つ
            〜(_⌒ヽ
               )ノ `J


584 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/08 23:20 ID:pVekYbGc
次にみどりさんも叫んだ
   ____________
 /                   \
|  殺される・・・逃げなきゃ   |
 \    逃げなきゃ殺される!   /
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ビクッ ∧ ∧ ∧ ∧
          Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
             ./ つ つ
            〜(_⌒ヽ
               )ノ `J


585 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/08 23:22 ID:pVekYbGc
誰もがそう思うことだろう。
こんな状況、耐えられない。
人殺しがこのペンションにまだいるのだ。
(次お願い)

586 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/09 20:23 ID:kiWR+pYE
とりあえず逃げるか香山さんを探すか考えることにした。
A 真理に抱きつく
B 香山のヤローをぶちのめしに逝く
C 激しく逃げる
D gyんぃjぐっれwをする
(・∀・)エランデクレ!タノム!オネガイダ!

587 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/09 20:25 ID:OBt9/O4f
Dで


588 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/09 20:28 ID:HdcNbG60
Dの選択は丁重にお断りされました

589 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/10 15:07 ID:Ji1kIFcU
進めちゃいます。
香山のヤローをぶちのめしに逝く。
「香山どこだゴルァ!」
と、その時香山さんをハケーン
「やばい!見つかっちまった!」
香山は逃げようとしている!
どうする?
A 追尾型核ミサイルを発射
B あきらめる
C 真理に(ry
D みんなを縛って逃げる
(・∀・)進めちゃいますた…トリアエズエランデクレ!

590 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/11 04:18 ID:QU9lNuPx
C

591 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/13 17:05 ID:LJ17OBzM
僕は真理に抱きついた。






                                              糸冬

592 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/15 08:30 ID:pyaZ6bVx
>>1
KAG版はもうupされないのですか…?

593 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/17 19:29 ID:/3mDb3A7
かまいたちの夜3発売age

594 :3は学割野朗 ◆BJ3GET/Ezc :04/05/19 01:44 ID:O1cM9Pbx
maji???????/

595 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/22 09:50 ID:Rv0zXUBB
よく覚えたボーゲンでなんとか麓レストハウスまで
辿り着き、僕は一息付いていた。
真理はそんな僕の目の前で、雪をけたてて
鮮やかに止まった。

ゴーグルが粉雪にまみれになって、何も見えない。




,´~^゙'i
    '`';;,’ `' '.;''';;
           ` '‐- .、.._.
   ` '‐- .、.._.    l||ll||ll||l  l||ll||ll||l
           l||ll||ll||l l||ll||ll||ll| |ll||ll||l
   l||ll||ll||l l||ll||ll||l     __,,,,、、--''''^^
 l||l||l l||ll||l_l||l,,,,、、--''''^^
__,,,,、、--''''^^
        O     O
       /∧\  /∧\



「あはっ、透ったら、雪だるまみたい」
僕はゴーグルを外しながら体に付いた雪を払い落とした。


,´~^゙'i
    '`';;,’ `' '.;''';;
           ` '‐- .、.._.
   ` '‐- .、.._.    l||ll||ll||l  l||ll||ll||l
           l||ll||ll||l l||ll||ll||ll| |ll||ll||l
   l||ll||ll||l l||ll||ll||l     __,,,,、、--''''^^
 l||l||l l||ll||l_l||l,,,,、、--''''^^
__,,,,、、--''''^^
        O     O
       /∧\  /∧\


A「どうせ僕はすべるより転がる方が似合ってますよ」

B「そんなに太ったかな?」

C「真理は人を小馬鹿にして楽しい?嫌味なヤツだゴルァ!!」

D「ぬるぽ」

596 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/23 07:25 ID:xn0xMxlO
ちょっとストーリーを進めたいから A

597 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/23 20:07 ID:AOaPrWNv
「どうせ僕はすべるより転がる方が似合ってますよ」

「そうね」















                                             糸冬

598 ::04/05/23 22:15 ID:z3yoLFRM
叩きつけられるような猛吹雪の中、僕は周りを見渡した。
3メートル先は真っ白に覆われて何も見えない。
「真理ーーーー!!」
僕は力の限り叫んだ。
しかし吹き荒れる風の轟音は、僕の叫びを無駄にする。
もう一度辺りを見渡したが、何の変化もなかった。

A.思えば半年前……。
B.「真理ーーー!!」
  僕はもう一度叫んだ。
C.こういう時こそンガバラ族の教えだ!

599 :NO-NAME:04/05/24 18:52 ID:7u+cGbk3


600 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/24 22:30 ID:R3AlsI0i
ゴールデンレス】
このレスを見た人はコピペでもいいので
10分以内に3つのスレへ貼り付けてください。
そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です。


601 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/26 14:25 ID:aCHDWe3q
age

602 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/26 16:26 ID:kDSCUH+i
Cだな

603 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/05/26 20:33 ID:CuIz5Cuz
Bです。
「真理ーーーー!!」
僕は叫んだ。


604 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/06/01 16:44 ID:h3G3YqMZ
やったーーーーー!
真理ーーーー!!ゴールデンレス見たよーーー!!

605 ::04/06/01 22:25 ID:ZEMSOZyp
A.思えば半年前・・・・・・。
僕は彼女と出会う前に一度、この雪山に来たことがあった。
僕一人ではなく、その時付き合っていた女の子と。
真理が初恋の相手ではなかったのだ。
でもその女の子はこの雪山で遭難して死んでしまった。
僕がついていながら、彼女を死なせてしまった。
僕はもう二度とあんなことを体験しなたくないという気持ちになり、
もう一度真理の名前を呼んだ。
その時、どこからか声のようなものが聞こえたような気がした。
A.真理だ!
B.小林さんだ!
C.雪絵……?

606 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん :04/06/02 03:33 ID:ieiFWcRY
cで


607 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/06/04 19:55 ID:E5+EMgfn
C.雪絵……?

いや、そんなはずはない。
雪絵はもうこの世にはいないんだ。
雪絵はもう・・・雪絵は・・・

その時僕はふと我に返った。

半年前といえば夏ではないか。
スキー場があるような高さの場所に雪はないし、
そもそもスキー場や道路があるようなところで
遭難することは考えられない。

となると、雪絵はなぜ・・・。
吹雪で朦朧とする意識の中で僕の頭の中を
ある疑念がじわりじわりと覆いつつあった。

A. 雪絵は誰かに殺された・・・?
B. 僕にいえないことがあって自殺した・・・?
C. あの遺体は別の人のものだった・・・?

608 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/06/04 20:22 ID:qNLiYViZ
A. 雪絵は誰かに殺された・・・?

そうとしか考えられない。雪絵は誰かに殺されたんだ。
雪絵は一体誰に…。

透…… 透… 透…
再び僕を呼ぶ声がした。しかも、今度ははっきりと。
僕は吸い込まれるようにその声の方向へ足を進めた。
僕はその声の主の姿を見て我が目を疑った。

「ゆ、ゆきえ? 本当に雪絵なのか?」
顔は青白く、頬はこけていて以前の面影はない。
だけど、間違いなく雪絵だ。
雪絵は僕方をじっと見ている。
「おい、雪絵!」
雪絵には僕の声は聞こえていないようだ。

       : : 、    ‐、      長い沈黙の後、雪絵はか細い声で話し始めた。
     : ,/         ' 、  
    : ,,l,           ゙ヽ   『透、会いたかったわ。ずっと一人で寂しかった。
   ,,,il  il       ll,,,  l,  何で私、山の中から出られないの…
   ll  ll        ;,li,   |   何で私、透のそばにいられないの…
   .,l! ,llll    llll    lll  |  透だけ、楽しそう。他の女と、楽しそう… 
   .'l lillll゙l!!!llllrl!;;; l!゙!l!ノll;゙゙; `|  
   .l"l l ヾΤア     tΤソ  lイ,! 「ちがうんだ!雪絵!」
   ゙l l             l,il
  .,,lill,;;      ._       /,ill   『透、私のこと嫌いになったの?
  ,ll  l ヽ   _ __ __   /l ll i、   私はいまでもずっと…
 ,ll  ll  ヽ、   ̄   ノl"ll l! l|
 ll  ll 、 ll i-  _ - '"丿/!i、 l! l|  「雪絵、誤解だ!それにおまえはもう…」
 .ll  ll : i″l\__/;;/ :゙ヽ,,l ll|
 、ll  !l"   \    /     ゙゙゙lll だめだ。雪絵には全く僕の声は聞こえていない。


僕は、
A. 雪絵の手を取ろうと雪絵に近づいた
B. 恐くなって逃げ出した
C. 必至で雪絵を説得しようと試みた。

609 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/06/08 05:46 ID:4KkjlANa
cかな

610 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/06/16 17:55 ID:qLwtfisx
進行遅いね

611 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/06/19 03:04 ID:oSk6M4uc
続き気になる

612 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/06/22 20:57 ID:vT0NiCZ2
     ___
     /     \     _______
    /   ∧ ∧ \   /
   |     ・ ・   | < Cでたのむおめーら
   |     )●(  |   \_______
   \     ∀   ノ
     \____/

333 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)